旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・三菱・ミラージュアスティ(CJ1A/2A/4A型) 

110607a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110607a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110607a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110607a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110607a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110607a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1995年に三菱から発売された5代目ミラージュの2ドアクーペモデル、ミラージュ・アスティ(CJ1A/2A/4A型)です。このクルマ、昔しばらくの期間、愛車として乗っていました。モータースポーツでも活躍していたハイパワーモデルもありましたが、もちろん私が乗っていたのは廉価グレードの1.3リッターモデル、アスティVというクルマです。

 さて、このミラージュアスティ、当時、転勤でとある地方都市勤務となり、普段の足&片道350km程の帰省の足として手頃なクルマを検討していました。長距離走行が主目的だったので軽は却下、基本的に自分ひとりが乗るだけなので、大きなクルマや高価なクルマも除外。そんな時に、『カープラザ20周年記念特別限定車、アスティ1.3V、オーディオを特別装備して99.8万円』という新聞広告を発見。特別価格からさらに強引に値引きをさせ、諸経費込みで100万ぐらいで購入しました。実はこの時点では試乗どころか実車も見ていませんでした。

 納車された実車をじっくり見てみると、スポーティなクーペスタイルとは裏腹にタコメーターはなく、タイヤはライトバン御用達の155SR13という、なかなかしびれるクルマです。1.3リッターのSOHCエンジンは“88PS”という“ハイパワー”を発揮することはカタログで確認していましたので過度な期待はしていませんでしたが、往復700kmの帰省の足として本当に使えるだろうかと少々不安になった記憶があります。

 納車時の第一印象はあまりパッとしませんでしたが、しばらく乗ってみると予想に反してなかなか面白いクルマだったのでひとまず安心。そして何度か帰省を繰り返すうちに、このクルマのいちばんの魅力を発見することができました。
 このクルマ、燃費が異常に良かったです。カタログ燃費は19.2km/Lでしたが、20km/L超えることはざらで、街中メインでも15km/Lを下回ることはまずありませんでした。もっとも良かったときは、27km/Lということもありました。現在のプリウスやインサイト並ですね。

 アスティVの燃費の良さを体験していたので、最近の燃費性能を前面に出したエコカーのPRも個人的には少々物足りなく感じてしまい、例のエコカー補助金の時には大いに疑問を感じていました。私が乗っていたミラージュアスティも“13年以上経過した車”にあたりましたからね。

 燃費の良さ以外にもこのクルマ、楽しい思い出がいっぱいです。非力なエンジンゆえ、高速の長い上り坂等では徐々にスピードが落ちてきます。そんな時、ギアを一段落とす前にエアコンのスイッチを切ると、背中をグッと押されるような加速をします。パワーの絶対量が少ないからエアコンに使われる出力の比率が高いんでしょうね。
 タコメーターが付いていないから自然と“耳タコ”の感覚も研ぎ澄まされていきます。エンジン音と、加速の伸び、頭打ちの様子から“エンジンのいちばんおいしいところ”というのがとてもよく分かりました。
 
 1トンを切る軽量で小柄な車体、スポーティなクーペスタイル、驚異的な燃費性能、フル装備で100万円以下という低価格、マイナー車ではありましたが、たまに街で見かけるともう一度運転したくなってしまいます。

ミラージュ・アスティV(CJ1A型)
全長×全幅×全高 : 4230×1690×1365mm
ホイールベース : 2415mm
車両重量 : 950kg
エンジン : 直4SOHC 1298cc 88PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

110607a07.jpg
(まだどこかで元気に走っているのだろうか?)

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/06/07 13:19 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(10)
確かに最近、アスティの実車はなかなか見ないですね。かつて見た記憶(何年前?)では、リアにはランエボもどきの、例の物干し竿タイプの「下品な」ウィングが付いたヤツを見たのが最後かと(笑)

この当時、仕事で営業車「リベロカーゴ」をよく操っていました。恐らく1.3、ベースが同じだと思いますが、それ以来三菱車は後にも先にも最近乗ってないな・・・でも営業車とはいえキビキビ動くイメージがありましたっけ。しかも、客先までガンガン飛ばしてもFUELがビクとも動かず、ちょっと驚きでした?!
[ 2011/06/07 22:03 ] [ 編集 ]
お父さん様

ランエボの下品な羽根が付いたアスティは、『アスティ・バージョンR』として発売された特別モデルだと思います。私は実車を一度も見たことがありません。

当時、私は営業車としてリベロカーゴのセダンである先代ランサーに乗っていました。1.5でしたが良く走るし車体もしっかりしていたし、とてもいいクルマだと思っていました。ですのでその新型にあたるアスティについては、車体の信頼性はまったく心配していなかったのですが、1.3の燃費の良さは予想外で嬉しかったです。
[ 2011/06/08 08:53 ] [ 編集 ]
たった今、職場の駐車場に止まっているのを発見しました。
色は、バイオレットとでもいうのでしょうか。大切に乗られているみたいです。5速マニュアルで燃費が良さそうです。でも、13年以上経っているから重加算税なんですよね・・・。矛盾を感じます。
[ 2011/06/09 16:42 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
マイナー車の廉価グレード、決して自動車雑誌で取り上げられることはない存在のクルマでしたが、この手のクルマの“エコカー度”は現在の“エコカーともてはやされているクルマ”の比ではありません。
ミラージュに限らず、当時のカローラやサニー等の廉価~一般グレードのMT車については、どれもが驚異的な燃費性能でした。
それらのクルマには触れられることなく、現在の新技術を用いた“エコカー”が現在の“善”となっています。なんだかおかしなことですね。
極端な話、燃費性能を突き詰めるのであれば、今の軽(多機能の高価なやつではなく、昔のアルトバンにあたる軽)に1リッターから1.2リッターぐらいのエンジンを載せて軽量なMTトランスミッションを載せれば新技術など用いずともリッター25~30km(カタログ燃費ではなく実燃費)は簡単に実現できると思います。
あくまでも個人的な考えですが、プリウスやインサイトなどの低燃費を売りにしたクルマ、これらは、少なくとも“リッター100kmは普通”というぐらいでないとインパクトはないと思っています。
しかしながら現実は、一昔前の“お買い得廉価グレード”と同等の燃費性能でも大ヒットし、さらに“お買い得廉価グレード”は努めて世の中から消滅させる方向へ進んでいます。
この先、どんな時代になるのかはまったく分かりませんが、少なくとも私自身は“自分のクルマ観”を大切にしていこうと思っています。
[ 2011/06/09 21:07 ] [ 編集 ]
TNP27だぁー!!!わざわざアピールなどしなくてもいいような裏付けで実現できるわけですな。



[ 2011/06/19 23:17 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
今は燃費性能がとても重視されていますので、10・15モードやJC08モードの数値はとても良くなってきています。しかし実際に乗ってみると、それほど燃費が良いわけではありません。なんだかおかしな現象ですね。
高校時代に定期試験はいつも上位だけど実力考査はいつも下位という同級生がいましたが、なんだか彼を思い出してしまいました。まあ定期試験、実力考査ともにいつも下位だった私よりは彼のほうがずっとましですが・・・。
[ 2011/06/20 13:36 ] [ 編集 ]
 現在、「ソアラ」をアップされているときに、このようなコメントで申し訳ありませんが・・・。
 この車のCMで和久井映見さんが、題名のフレーズを言ってみえたと思うのですが。
 そう、私の課の上司がつい最近までこの車に乗っていました。今は、軽のミニバンに乗換えましたが、乗換えた理由は、車も年式が高くなると、あちこちに修理箇所が増えて、個々の修理費は少なくてもトータル的には高額になってしまうとの理由でした。
 ところで、ついこの間2日間ほど、ポンコツの「ミニカ」に乗っていたのですが、この暑さの中エアコンはフル回転で、燃費がすこぶる悪かったので、下り坂でNレンジにし、惰性で走行した後、にWクラッチよろしくエンジンをあおり、回転を合わせてDレンジへ。いささかの変速ショックも無くスムーズに走行してきましたが、これって車にとって良かったんでしょうかね?以前、MTのカローラで同様のことをしたことがありますが・・・。良心的ドライバーの諸兄には当然お勧めできません、特に積雪・凍結路では自殺行為です。
 ちなみにミニカの燃費は、一般道と山岳道で13.5km/Lでした。悪ーッ。
[ 2012/08/27 23:10 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
私がミラージュに乗っていた頃、一度ワイパーが動かなくなったことがありました。ディーラーで見てもらったところ、ワイパーの動作を制御するICが故障したそうで、修理内容は「基盤交換」でした。
ミラージュのような単純なクルマでもあらゆるところにコンピュータが使われており、それらが故障すると「基盤交換」、実質自分で修理することは不可能ですし、その部品の提供が終了したら修理不能です。
ハイブリット車を始めとする現在のクルマは使われているコンピュータがさらに増えていますので、「基盤交換」という修理がもっと多くなるのかもしれませんね。
「ソニータイマー」なるものが存在しないことを祈るばかりですね。
[ 2012/08/28 16:22 ] [ 編集 ]
ですが、今年2013/10月末で買い替えること決断いたしました。
私のは、平成8年式(息子と同い年)17年付き合いました。149000キロでワインレット!今日内外の装備外しがてら、整備と洗車しましたら、いつになく気持ちよーく走ってくれました。
なんか切なくなりますね。機械ものだから仕方がないのかなと諦めるばかり。税金は高くなってもしばらく払ってましたね(^^;
お金をあまりかけないように自分で何でも整備してきましたよ。
乗られている方、もういないですよね。
[ 2013/10/15 01:13 ] [ 編集 ]
sunflower様

コメント、ありがとうございます。
17年とはすごいですね。さすがに最近はあまり見かけなくなりましたね。私が乗っていたのは1.3Lモデルだったのでエンジンルームはスカスカ、でもあの独特の「ヒュンヒュン」というエンジン音が愛嬌あって良かったです。
あのクルマ、小柄な車体の割にはトランクがとても大きく、結構実用性も高かったんですよね。
息子さんが17歳ということは、来年は18で免許が取れるようになります。初心者の練習用には最適なクルマですから、子供が生まれると同時に購入したクルマを子供が免許を取ったときにプレゼントする、というようなクルマの使い方ができるような世の中になるといいですね。
[ 2013/10/15 11:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。