旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・コスモ(HB型) 

110503a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110503a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110503a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110503a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110503a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110503a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1981年にマツダから発売された4代目コスモ(HB型)です。2ドア/4ドアハードトップ、そして4ドアセダンと3タイプが発売されましたが、このカタログはその中の4ドアハードトップのもの。カッコいいといえばカッコいいといえなくもないですが、個人的にはちょっと微妙なスタイルのクルマだと思っていました。理由は単純明快、この2灯ずつのリトラクタブルライトが違和感ありありで、ライト点灯時のコスモはお世辞にもカッコいいとは思えませんでした。

 さて、マツダのコスモといえば初代は言わずと知れたあのコスモスポーツ、トヨタ2000GTに匹敵する存在感を備えているといっても過言ではないほどの名車でしたね。そのコスモスポーツの流れを汲み、マツダの象徴となるべきスペシャリティカーとして存在し続けるはずだったのですが、どうもこの3代目の存在のおかげでキャラクターが不明瞭になってしまったような気がしています。

 ご存知の通りこの3代目コスモは4代目ルーチェと姉妹車の関係にあり、特に4ドアセダンは違和感満点の4灯リトラクタブルライトすらない、ルーチェそっくりの広島ベンツ風セダンでした。せめて姉妹車関係であってもルーチェは4ドアのみ、コスモは2ドアのみという具合にすればコスモのキャラクターを守れたのではないかと思えるだけに、個人的にはこの3代目コスモの存在はとても残念でした。

 マツダが3代目コスモを成功と考えたのか失敗と考えたのかはわかりませんが、4代目コスモは初代コスモスポーツ以上にぶっ飛んだ存在感を放つユーノス・コスモとして登場しました。広島ベンツ風セダンと同じ車名を冠するクルマとはとても考えられないユーノス・コスモが4代目として登場したということは、おそらくマツダもこの3代目コスモについてはちょっと反省したんでしょうね。

 とはいうものの、生真面目なマツダ、3代目コスモの平凡さを一気に払拭しようと考えたのか、ユーノス・コスモではぶっ飛びすぎて3ローターエンジンまで搭載してしまいました。おかげで燃費はリッター2、3キロもざらというなんとも素晴らしいクルマとなり、ユーノス・コスモを最後にマツダからコスモというクルマが消えてしまいました。どうもコスモが消えた原因はこの3代目にあったような気がしてなりません。

 現在マツダの乗用車には昔から続いている車名のクルマは一台もありませんが、シナリあたりなら十分にかつてのコスモのイメージに合致しますので、もしシナリが市販されることとなるのであれば、コスモという車名を復活させるのもいいかもしれませんね。いくら新生マツダとはいえ、昔から続いている車名のクルマが他社からのOEM車と、かなり昔から造り続けているボンゴだけというのはちょっと寂しいですからね。

コスモ・4ドアハードトップ・XG-X(HBSHE型)
全長×全幅×全高 : 4640×1690×1360mm
ホイールベース : 2615mm
車両重量 : 1175kg
エンジン : 直4OHC 1970cc 120PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/05/03 14:47 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(8)
スタイリングに関しては、若者風に言うと「ビミョー」
メーター周りは、80年代満載ですね。デジタルメーターが出始めて、アナログ感も残したデジアナメーターとでも言うのでしょうか。しかしトリップやオドメーターが完全にアナログなのが郷愁をそそります。とどめは正立透視型のカセットデッキ、オーディオの世界で一般的になったとしても、狭いパネルに無理やり押し込んで、録音もしないのにテープの残量を直視する必要があったのでしょうか。
そういえば、2輪の世界にもデジタル液晶(燃費、瞬間燃費、時計、燃料、平均巡航速度、ライト警告、サイドスタンド警告etc)メーター満載のヤマハXJ750Dと言う車種が80年代にありました。転倒すると自動で燃料供給も止めるそうです。お察しの通り、マニアック過ぎて不人気でした。
[ 2011/05/03 20:07 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
メーター周りについて、私はアナログ派なので、どうもこのコスモの中途半端なメーターには馴染めません。おそらくデジタル派の方々からも中途半端に感じられたのではないかと思います。折衷案はなかなか難しいものですね。
[ 2011/05/04 08:52 ] [ 編集 ]
姉妹車のルーチェは確かワイドグリル(?)な感じで、一応差別化してましたか。でも、そもそもコスモが「4ドア」というのが、セダン好きなのである意味「ビミョー」でした!

あと、確かロータリーにターボ積んだの、このコスモが最初ではなかったでしょうか(記憶間違ってたらごめんなさい)
[ 2011/05/04 18:47 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、この3代目コスモには日立製ターボが搭載された、世界初のロータリーターボ車が後にラインナップに加えられています。性能的にはトップクラス(というよりもトップ)でした。
そんな素晴らしいクルマだったのですが、個人的にはまったく素晴らしいと思えず、このクルマに対してはあまりいい印象は持っていません。
やっぱり『4ドアのコスモ』はクルマ好きの夢を壊す存在だったと思います(とはいえ、現在のRX-8のような4ドアは別ですよ)。
[ 2011/05/04 20:35 ] [ 編集 ]
コメント頂き、ありがとうございました。

記憶が間違ってなくて安心しました!
実は今年、大好きなGTレースで、300クラスで応援していた雨宮チームのRX-7が撤退してしまい、とても残念です。一時期はRX-8で参戦するという情報もありましたが、昨今の諸事情が阻んでしまったのでしょうか・・・

雨宮さんがメーカーワークスに代わってずっとロータリーの灯をレースでともしていてくれたと感じてましたので、本当に残念でした。いつかまた、マツダの技術力を結集して、それこそ「787B」のようなルマンマシンも是非造って欲しいです!!このコスモ、当時子供ながらにロータリー+ターボという組み合わせが、本当に衝撃的でしたから!!

この時代、国産車はとにかく「ターボ積み」がトレンドでしたよね・・・
しかも、国産車初のターボ搭載車がなぜか430セドリック(ギャレット社製でしったっけ??)、でもセドに最初にターボ積んだのはなぜ??でした。当時、セドはブロアムとかSGLとかのハイソグレードが羨望の眼差しだったのに、「TURBO-S」というグレードが誕生した時は驚きました。その後、ブロアム系と別れた「グランツ」グレードの原型でしょうか・・・

最近、ジュークでまたターボモデルが復活しているようで、なんとなく日産の心意気(?)がちょっと嬉しく感じてます。

[ 2011/05/09 20:59 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
ロータリーが生き残る道は水素ロータリーの如何にかかっていると個人的には考えていたのですが、世界中の人々が福島原発の水素爆発を目の当たりにしてしまった以上、高圧水素タンクを積んだクルマに乗りたがるかどうかはちょっと疑問です。
セドリックが最初にターボを積まれたクルマとなったのは、やはり当時の税制が関係していたのではないかと思っています。排気量を2リッター以下に抑えたうえで2.8リッターグレードに匹敵するパワーを得るためにはターボ搭載が必然的な流れだったんでしょうね。
[ 2011/05/10 13:11 ] [ 編集 ]
あらためてのコメント、ありがとうございました。

水素系燃料も「エコ」という観点でそれこそ震災前はかなりクローズアップされてましたが、確かにあの原発事故を目の当たりにしたら、今はちょっと考えてしまうかもですね・・・

この震災のいろいろな影響で、これからのクルマの「在り方」が変わっていくような気がします。日々生活している立場で考えればそれを受け入れざるを得ないのでしょうが、
やっぱり、元来の「クルマ好き」な気持ちを持つ一人としては、現実に生活で操る今のクルマとは別に、幼な心にたくさんのクルマに魅了されたあの感じを、忘れたくないですよ・・・

この旧車カタログコレクションサイト、これからも楽しみにしています!!
[ 2011/05/10 21:51 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
「エコ」だけではなく、新しい価値観が備わったクルマがきっと各メーカーからたくさん発売されるようになると思います。それがどんなものなのかはまだわかりませんが、クルマ好きの一人としてその変化をじっくり観察していこうと思っています。
このブログも、続けられる限り細々と続けていこうと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2011/05/11 14:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。