旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・ビスタ(V20/21型) 

110622a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110622a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110622a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110622a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110622a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110622a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1986年にトヨタから発売された2代目ビスタ(V20/21型)です。姉妹車のカムリが登場時にはセダンのみだったのに対して、こちらはハードトップとセダンの二本立てでスタートし、ハードトップをメインとすることでカムリとの差別化を図っていました。とはいえ後にカムリにもハードトップが追加され、結局“どっちでも同じ”というトヨタ得意の典型的な姉妹車となってしまいましたね。

 さて、姉妹車云々は置いておき、このビスタ、特にハードトップタイプはなかなかカッコいいですね。当時はカムリともどもマーク2三兄弟の影に隠れて少々存在感が薄かったのですが、改めてカタログを見てみるとマーク2のようにもカリーナEDのようにも見えてそのどちらでもなく、おまけに“2000GT”なるグレードまでありますね。“さわやかな走りを演出する、おとなのグラン・ツーリスモ。”このカタログは25年前のものですが、当時よりも今のほうがこのビスタが“おとなのグラン・ツーリスモ”に見えてしまうのは気のせいですかね?

 ところでこのビスタ、古いといってもまだ25年しか経っていませんから特別旧車というわけではありません。しかし諸元表を見ると、ATのないグレードはありますが、MTのないグレードはありません。ミドルクラスのセダンで全グレードにMTが設定されているのって、現在の感覚ではとても新鮮ですね。

 またしつこくMTネタになってしまって恐縮ですが、最近新型車を見に行ってもあまりムラムラッと来ないのは(あくまでも私個人の話です)、MTがないからです。
 AT限定免許ができたのが1991年、しかし現在でも7割程の方はMTで免許を取得していると聞きます。にもかかわらずここ10年でMTグレードは激減どころか消滅しつつあります。なんとかならないものですかね?
 走りを極めたいからMTを選択、という人ばかりではなく、ATのクルマだと居眠りしてしまうからMTを選択、という人間も少なからず存在します(私を含めて、特に中年以上に多い)。
 メーカーもそういう人間のために居眠り状態を察知したら警報を出すような機能を開発してくれているようですが、そんな警報装置よりもMTグレードを用意してほしいものです。

 現在辛うじて用意されているMT車は超高性能スポーツカーかコンパクトカーのどちらかです。普通の中年オヤジが選ぶ普通のクルマ、そう、ちょうどこのビスタのようなクラスからはMT車がなくなってしまいました。寂しいものですね。

ビスタ・ハードトップ・2000GT(SV21型)
全長×全幅×全高 : 4520×1690×1370mm
ホイールベース : 2600mm
車両重量 : 1210kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/06/22 16:01 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(14)
現在、手ごろな値段のMT車の新車がないために、MT車の中古車価格はとんでも無い値段になってますね。

一つ前のロードスター(NB)は、8~9年落ちでもMTならば120万円くらいします。しかし、ATなら60~70万円です。ディーラー系中古車センターもそこで儲けてるんですね。
[ 2011/06/22 21:24 ] [ 編集 ]
私も、免許取得以来MT車一筋です。

新型の車が発表されるたびに真っ先にチェックするのは「MTがあるか否か」という事ですね。

どんなにスタイルが良くて、高性能でもAT(2ペダルMT含む)しかないとわかると、途端に魅力が無くなってしまいます。

父親もMT派で、子供の頃から我が家にはAT車に乗る文化がありませんでした。

我が家にある3台の車も全てMT車です。

MTを選択する理由って色々ありますね。
よく「MTの方が面白いもんね~」なんて、言われますが、それもちょっと違うような気がします。(今乗ってる車がエクストレイルという事もありますが。)

姉の旦那さんが結婚当時に二代目カリーナEDのMT車に乗っていたのですが、この理由は「同じグレード(2.0X)ならMT車の方が安いから」との事でした。
[ 2011/06/22 23:25 ] [ 編集 ]
CVT様

コメント、ありがとうございます。
CR-ZのMT比率は約4割とのことなので、決してMTが売れないというわけではないと思うのですが、なかなか販売してくれませんね。インサイトやフィットハイブリットにもMTグレードを設定すればもっと売れるような気がしますが、MT=スポーツというイメージを作りたいんでしょうかね?
ロードスターも完全にスポーツカーですものね。
[ 2011/06/23 10:08 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、以前はMTは10万円安い(ATは10万円高い)というのが相場でしたね。ところが不思議なことに今はMTが設定されているグレードでも安くないケースが多いんですよね。
「ATしかないとわかると、途端に魅力がなくなってしまいます」、これ、私もまったく同じです。MT派の人間にとってはつまらない時代になってしまいましたね。
[ 2011/06/23 10:28 ] [ 編集 ]
このビスタ、今見てもカッコいいですね!

当時のトレンドは、ホワイトボディ+デジパネ+ワインカラーの内装・・・、今、ちょっとこの「空間」に身を置くのは、さすがにちょっと痛いかもです(笑)当時はトレンド最先端の「マークⅡ」のダウンサイジングというイメージがあったのかもですが、個人的にはどちらかというと、形状違えどスタイリングからして「プチソアラ」というイメージでした・・・

この時代以前は、それこそクラウンやセドグロといったセダンモデルにも普通に「MTグレード」が設定されてましたよね。最近、たまに仕事後飲んで終電無くなったとき、家まで乗ったタクシーがコラムのMTだったりすると、変に後部座席から運転手のシフトさばきに眼がいってしまったりします(笑)
[ 2011/06/23 21:03 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
タクシー用のコンフォートには現在もMTがあるようですね。とはいえ、LPGエンジンですから一般家庭で使用するにはちょっと難がありますね。そもそもあまりカッコよくないですし・・・。
[ 2011/06/24 10:48 ] [ 編集 ]
今でも、時々見かけます。今日も朝にすれ違いました。スタイル的には2代目ソアラの4ドアバージョンみたいですね。私は、初代ソアラの方が好きですが。
私も、オートマと乗り継いできましたが、次はマニュアルもありかな。父はづっとマニュアル一筋でした。
[ 2011/06/24 12:50 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
私もカルロス様のお父上と同様、(マイカーは)マニュアル一筋でした。しかしながら今後はちょっと自信がありません。私好みの車でMTは、現時点でインプレッサしかなくなってしまいました。1車種しかないということは、もう選択“肢”ではありませんね。
今のアクセラが壊れたら、まあ、次は軽トラを買おうと思っています。
[ 2011/06/24 20:12 ] [ 編集 ]
父は、マニュアルを好んでいたと言うよりも、オートマは乗れないと言って、最後の愛車ランサーもマニュアルを選択しました。あの年代の人はずーとマニュアルだったので、逆にオートマを怖いと思う人が多いですね。
父が今生きていたら、どんな車を選択するか聞いてみたいです。軽は乗りたくないと言っていましたし、インプレッサは選ばないでしょう。
[ 2011/06/27 18:16 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
私の父は60代で亡くなってしまいましたが、最後の愛車もその前の愛車も・・・(正確にいうと、母が免許を取ってから)ATでした。おかげでクラウン、セドリックを始めとするATの高級車はずいぶん堪能させていただきました。
今、私がアクセラ(それも最廉価の)にこだわっているのは、私が物心付いたときの父の愛車が“ねずみ色のルーチェ”だったからです。
当時のルーチェSSと今のアクセラとでは位置付けがまったく異なりますが、メーカー同じ、排気量同じ、色同じ・・・、ということでやっと父に少しだけ近づけたのかな?という満足感があります。
(あっ、別にもうちょっと高級なクルマでも買えますよ。でも、マツダの1.5Lのねずみ色が欲しかったんです)
今後、父が進んだようにATの高級車路線へ行くか、MTの貧乏人仕様を続けるのか、じっくり考えていきたいと思っています。
まあ“MTの超高級車路線”という選択肢もありますしね・・・。

クルマにまつわる思い出っていうのは、意外と人々の思い出の中で大きな割合を占めているのかもしれませんね。
[ 2011/06/27 21:27 ] [ 編集 ]
SV22のMTが家に現役で置いてあります。父親が手放さず未だ現役で使用してます。S63.7月の購入から9万キロ走行ですが、内装の劣化はあるものの走行に関する機関は至って問題なしです。この当時の車は鉄鋼から電気系まで頑丈に作られていますね。自分の某輸入車は10年経たずに立往生しましたが・・・
[ 2011/09/09 21:50 ] [ 編集 ]
エトワール様

コメント、ありがとうございます。
お父上のビスタ、羨ましいです。私も今のアクセラに乗れなくなるまで乗ろうと思っていますが、20年以上もつかどうかはちょっと心配です。頑丈でなさそうなプラスチックの部品がかなり多いですから・・・。
[ 2011/09/10 09:48 ] [ 編集 ]
当時SV21のハードトップ VXに乗ってました。
内装が非常に上品で、エアコンやオーディオ類のシルバーのスイッチがカッコ良かった。。。
スタイルも伸びやかなシルエットで、当時の4ドアで一番良かったと思います。
グレードVXの中古車の購入でしたが、カタログのGTのカラーリングにリアスポも付いてて、一目惚れでした。
また燃費もとても良かったと記憶してます。
[ 2015/06/14 20:58 ] [ 編集 ]
runberd様

コメント、ありがとうございます。
この時期のトヨタのアッパーミドルは豪華で上品で、カッコよかったですよね。たまに度が過ぎて下品さを感じてしまうものもありましたが、総じて、おそらく一番輝いていた時代だと思います。
当時のこのクラスのクルマって、きっと現在ではノア等のミニバンタイプになっているんでしょうね。
[ 2015/06/15 16:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。