旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・スズキ・アルトワークス(HA22S/12S型) 

110521a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110521a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110521a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110521a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110521a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110521a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1998年にスズキから発売された5代目アルトのホットモデル、アルトワークス(HA22S/12S型)です。5代目アルトは2000年のマイナーチェンジ時にワークスが廃止されたので、このモデルが最後のアルトワークスとなり、その後は役目をKeiワークスへ譲ることとなりましたね。

 さて、アルトワークスは1987年に2代目ベースで初めて登場し、そのときのDOHCインタークーラーターボエンジンの出力が64PS規制の発端となりました。従ってその後、代を重ねても出力こそ向上されませんでしたが、徐々に熟成されて軽ホットモデルとして根強い人気を誇っていましたね。
 三菱のミニカ・ダンガンやダイハツのミラ・TR-XX等のライバル車も実に賑やかで、軽自動車と言えども乗ってみるとその運転の楽しさに魅了されてしまうクルマが各社から販売されていました。個人的にはこれらのクルマは良く走りすぎて、“楽しい”よりも“怖い”と感じていたものでしたが・・・。

 久しぶりに今の軽ホットモデルはどうなっているんだろうかと、現行のKeiワークスをスズキのホームページで確認しようとしたら、あれっ、Keiが載っていない。なんと2009年の9月末で生産終了したとのこと。全然知りませんでした。ならばワークスはアルトに戻ったのかと思ってアルトを見てみると、アルトにもワークスというグレードはありません。どうやら消滅していたみたいです。
 それならライバル車は?ということで三菱のホームページを見てみると、なんとミニカが載っていない!今年の3月末でミニカが生産終了となっていたなんてびっくりです。

 個人的に軽自動車にはあまり興味がないこともあり、自動車雑誌を立ち読みするときでも軽のニュースはしっかり読んでいないということもありますが、ここ数年でずいぶん軽自動車の世界も様変わりしたようですね。

 相変わらず64PSのターボエンジンを積んだ車種は用意されているようですが、当時のアルトワークス等と比べると車重が大体200kgぐらい重くなっているようです。以前知人が乗っているエブリィワゴンを運転したときには、これがアルトワークスと同じ64PSのターボエンジンを積んでいるクルマだとはとても思えませんでしたので、他の“軽ホットモデル”の運転感覚はどうなんでしょうね。

 それにしても今の軽自動車って、どのメーカーのものも似たようなクルマばかりのうえ、びっくりするような価格のものが多いですね。そんな今の軽自動車ではありますが、ホンダのアクティ・トラックには少々惹かれました。T360時代から続いている“農道ポルシェ仕様”は今も健在なんですね。766,500円かぁ。ちょっと無理だな~。

アルトワークス・RS/Z(HA22S型)
全長×全幅×全高 : 3395×1475×1450mm
ホイールベース : 2360mm
車両重量 : 670kg
エンジン : 直3DOHCターボ 658cc 64PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/05/21 14:20 ] 1990年代スズキ | TB(0) | CM(19)
個人的に見る限り安い軽自動車税ありきの所があり商品としてはどのメーカーも同じ様でかってのハイパワーバージョンは影を潜めエコを重視した車造りになっています

私は軽自動車税は車の内容を精査して見ると安ずきる感があると思います

税金の話を別にすれば動力や安全性、燃費面で小型車もまだまだ魅力がある車があります

軽自動車はこの先本来の形である安くてシンプルな車に原点回帰してもらう事を私は望んでいますそうしないと軽自動車のマーケットの将来は??だと思います
[ 2011/05/21 19:36 ] [ 編集 ]
5代目アルトのマイナーチェンジ(2000年12月)で
アルトワークスが生産終了されたのが残念です
多分同社の2代目ワゴンRのRRに販売台数を奪われたのが原因だと思います
約2年後にKeiにワークスが復活しましたが
個人的にはワークスとは認めたくありません
歴代アルトワークスのSOHCターボエンジン搭載グレード
(SX SR ie ie-s)もワークスと認めたくありません

今年12月?のアルトのマイナーチェンジまたは次期アルトに
アルトワークスを復活してほしいです
現行アルトのエクステリアデザインかっこいいのにもったいないと思います

あと早ければ今年の12月?にも
アルトのライバルでもあるダイハツのミラがフルモデルチェンジをするそうですが
現行ミラ同様
ターボエンジン搭載グレードを設定してほしいです
現在ダイハツは直噴2気筒ターボエンジンを開発しているらしいですが
搭載されるか期待したいです。
[ 2011/05/21 22:35 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
軽自動車税が安いことは確かに軽自動車のいちばんの魅力だと思います。しかしながら、今の軽は車両価格が高いので、10年のスパンで考えると、仮に税金その他で小型車よりも30万円安く済むといっても、購入時に30万円以上高く支払っていることも多いと思います。
私なら迷わず決算期のコンパクトカーを選びます。

[ 2011/05/22 10:26 ] [ 編集 ]
シークレット様

コメント、ありがとうございます。
“アルトワークス”という響きはやっぱりしっくりきますね。若者向けのホットKカーとして、また熟年向けの“大人のおもちゃ”として、一台ぐらいああいうクルマがあってもいいと思います。
[ 2011/05/22 10:32 ] [ 編集 ]
軽というカテゴリーは、正直あまり興味がなかったのですが、子供のころに初代アルトのCMで「スズキアルト、47万円」という、価格が前面に出たCMを最初に見たときは結構衝撃的でした!当時の47万円が安かったのかよくわかりませんが、そんな意味で「アルト=大衆車」というイメージでしたけど、いつの間にこんなホットモデルをラインナップに要するクルマになってたのかと思うとちょっとびっくりします。

今では軽自動車は「生活の足」的なイメージが強く、それは燃費や税金を考えたら考慮に値するのですが、この時代は、軽自動車といえどもドライバーとしてちょっと惹かれるモデルがいろいろありましたよね。

ちなみに、あまり興味がない軽で個人的に好きだったのは、「マイティボーイ」でした!
2ドアのピックアップがなぜかカッコよかった?!
[ 2011/05/22 17:56 ] [ 編集 ]
管理人様、常連の皆様、初めまして、きゅう@と言います。

以前から拝見させて頂いておりましたが、『keiワークス』に思わず反応してしまい、書き込みさせて頂きました。

我が家ではkeiワークスのOEM車であるマツダ・ラピュタS-ターボ(4WD/5MT)を嫁さん用として使用しております。
(管理人様にはマツダ車と認めて頂けないかも知れませんが・・・。)

この車も不運な車で、keiの生産終了より4年早い2005年にスズキからの供給が終了してしまいました。

知り合いのKeiワークスのオーナーさんによると、アルトワークスに乗った人にピッタリと後に着けられる事が度々あるそうですが、あまりにマイナーなラピュタでは例えKeiワークスと同一スペックであっても、そんな経験は皆無に近いです(笑)

keiワークスをワークスと認めたくないというご意見もありますが、OEMとは言え同種の車に乗りながら私もその意見には納得する部分もあります。
何故なら、Keiは元々は街乗りSUV(今風に言うとクロスオーバー)をコンセプトに登場した車で、ルーフレールやグリルガード風バンパーまで装備した仕様もあったほどです。

それをローダウンしてフルエアロで武装し、扁平タイヤを装着して「ワークスですよ~♪」なんて言われてもそれまでのアルトワークスオーナーは戸惑った事でしょう。

最近は、アルトワークスやミラTR-XX、ミニカダンガンみたいなボーイズレーサー(古!!)みたいな車が少ないですね。

ミラカスタムにターボ車はありますが、MT車の設定がない・・・。

強いてあげればコペンがありますが、200万に迫る価格は大人の玩具としても高すぎます。

とりとめの無い事を長々と書いてしまって申し訳ございませんが、この辺で失礼します。
[ 2011/05/22 22:29 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
アルトワークスを始め、この手のクルマは大型のスポーツカーでは味わえないカート感覚の走りが魅力でしたから、あえて普通車ではなくアルトワークスを選ぶという方もおられたようです。
ビートやカプチーノより安価で実用性もありましたしね。
[ 2011/05/23 10:19 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
アルトワークスは全日本ラリーでも活躍していたように、本格的な軽スポーツとして開発されていたようですが、時代の流れでおそらく体育会系から同好会系へスズキもシフトしたのだと思います。ワゴンRのようなクルマでないと売れない時代になってしまった以上、3ドアのアルトワークスでは先がないと考えてKeiに移行したんでしょうね。
アルトワークスにしてもKeiワークスにしても、せいぜい120万円ぐらいだったと記憶していますが、コペンの200万は高いですね。決算期ならマツダ値引きでロードスターが買えてしまいますね。
[ 2011/05/23 10:46 ] [ 編集 ]
歴代アルトワークスは3ドアだけだと思われがちですが
5代目アルトワークスの末期(1999年10月~2000年12月)は
ieですが3ドアから5ドアに変更されました
2000年12月のマイナーチェンジで
RS-Zに5ドアに変更されてでもモデル継続してほしかったです。
[ 2011/05/23 23:06 ] [ 編集 ]
シークレット様

コメント、ありがとうございます。
アルトワークスに5ドアがあったなんて知りませんでした。ワークス末期はスズキもいろいろと試行錯誤していたようですね。
[ 2011/05/24 09:54 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/05/24 12:40 ] [ 編集 ]
コメントしたのですが、うっかり管理者だけに表示を許可するをチェックしてしまいました。
公開出来るならお願いします。
[ 2011/05/24 12:45 ] [ 編集 ]
> コメントしたのですが、うっかり管理者だけに表示を許可するをチェックしてしまいました。
> 公開出来るならお願いします。

-------
スズキのデザイン
スズキは昔からデザインに当たり外れが多いと言われてきました。ワークスは別にしても、この5代目アルトを見たときに、又やっちまったと思いました。フロントのヘッドライトの回りのデザインは・・・まるで、天才バカボンの警察官の目のようで。そう言えば、過去にX-90なる業界誌で最も失敗したデザインに輝いた車も排出しました。
これは、2輪の世界にも言えるのですが、未だにバイクデザインの傑作と言われる、GSX1100カタナもありますが、赤ペコのあだ名のついたGSX750Eなんて車種もあります。
-------

カルロス様

コメント、ありがとうございます。
当方側でコメント許可の可否を変更できないようですので、このような形で貴兄から頂いたコメントを表示させていただきます。

X-90は確かにちょっと滑稽でしたね。じっくり見ると洗練されたカプチーノの面影も感じられるし、当時の隠れた名車(?)のカルタス・クレセントともデザインの共通項が見られます。しかしながら1台のクルマとして見ると、ちょっと疑問符の付くスタイルでしたね。
スズキのカタナ、カッコよかったですね。あのデザインで1100から始まり、250まで発売されました。(125はちょっと違いましたからね)
二輪免許を持っていない私は当然のことながら買うことができず、結局行き着いたのがタミヤのプラモデルでした。それも時間がなくて作る事ができず、自宅建替えの折にラジコン仲間のお子さんへのプレゼントとなってしまいました。
[ 2011/05/24 21:18 ] [ 編集 ]
kurumamaniacsさんお手数かけまして申し訳ありませんでした。
カタナ1100は、1987年に生産中止をした後もアニバーサリーモデルとして、1994年にスズキの70周年記念として再販された経過があります。それだけ人気があったのでしょうね。
今年、私の所属するクラブの海外オーナーが、カタナを買うために日本にやってくるそうです。凄い(@o@)
[ 2011/05/25 12:44 ] [ 編集 ]
ダートで軽自動車耐久レースで遊んでた時期がありました。
私はダイハツミラ。速い軍勢はアルトワークス。

一昔前のライバルを思い出しました!
[ 2011/05/25 15:13 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
バイクはリターンライダー向けに昔の面影を再現した車種がちょくちょく発売されていますので、カタナほどの名車なら現代版が発売されることがあるかもしれませんね。
[ 2011/05/26 08:36 ] [ 編集 ]
Pbox様

コメント、ありがとうございます。
ダートでレースをされたことがあるとは羨ましいです。A1クラスの上位はたいていアルトワークスでしたね。
[ 2011/05/26 08:54 ] [ 編集 ]
新車で買って現在21万キロです。アルトワークスは、今でもこれ以上の車を見た事はありません。好きなように走れるうえ、低燃費で車税も安く、荷物は積めるし、整備もしやすい。デザインも独特で、未だ全く飽きがきません。現在発売中の車で、これ以上の車は見当たらないので、30万キロ目指して走っているところです。ボディの錆びが限界に来て、何かの部品がもたなくなり、修理に50万円以上かかるとなると、乗換の時期と思います。
[ 2011/07/21 12:15 ] [ 編集 ]
ジャッキー様

コメント、ありがとうございます。
惚れ込んだクルマにまったく飽きがくることなく寿命まで乗り潰す・・・、もっともエコなクルマの乗り方ですね。
今、エコカーと呼ばれるクルマはたくさん発売されていますが、惚れ込んで乗り潰そうと思うようなクルマはなかなかありません。凡庸なクルマを買わせてすぐに飽きさせ、次々と買い替えさせるというメーカーの戦略ですかね。
[ 2011/07/22 08:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。