旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・パルサーワールド 

110428a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110428a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110428a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110428a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110428a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110428a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1977年に日産から発売された初代パルサー(N10型)を始め、当時チェリー店で扱われていた日産車のラインナップです。このカタログはパルサーがマイナーチェンジされた1980年にパルサー・ワールドと銘打って発行されたもの。まだレパードTR-Xが投入される前のラインナップですから、パルサー、オースター、チェリーバネットといった、いわゆる大衆車揃いで親しみの持てる面々が並んでいますね。

 さて、この“パルサー・ワールド”には、スカイラインやセドリックといった、当時多くの人々が憧れていたクルマはありません。そして現在、旧車マニアの間で珍重されるような存在となっているクルマもありません。今から30年前の時代に、庶民の間でごく普通に乗られていた“庶民のクルマ”です。
 30年という時が流れ、現在これらに相当するクルマはマーチ、ティーダ、NV200バネットあたりですね。当時、30年後は一体どんなクルマが走っているんだろう?タイヤがなくてホバークラフトのようになっているんだろうか?全部電気自動車になっているんだろうか?そもそもノストラダムスの大予言が本当なら1999年に世界がなくなってしまうから30年後はないんじゃないか?などといろいろ考えていましたが、意外とあまり変わっていないですね。特に現在日産のラインナップにあるボンゴのOEM車、バネットバンなんて、30年前のこのカタログに載せてもあまり違和感がないぐらいです。

 30年前、現在のようにインターネットの時代になるとは考えていませんでした。また携帯電話を小学生が持っているような時代になるとも考えていませんでした。同様に、昔のクルマのほうが良かった、と考える人が少なからず存在する時代になっているとも考えていませんでした。

 震災をきっかけに、トヨタは現在エスティマ・ハイブリットに搭載されているAC電源供給機能を他のハイブリット車にも搭載することを検討し始めたそうです。またルネサスの工場が被災したことにより、マイコン供給がストップして多くの自動車メーカーでクルマが生産できなくなりました。きっと今後クルマそのもののあり方も、そして自動車会社のあり方も大きく変わっていくことと思います。

 今から30年後は、きっと過去30年間の変化よりもずっと大きく変化するでしょうね。それが進歩の方向なのか後退の方向なのかはわかりませんが、その方向は自動車メーカーの考えではなく、日本全体の、言いかえれば我々国民一人ひとりがどういう暮らしを望むかによって決められることになると思います。
 30年後、“リーフ・ワールド”が発行されているのか、“パルサー・ワールド”が発行されているのか、相変わらず“モダン・リビング”と言われているのか、はたまた日産がクルマを生産していないのか、どんな時代になっているんでしょうね。

パルサー・5ドアハッチバック・1400TS-GF(HN10型)
全長×全幅×全高 : 3960×1620×1360mm
ホイールベース : 2395mm
車両重量 : 860kg
エンジン : 直4OHV 1397cc 80PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/04/28 12:01 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(9)
この時代は、同じ車種でグレードが多岐に渡っていて、フロントとリアのグリルは同じなのに、全然イメージが違うクルマが多数あったような気がします。当時印象的だったのは、スカイライン(R30でしたっけ・・・)に、5ドアのハッチバックが設定されたときは驚きました、なぜスカイラインが「ハッチバック」なのかと(でも今思うと、現行のクロスオーバー思想に近かったのかな)

それと商用車ラインナップですが、いわゆるコンシューマモデルベースの商用車、日産では御指摘のバネット=ボンゴ以外にも、例えば現行ADワゴンのベースがウィングロード、エキスパートのベースがアベニール・・・、「バン」か「ワゴン」というカテゴリーで区別されていますよね。

生産コスト面を考慮すれば、メーカーとしてはワンボックスタイプも含めメインフレームを共有できるので効果大なのでしょうが、アベニールオーナーの友人は、街でエキスパートとすれ違った時に、結構ショック受けたと当時聞きました。

商用車はベースグレードとは異名のケースが多々ありますが、掲載頂いたオースターバン、グリルは「ブルーバード」ですよね??
[ 2011/04/28 22:26 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
R30型のスカイラインは5ドアハッチのみならず、ライトバンも用意されていたぐらいでしたからバリエーションが豊富でしたね。まあ当時は2ドアのクラウンもありましたからね。
オースターは成り立ちからして姉妹車のバイオレット等とともに、ブルーバードの派生車のようなものでしたから、ブルーバードとよく似ていますね。
[ 2011/04/29 08:21 ] [ 編集 ]
パルサーにクーペがあったのですね。初めて知りました。
私の周りには乗っている人はいませんでした。チェリーの後継車だからでしょうか。
しかし、このリヤのルーフデザインはどうなんでしょう。無理やりレザートップ?を付けました感があります。昔出たマツダのルーチェLを思い出させますね。ルーチェに違和感は無かったですが。
[ 2011/05/02 12:47 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
このパルサーのクーペ、そして次のエクサ、そしてNXクーペと、リアのルーフデザインがそれぞれに特徴的でしたね。そもそもチェリー・クーペのリアはかなり特徴的(?)でしたから、その流れが続いていたのかも知れませんね。
[ 2011/05/02 18:25 ] [ 編集 ]
日産のA10型オースター、泣かせてくれますね!
ホイールベースはブルーバードより約10cm強短い2400mm、そこへブルーバード用を短縮したプラットフォームとサニーに近い簡略化されたリアサス(4リンクコイル)を装着していたのだから、なんともデッチ上げというか、「自社のラインナップの隙間を埋める」だけのような影の薄さが感じられると思います。
思えばバイオレット/オースター/スタンザの三兄弟で、トヨタのカリーナやいすゞのジェミニ(PF60)等と対抗し「ブルーバードの半クラス下」を狙っておりました。
そんな、「大衆車と中級車の微妙に境目」を狙った商品だった日産バイオレット/オースター他三兄弟は次にFF横置きにモデルチェンジするも全く売れず、1983年登場の「本格的ミドルクラス」ブルーバードのFF化(U11型)の捨石となってメーカーから忘れ去られたように放置プレイされ、1985-86年にブルーバードと共通設計でモデルチェンジされた後、P10型プリメーラにバトンタッチされてようやく「日産の低迷期」は終わりを告げたものです。
かくして歴史を紐解くに、この1970-80年代初頭には日本のミディアムクラス(Dセグメント)は大小二グループに分かれており、大はブルーバード/コロナ/三菱ギャラン、小はカリーナ/バイオレット/いすゞジェミニが充てられてお互いよく共存したものだとマーケット様相の変化に驚かされます。
そして今、かつてのバイオレット/オースターの役どころはカローラアクシオの1800ラグゼールなり、日産自身のティーダの上級グレードさらにマツダアクセラにスバルインプレッサ.....といった「かつての大衆車が成長したモデル」の上級仕様が受け持っている感を覚えますがkyuusyamania様は如何でしょうか。
[ 2011/05/21 23:37 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
かつては“いつかはクラウンに”というキャッチフレーズのもと、各メーカーのラインナップ全てが一定の序列で揃っていましたね。当時は乗っていたクルマがその人の社会的地位を表しているような意味合いも確かにありました。
でも現在はどうでしょう?確かにかつてのような意味合いのもとに高級輸入車に乗られている方もおられますが、“クルマを持たないことがステイタス”という信条のセレブもおられます。
私の友人にある大企業の社長をしている方がいますが、彼の愛車は大幅値引きで購入した三菱・コルトです。彼曰く、本当は軽にしたかったんだけど、会社の取り巻きから「お願いだから軽だけはやめてくれ」と言われたとのこと。
価値観も多様化してクルマがかつてのような憧れの存在ではなくなった現在、人によっては“いつかはクラウンに”が“いつかは田舎で畑仕事を”や“いつかは昔乗っていた初代カローラに”かもしれません。
そんなことを踏まえたうえで考えると、かつてのバイオレット/オースターの役どころは真鍋清様のおっしゃる車種にプラスしてノアやセレナ等も近いと思います。
[ 2011/05/22 11:10 ] [ 編集 ]
最初の愛車が、81年式のパルサー3ドアハッチバックの白でした。学生の身分でしたが、何にもついてなかったので、バイトで稼いだお金をつぎ込んで、エアコン・アルミホイール・ステアリング・ステレオ、リアシェルフもベニヤ板にカーペットを張って、自作しました。楽しかったなあ。1年半ほど乗って、S-110シルビアに乗り換えましたが、あのパルサー、今でも懐かしく思い出します。
[ 2011/12/28 22:53 ] [ 編集 ]
ぽちくん様

コメント、ありがとうございました。
ほんの短期間でも愛車として乗っていたクルマというのは、そのクルマにまつわる出来事とともにずっと記憶に残っているものですね。久しぶりにカタログを見ると、忘れたい記憶も鮮明に思い出してしまい困ることもありますが・・・。
[ 2011/12/29 12:56 ] [ 編集 ]
僕が茨木市山手台サニータウンのマンションに引っ越した時、珍しいクルマを見ました。パルサー5ドアハッチバック1400TS-G(ワインレッドM)のクルマで、この間、引っ越ししたばかりの牛路武之さんのクルマは日産パルサーでした。ワインレッドMの輝きある新鮮なボディカラーが特徴的でした。6年後の1月に牛路武之さんが44歳の若さで他界されました。葬儀・告別式には、親戚一同や関係者、茨木市サニータウン2丁目14号棟のマンションの知り合い等が来ました。喪主は、牛路美和枝さん、長男の直希君、紀子ちゃんでした。それは、牛路武之さんが他界され、30年以前の話でした。ご冥福を御祈り致します。日産パルサーのCMで、キャッチフレーズは、パルサーワールドで、もしくは世界のパルサー販売でした。特に日産パルサーは、日本だけでなく、世界中で愛されたクルマでした。日本でパルサー販売終了した後、ブルーバード+プレセア+パルサーの統合車で、ブルーバードシルフィの名で統一。現在、日本、中国では日産シルフィ、海外のアメリカ、台湾等では日産セントラの兄弟車、もしくは中国で日産ティーダの兄弟車で、ヨーロッパ&オーストラリアでもパルサーの名で販売されています。
[ 2017/05/26 21:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。