旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・ホンダ・オデッセイ(RA1/2型) 

110511a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110511a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110511a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110511a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110511a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110511a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年にホンダから発売された初代オデッセイ(RA1/2型)です。現在4代目まで進化を続けていますが、いずれのモデルも人気車種で、ミニバンブームの中心に存在している一台ですね。RVに出遅れていたホンダが“ミニバンメーカー”へ成長するきっかけになったクルマです。

 さて、この初代オデッセイ、当時ミニバンなるものを造っていなかったホンダがアコードのプラットフォームを流用して3列シート車を造ったら、思わぬ大ヒットとなったクルマです。トヨタの初代エスティマがミッドシップレイアウトの天才タマゴとして華々しくデビューした割には発売当初あまり芳しくなかったのとは対照的ですね。この初代オデッセイの成功によってホンダは味をしめ、この後、ステップワゴンやSM-Xといったちょっと品のないミニバンを連発していきますが、そのどれもが大ヒット。そして今や立派な“ミニバンメーカー・ホンダ”となっていますね。

 大ヒットとなった初代オデッセイですから、きっと素晴らしいクルマなのでしょうが、個人的には“良いクルマが売れるクルマではなく、売れるクルマが良いクルマ”という意味での“良いクルマ”にしか思えず、未だにオデッセイの魅力がわからずにいます。スタイル?走行性能?取り回しのよさ?使い勝手?いったい初代オデッセイが大ヒットした理由は何なのでしょうね?オデッセイファンの方々には怒られてしまいますが、私にはこのオデッセイ、“運転しにくい肥満体アコード”としか思えませんでした。取って付けたような3列目シートの横にはスペアタイヤが立てて置かれており、いかにも“急いでミニバンを造りましたよ!”と訴えかけられているように感じた記憶があります。(好みは人それぞれですから、オデッセイファンの皆様、ご気分を害さないでくださいね。)

 ミニバンブームも最近のエコカーへの流れから以前ほどではなくなってきているように感じられますが、今後はどうなっていくんでしょうね。原発事故をきっかけに原発への不安が高まり、私が住んでいる中電管内の浜岡原発も停止されることとなりました。東電管内の電力不安から中電管内へ生産をシフトしようとしていた自動車メーカー各社、今度は関電管内へシフトするのでしょうか?現状では停止される原発は浜岡だけですが、安全に不安があるために停止させるということは、当然浜岡以外の原発に波及することも考えられます。

 1トンのクルマよりも2トンのクルマは単純に考えて材料が2倍必要です。それぞれの原材料、部品を加工する工程のほとんどで電力が必要とされるわけですから、否応なくダウンサイジングが求められそうですね。もっとも、メーカー側のダウンサイジングだけではなく、我々も“近所のコンビニへ大きなミニバンに乗って缶コーヒーを買いに行く”という生活を改めなくてはなりませんね。

オデッセイ・Lタイプ・7人乗り(RA1型)
全長×全幅×全高 : 4750×1770×1675mm
ホイールベース : 2830mm
車両重量 : 1510kg
エンジン : 直4SOHC 2156cc 145PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/05/11 15:30 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(10)
 本当にドーしてあんなに売れたのか解りませんでした。
生産ラインの都合で背の高い車は造れないからこの高さにしました・・・・って事ですよね・

 この大ヒットがホンダをつまらない車を量産するメーカーにした様な気がします・・・(^^;)
[ 2011/05/11 17:54 ] [ 編集 ]
ホンダが初代シビックを作った時、それまで2輪が原点の「レースメーカー」が、そこで得た技術を大衆車にフィードバックさせて普段のクルマを楽しく・・・という思想がコンセプトだと思ってました。

でもその後数年経ち、このオデッセイは、「クルマの技術」というよりは、時代の背景やトレンドを優先して「売れるクルマ」をホンダスタイルで作らざるを得ない状況に追い込まれ、この個体を世に出したのではないかと思います。幸い(・・・というか予想外?)に大ヒットしてしまったので、その後のホンダのイメージが若干変わってしまいましたが・・・アダムスファミリーのCMも、販売にだいぶ寄与してましたか!

“良いクルマが売れるクルマではなく、売れるクルマが良いクルマ・・・”

いつかまた、良いクルマが売れる日が来ることを祈ってます。
[ 2011/05/11 21:12 ] [ 編集 ]
藤 重行様

コメント、ありがとうございます。
かなりの人気車種ですので批判を覚悟で記事を書きましたが、私と同じ見方をされておられる方がいらっしゃることを知って安心しました。
[ 2011/05/12 08:21 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
自動車メーカーも営利企業ですから、“売れるクルマ”が第一なことは当然だと思います。しかしながら、あるメーカーから“売れるクルマ”が出ると、他のメーカー、またはそのメーカーから次々と似た要素を持つ“売れるクルマ2号”、“売れるクルマ3号”が発売され、気がつくと街には“売れるクルマもどき”だらけになっています。クルマのラインナップもファーストフードのメニューとあまり変わりませんね。
[ 2011/05/12 08:53 ] [ 編集 ]
良くも悪くも日本の自動車マーケットに一石を投じて革命を起こしたのは間違いないですね。雑誌やネット情報からするとどうやら次期オデッセイはエリシオンと統合して両側スライドドアが付いた現行エスティマのコンセプトをなぞった感じの車に?なりそうです。この先エコが叫ばれて3ナンバーミニバンもLLクラスは衰退して?Lクラスの両側スライドドア付きに床下格納式3列シート車が主流になると思われます
[ 2011/05/12 19:24 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
私もLLクラスは衰退していくと思っています。現在、若い子たちがアルファード等に乗っている姿を街で見かけると、かつて女性がパジェロ等に乗っていた時代を思い出します。7人、8人でも余裕を持って移動できるLLクラスミニバンですが、3列目まで人が乗っているアルファードはほとんど見たことがありません。
[ 2011/05/13 08:02 ] [ 編集 ]
先日、マークⅡワゴン(王道のX70型LGグランデ!リアスムージング・ウッドハンドルお約束!!)を所有していた友人が、アルファードに乗り換えたという話を聞きました。

なぜアルファードなのか?・・・と友人に聞いてみたら、住居とまでは勿論いかなくとも、クルマの中が「生活空間」という感覚で、別に多人数乗せる用途があるわけでもないけど、広い室内のクルマが欲しかった・・・ということでした。なんか同乗者を想定してないのに、後部座席用の独立モニターをつけるとかつけないとかのたまっており(笑)

私もミニバンは、LLクラスは今後衰退すると思ってます。現行エルグランドはついにFFベースになってしまって、LLクラスの特権であるFRモデルにメスが入ってしまったような感じで・・・淋しいですが、このクラスの在り方が問われているような気もします・・・

しかし、こんなふうに本来このクラスをチョイスする「主旨」と違った形で購入する方もいらっしゃるのかと、ちょっと驚きでした。クルマって、やっぱりジャンルやグレードで判断できない「選択肢」も、まだありなのでしょうか?!

[ 2011/05/17 22:20 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
考え方、好みは人それぞれで、もちろん人によって選択理由は様々だと思います。大きいから、広いから、威圧感があるスタイルだから、車中泊できるから、・・・、それら全てがその人にとっての“正解”だと思います。
中には、“どこどこのだれだれさんも乗っているから”という理由で選択された方もおられると思いますが、おそらくこの理由で選択された方々がその時代時代のブームを作っているのだと思います。
[ 2011/05/18 14:18 ] [ 編集 ]
僕は両親がこのクルマを購入した時とほぼ同時に生まれたので、僕にとって一番身近なクルマでした。

当時の頃の目線から見てみると、セカンドシートをサードシートまで倒してフラット状態に出来たのは、なかなか画期的でした。(最近のクルマでこういったシートアレンジが少なくなってしまったのが残念です。)
それに材質がフカフカだったのでよく寝ころんでました。(当時は後部座席のシートベルト着用が義務づけられていなかったので。)
あとはインパネ周辺の発光色が緑色だったのも綺麗でしたし、なんといってもあの赤いボディーカラーはとても綺麗だったので今でも一番好きな色です。

不便だと感じたのはドアが重かったのと車高の高さ位ですね。
うるさいと評判の悪いエンジン音も不快になる程ではなく、むしろ独特のサウンドだったので今でも耳に残っています。(笑)

現在は廃車ですが、僕にとってはたくさんの思い出が詰まった大好きなクルマです。
良いクルマか悪いクルマか判断するのは人それぞれだと思いますね。
[ 2011/06/12 23:03 ] [ 編集 ]
トカゲ様

コメント、ありがとうございます。
“良い”と判断された方が大勢おられたからベストセラーになったんだと思っています。私の記事内容はあまり気になさらないでくださいね。
「良いクルマか悪いクルマか判断するのは人それぞれだと思いますね。」私もその通りだと思っています。
いろいろな人がそれぞれの考え、好みを持ち、それらに対してメーカーが様々なクルマを提供するからクルマが面白いのだと思っています。
[ 2011/06/13 11:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。