旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トヨタ、豊田市、愛知県、日本国・・・報道って?! 

 2月1日付の中日新聞にこんな記事が載っていました。

 豊田の優良農地に倉庫群 国など転用許可

 要約すると、多額の税金で整備した優良農地が大量にトヨタ自動車の倉庫として使われていた。このままでは日本の農業が破壊されてしまう!というようなこと。

 うーん、ちょっと待てよ、この記事が倉庫建築計画が発表された時点や、百歩譲っても建築工事が始まった時点での記事ならわからないこともない。でも何で今なの?

 皆様ご存知の通り、現在トヨタはどん底のピンチとなっています。トヨタのお膝元である豊田市も法人税収が大幅減となりピンチとなっています。(参考記事

 さて冒頭の記事はどう読んでもトヨタ自動車を責めるような内容に読み取れてしまうのですが、私の読解力不足でしょうか?世界一の自動車会社を目指して行け行けどんどんの時には自治体も税収がっぽりでさぞ鼻が高かったことでしょう。元気なナゴヤとして愛・地球博を行い、それこそ日本経済の中心地のような様相でした。トヨタの生産システムである「カンバン方式」も下請け会社の苦労は置いておいて、理想の生産システムともてはやされていました。

 業績が悪くなると途端に「容易に農地転用を認めるべきではない」「このままでは日本の農は破壊される」と報道され、解雇された派遣社員や期間従業員の方々の惨状がクローズアップされ、「トヨタの真実」として下請け会社の苦悩が大々的に報じられるようになりました。

 まるで夫が羽振りいい時に結婚した嫁が、落ち目になった途端に離婚届を突きつけているような感じですね。本当に世知辛い世の中です。

 ところで、税収大幅減を報道する記事の中に豊田市関係者のコメントとして、「トヨタと市は運命共同体でこれまで生きてきた。仮に市の財政が悪くなれば、トヨタは何らかの施策を打ち出し、市民の雇用確保など、手を差し伸べてくれるだろう」とありました。
 この期に及んでもまだ自治体関係者はトヨタ依存体質を改める気がないようです。まったくおめでたい人達ですね。運命共同体という気持ちがあるのなら、トヨタがピンチの時こそ自治体がトヨタに対して手を差し伸べてやらなくてはならないような気がするのですが・・・。このコメントでは市の財政悪化に対してもトヨタが施策を打ち出してやらなくてはならないようです。

 現在トヨタは生き残るためにバッシング覚悟で必死にもがいています。トヨタに限らず他の自動車メーカー、大手電機メーカーも必死です。ゼネコンも住宅メーカーも、中小企業も零細企業も自営業者も必死です。法人税収が9割減ってもボーナスは減らず、リストラもなく、メーカーが市の財政悪化を何とかしてくれるなんて考えているのは自治体関係者だけです。

 ここで提案です。豊田市職員全員(あっ、田原市も)に、役職に関係なくレクサスLSの購入を強制するというのは。キャッシュで払えない職員には公務員の特権であるローンをフル活用して購入していただく。ヴィッツやカローラでは駄目です。あくまでも1000万以上するレクサスLSです。そうすれば内需、それも国内ではなく市内の内需ですから為替変動によるリスクも軽減でき、増産により工場も活気付き、単価の高い車種なのでトヨタにも余裕ができ、豊田市の税収もアップ。そのうえ市内にレクサスLSがあふれているとLSのプレステージ性がなくなってしまうのでトヨタはさらに上の超高級車を開発しなくてはなりません。豊田市内ではレクサスLSが大衆車、カッコつけるためにはさらに上級の3000万クラスのレクサスに乗らなくてはなりません。
 こんな状態になれば元気なナゴヤの復活です。

 冗談はさておき、ますます悪化する経済状況の中ではありますが、落ち目になったからといってバッシングするのではなく、より魅力的なクルマを開発してくれるように応援したいと思う今日この頃です。

 クルマ好きの独り言でした・・・。

人気ブログランキングへ

[ 2009/02/03 12:32 ] その他 | TB(0) | CM(6)
不況下で各社、生き残るために決断しなければならない姿を見ると涙が出てきます。私は兵庫県民なのですが、おめでたい人達には、もっと大阪府の橋下知事みたいにやることやって、吠えて発信して頑張ってほしいですね。その立ち向かう姿は漢です。本気で議論し、今に合ってること、今後求められる事が決まればいいんです。未来はどうなるんだ?社会をまとめる人達が企業に依存してるのは、超サボってますね。タバコ売りがタバコ依存で吸い尽くしてますね。閉店。赤字。まさにマッチ売りの少女。身の振り方間違えてますよね。子供か!飲んだくれの親は我が国かえ?もう考えたくない。未来よ…。以上、28才のボヤキでした。
[ 2009/05/06 18:11 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
橋下知事、本当にがんばっておられますね。橋本知事に限らず、東国原知事、そして最近名古屋市長になられた河村氏など、『おめでたい人』達の考え方を改めるべく奮闘されるであろう首長が次々に誕生していますから、『未来』もそんなに捨てたもんじゃないと思いますよ。
なにより、『未来』を作っていくのは貴兄を始めとした全うな考えを持った若者なのですから。
[ 2009/05/06 21:29 ] [ 編集 ]
ありがたいコメントを頂き、ありがとうございました。楽しくて、面白いものがある、良い未来を作っていけるように若僧も頑張ろうと思います(^o^)
[ 2009/05/07 02:33 ] [ 編集 ]
お互いに頑張りましょう!それぞれが自分のできる分野で頑張り、それぞれが毎日を楽しく、面白いものに夢中になって過ごしていれば、自然と『良い未来』になっていくと思います。
[ 2009/05/07 17:15 ] [ 編集 ]
そうですね。我が国・世界・地球の良い未来が来るように、お互い頑張りましょうね。
私は見たことのない昔の車が走る街並みに思いをはせながら、今の街と車の風景も忘れず、未来の世界中の風景に期待したいと思います。
産業とは、とても素晴らしいものですね。時代を映す鏡というか、時代の役者そのものですね。そんな思いで貴殿のこのブログを見ていようと思います。本当にありがとうございます。
[ 2009/05/08 09:48 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
ホント、産業って素晴らしいですね。あらゆる産業、全て素晴らしいですが、自動車マニアにとっては自動車産業がやっぱり最高です。日本に生まれただけでもれなく日本の自動車産業の生き証人になれるのですから、私はとても幸せです。
[ 2009/05/08 21:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。