旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・セリカ(ST180型) 

110530a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110530a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110530a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110530a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110530a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110530a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年にトヨタから発売された5代目セリカ(ST180型)です。先代のST165型セリカでは、映画『私をスキーに連れてって』の劇中でステアリング性能が少々物足りず雪の壁に何度も車体をぶつけた挙句、最後はひっくり返ってしまいましたので、その反省からか、この5代目セリカにはトヨタ車初となる4WSが搭載されることとなりました。

 さて、この5代目セリカ、せっかく4WSまで装備して雪道での走行性能を向上させたにも関わらず、これが販売されていた頃には既にスキー場への足はパジェロやハイラックスサーフ等の四駆SUVが主流となっており、『セリカでスキー』というブームは長続きしませんでしたね。まあユーミンの曲をBGMにジャンプしたり、渋滞の度にスピンターンされたりしたら危険ですからあのようなブームは続かないほうがいいですが・・・。

 スキー場では先代ほど活躍しなかった5代目セリカでしたが、現実のラリーでは先代以上に大活躍しましたね。次の代のセリカがWRCではパッとせず、その後は参戦車両がカローラになったため、5代目はWRCでもっとも活躍したセリカとなりました。とはいえ、このセリカ、バブル期で他に派手なクルマがたくさんあった時期だったためか、なんだか影が薄かったですね。

 4代目セリカと5代目セリカ、クルマとしては5代目セリカのほうがずっと素晴らしいと思います。しかしながら人気は4代目セリカのほうが高かったような気がします。大ヒットした映画やTVドラマの劇中で使われたクルマはたいてい人気車種となり、場合によっては社会現象といわれるほどのベストセラーカーになったりします。

 クルマの良さに惹かれて多くの方が購入し、ベストセラーカーとなるのが本来の流れですが、セリカの例のようにイメージ戦略も重要みたいですね。

 ところで、最近は映画やドラマで誰々が乗っていたクルマ、ということで人気車種になったクルマってあまり思い浮かびませんね。GT-Rはミッチーが乗っても乗らなくても人気車種となる運命のクルマですから別として、同じく『相棒』の中で結構活躍していたティアナが販売台数の上位になったという話は聞いたことがありません。ベストセラーカーの顔ぶれはいつも同じような面々で、映画の主人公が乗るようなクルマは皆無です。これも時代の流れなんですかね。

セリカGT-FOUR(ST185H型)
全長×全幅×全高 : 4430×1745×1305mm
ホイールベース : 2525mm
車両重量 : 1460kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 225PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/05/30 16:12 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(11)
私の中ではかつて、セリカは「LB」や「XX」といった、トヨタのスペシャリティスポーツモデルというイメージが強かったです。先代からのラリーの活躍で、それまでのセリカに「骨っぽさ」というイメージが付け加えられたような・・・

ただ、今こうしてこの時代のセリカをあらためて拝見すると、、コンパクトでこんなスタイリッシュなクルマは、今ヒットするジャンルはなくてかなり魅力的!かつてコメントしたかもですが、クルマが「トレンドアイテム」のひとつだった時代だと、あらためて思います(やっぱりIT端末とは違いますよね!!)
[ 2011/05/30 19:49 ] [ 編集 ]
4WSはおろか日産自動車と世界初を競争したアクティブサスペンションが確か設定されていましたね 私はこの型のセリカはエディーマーウィの「スゴスバnewセリカ」のコマーシャルが印象的でした。販売的にはバブル全盛期に発売した車でしたが同じプラットフォームを使うカリーナEDやコロナエクシブの方が圧倒的に売れて特にEDはこの型でブランドを確立した感があり、セリカはこの2車の影でひっそりと販売されていたようでちょっと寂しく感じていました
[ 2011/05/31 06:37 ] [ 編集 ]
今のトヨタ車の純正オーディオの名称「スーパーライブサウンドシステム」もこの型のセリカから設定されていますね 10スピーカーは当時としてはウハウハでしたね!
[ 2011/05/31 06:43 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
スポーツカーがなくなってしまった現在では、FT-86関連のニュースが異常なほど注目を集めていますが、当時はセリカ、スープラ、レビン、トレノ、シルビア等とても賑やかでしたね。FT-86は確かにカッコいいですけど、今改めて当時のセリカを見てみると、20年前のクルマといえどもGT-FOURなんかはFT-86に全然負けていませんよね。
[ 2011/05/31 10:00 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
エディーマーフィーのCMを載せたかったんですけど、ちょうど良いのが見つからなかったのでこれになってしまいました。
私はこの3兄弟の中では先代のコロナクーペが好きだったので、エクシヴもカッコよかったですが、コロナクーペの進化形も見たかったです。
[ 2011/05/31 10:08 ] [ 編集 ]
私の通っていた某自動車短大の実習棟には、各自動車メーカーから教材として寄付された車が沢山ありましたが、このタイプのセリカも何台かありました。

しかし、国内仕様のハッチバックではなく北米仕様のクーペタイプばかりでした。

理由を先生に聞いてみたところ、国内仕様だと贈与税等の絡みで面倒な事になるそうで、国内で型式認定されていない輸出仕様は「自動車」と認定されないので面倒な事にならないのだそうです。

従って、他の教材車も輸出仕様で三菱GTO(輸出名3000GT)のFF車(国内は4WDのみ)なんてのもありました。

私も、三兄弟の中ではコロナクーペが好きでした。
「コロナクーペにGT-FOURがあれば良いのにな~。」なんて、当時思ったものです。

セリカはWRC、コロナはJTCCとモータスポーツでの活躍の場がありましたが、カリーナはその点についてはパッとしませんでしたね。「足のいい奴」なのに・・・。
[ 2011/05/31 21:20 ] [ 編集 ]
コメント頂きありがとうございます。

言われてみればFT-86、FRベースのコンパクトなスポーツ(「スポコン」のくくりでよいのでしょうか??)を、この時代に本当に市販化するのか気になります(余談ですが、うちの息子がグランツーリスモ5でこのアイテムでよくレースしています(笑))

かつてアルテッツァが「ハチロクの再来」とか言われてデビューしたものの、時代の要請でジータなる派生ワゴンモデルが出たり、その後、結局後継はレクサスのISシリーズという形で「プレミアム」的なモデルとして引き継がれたり・・・と、本当に庶民的(?)なFRのコンパクトスポーツなんて、もう作られないのではと最近感じています。

でも、買うかどうかは別にしてもFTが市販化されたら、トヨタの「心意気」は、日産ファンとしても評価せねばです!

折角アップ頂いたセリカから脱線してしまいすみません(謝)
[ 2011/05/31 23:39 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
自動車短大で勉強されておられたなんて羨ましい。教材がセリカやGTO・・・、私にとっては夢のような学校ですね。私はクルマについては中学校の技術の時間にエンジンの仕組みを習っただけですから・・・。
カリーナは昔パリダカ優勝記念のカタログが出たこともありましたが、おっしゃる通りあまりモータースポーツのイメージがないですね。
[ 2011/06/01 10:46 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
FT-86ネタは自動車雑誌でも毎号のように掲載されていますが、過熱しすぎていて既に「プレミアム」的なモデルになっているような気がしています。
「価格は若者でも購入できるように250万円以下を目指す」とのことですが、250万円あればマークXも買えてしまいます。
このご時勢で250万円のスポーツカーを購入できる若者って、いったいどれぐらいいるんでしょうかね。
[ 2011/06/01 11:15 ] [ 編集 ]
セリカと言えばスペシャリティーカー。しかし、金の無い私たち世代は、カローラやサニーで我慢していました(しかも中古)。
わたスキ(こんな風に約されていた気がします)。まさにバブル絶頂期にスキーにはまっていた私にドストライクですね。家から出る時は、まずユーミンの「スキー天国サーフ天国」をかけながら出ました。勿論、映画に出てくるスキーの脱ぎ方や連なって滑るやり方は真似しましたよ。今からか考えると恥ずかしい(汗)
[ 2011/06/01 12:50 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
私はあの映画、セリカのカッコよさや原田知世さんの可憐さもさることながら、皆さんが背負っていたライトが欲しくてたまりませんでした。あれはナイタースキー用の道具なんですかね。もっとも、あれを背負って街中を自転車で走ったら完全に変質者ですね。
[ 2011/06/01 18:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。