旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夏のバイクは結構不快かも。 



 このところ連日の厳しい暑さに加え、また親戚のゴタゴタに巻き込まれてとってもストレスが溜まっています。高齢になって幼児退行現象が出ているのかどうかわかりませんが、70過ぎている人間にも関わらず、まるで駄々をこねる小学生のような人物が身近におり、家族ともども大迷惑を被っています。あの人物に何十年我が家は迷惑を掛けられてきたことか・・・。

 さて、そんなときにはバイクを飛ばしてスカッとしようと思い、今日、30分ほど走ってきました。しかしながら私のバイクはご存知の通り原付バイク、どんなに頑張っても時速60km以上はでません。向かい風だと時速50kmも怪しいぐらいの素晴らしいバイクです。おまけに今日は35度ほどの猛暑日。走っている時はなんとか耐えられますが、止まると体中から汗が噴き出てきます。夏のバイクは運転自体は面白いものの、結構不快感を伴いますね。思ったよりもスカッとしませんでした。もっとも私のは原動機付自転車ですから、自動二輪車だったらまた違うのかもしれませんね。

 それにしても最近の暑さ、なんとかならないものですかね。まだ6月だというのに連日の猛暑日、夏本番が来たら一体どうなってしまうんでしょう。今年はできる限りエアコンを使わずに過ごそうと思っていましたが、もう既に毎日使っています。“スーパークールビズで厳しい暑さを乗り切ろう”なんて巷では言われていても、現時点で私はTシャツ一枚しか着ていませんのでこれ以上のクールビズだとランニングシャツ一枚(裸の大将みたいですね)、もしくは上半身裸(変質者ですね)となってしまいます。田舎の百姓をしている私も、流石にこれ以上のクールビズはできません。この先どうやって夏の暑さを乗り切ろうか・・・、頭が痛くなってきます。

 ところで、今、ランニングシャツから“裸の大将”という言葉が無意識に出てきましたが、“裸の大将”というのはご存知の通り、山下清画伯の放浪記をモデルとしたテレビドラマです。芦屋雁之助さんがおにぎりを食べるシーンが印象的でした。最近では良く似たお笑い芸人の方がとても上手に“裸の大将”を演じられておられますね。

 私は絵画の世界はよく分かりませんので、山下清画伯がどんな方なのかは存じ上げません。それに、ゴッホやピカソやモネといった方についても、それらの方の絵画の何が素晴らしいのかはまったく分かりません。

 絵画っていったい何なんでしょうね。それこそ山下清やゴッホやピカソやモネといった歴史に名を残す超一流の画伯が書かれた絵画が歴史的な価値を見出されるのは素人でもなんとなく分かります。ピカソの『ゲルニカ』なんて、絵画についてはまったく素人の私でも大枚叩いて欲しいと思っています(もちろん私の大枚では買えません)。

 しかしながら、歴史に名を残す“超一流”の絵画なら確かに価値があるのかもしれませんが、歴史に名を残さない“一流”の絵画は、はっきり言って『粗大ゴミ』です。いや、売れないにも関わらず、莫大な相続税がかかってしまう以上、『粗大ゴミ以下のゴミ』です。

 かつて、日本画壇の最高峰に君臨されておられた奥村土牛先生のご子息が、先生がお亡くなりになられた後、『相続税が払えない』という書籍を上梓されました。歴史に名を残す“超一流”でも残されたご遺族は大変だったみたいですね。

 ちょっと今日はいつもとずれた話になってしまいました。この猛暑の中、バイクで走って体中から汗が噴き出し、帰宅後ヘルメットを脱いだらなんとヘルメットの内装が頭にへばりつき、まるでカツラをかぶる前の歌舞伎役者のようになっていたみたいで、家族から大笑いされました。まあ内装洗濯可能なヘルメットなので特に私は気にしませんが・・・。

 時速60kmしか出ない3.3PSの原付バイクですが、私には欠かせない存在です。この“大人のおもちゃ”に今までどれほど助けられたことか・・・。

 今、原付バイクはほとんど絶版になってしまいました。私のように中年オヤジでも自動二輪の免許を持っていないバイク好きがいますので、何卒魅力的な原付バイクをもっと販売してくれませんかね?クルマの選択肢がなくなった、バイクの選択肢がなくなった、では楽しみが何もないじゃないですか!

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/06/28 21:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)
ここ数日の猛暑は6月としても異常ですよね。今日、私が住んでいる東電管轄も、震災後初めて供給能力の90%越えだそうです。節電対策でエアコンの使用も控えていましたが、さすがにこの気温とこの湿度では、エアコン使わないと生命の危機に瀕するかもということで、今日はエアコンを入れてしまいました・・・

私は2輪といえば「チャリ」派ですが、この気温下でチャリを運転するのは、確かにかなり勇気がいります(笑)
でも、通勤時にチャリ全開で最寄駅までダッシュ→到着した駅ではギャッツビーの「フェイスペーパー」をゴシゴシ・・・最近こんなパターンが定着しつつです!?

うちも最近、両親の「熟年離婚」でバタバタさせられました。兄弟含めた「親族会議」で、今所有のラフェスタを片道35kmの道のりを往復させられましたっけ(泣)
[ 2011/06/29 19:44 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
どこでもいろいろとあるんですね。昨日、酔った勢いで下らない記事を書いて、ちょっとストレス解消になりました。バイクで走ってもストレス解消になりませんでしたから・・・。
“一流”芸術家の遺族って、結構大変ですよ。売れもしないのに評価だけ高い作品を山のように抱え、捨てるに捨てられないからその保管場所を作ったり・・・。
また現実をまったく分かっていない連中が血眼になって“架空の高額美術品”をめぐって見苦しい争いを始めたり・・・、私は人がいいから彼らにそれらの美術作品についての本来の価値を伝えることができないから、結構苦労しているんですけどね。

最近頭に血が上っていますから、節電時代ではありますが、節度を守ったうえで、エアコンを例年通り使おうと思っています。室温38度って、やっぱりちょっとおかしいですよね!
[ 2011/06/29 21:40 ] [ 編集 ]
書き込みしないうちに次のダイナに行ってしまい、後悔です。
さて、私もバイクを2台所有しておりますが、バイクって本当に趣味の世界ですね。251CC以上は車検もあるのに、乗車定員は2名、荷物も多く運べない、夏は暑い、冬は雪で乗れない、春は花粉症、年に快適に乗れるのは数日。更に大型バイクは軽自動車以上の価格・・・。すみません愚痴になってしまいました。それなら乗るなと言われそうですので、この位でやめておきます。
まあ、250以下の車両は実用的で、私はもっぱらガソリンの価格高騰対策として使用しています。
[ 2011/07/01 12:56 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
愚痴といえば、今回の私の記事はまったく個人的な愚痴の内容ですので、こんな記事を書いてしまったことを皆様に詫びなくてはなりません。でも書いたことでちょっとすっきりしました。ご勘弁願います。
バイクって、楽しいですよね。全然走らない原付でもトコトコと走っているととても気持ちがいいです。実は以前、同じ原付でももっとパワーのあるヤマハのDT50というのに乗っていたのですが、スピードが出すぎたために、あまり走らない今のXR50モタードに買い替えました。
DT50だと普通に時速100kmぐらい出てしまいます。原付の制限速度は時速30km、70kmオーバーだと一発免停になってしまうんですよね。私、自制心があまりないほうですから・・・。
いつの日か、自動二輪の免許を取って、“自動二輪車”に乗りたいと思っています。(そんな願望を抱きつつ、すでに30年近く経ってしまいました)
[ 2011/07/01 20:48 ] [ 編集 ]
毎度どうも。毎日暑い日が続いていますね。
私実は40歳の記念?に中型を取りました。
理由は風景の良い地に赴任となったこと&会社同僚の強い
勧めによるものです。(周りは勿論反対でした・・・)
失うモノ(毛根等)もありましたが得るモノが多かったと
思います。
さて昔の原付200ccがありましたので案内致します。
側車がイカしてます!
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/35/0000727635/12/img4e2103ffzik7zj.jpeg?t=20110702003905
[ 2011/07/02 00:58 ] [ 編集 ]
echo様

コメント、ありがとうございます。
ラビットのサイドカーは初めて見ました。飛行機を造っていたスバルだけあって、まるで戦闘機のようなサイドカーですね。
二輪車で走る気持ちよさは四輪とはまったく違うものがありますので、たとえ原付であってももう手放すことはできません。400ぐらいの単車になれば、原付ともまったく異なる爽快感があるんでしょうね。
[ 2011/07/02 13:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。