旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・三菱・パジェロ(V23/24/43/44型等) 

110421a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110421a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110421a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110421a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110421a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110421a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年に三菱から発売された2代目パジェロ(V23/24/43/44型等)です。RVブーム絶頂の頃、その中心的な存在として確固たる地位を築き、今では信じられないことですが月間販売台数が1位になったこともある、三菱がもっとも輝いていた時期のパジェロです。現在でも4代目パジェロが販売されていますが、当時とは異なり、街中ではめったにお目にかかることがありませんね。それもそのはず、現在のパジェロの販売台数は年間3千台へ届いていません。今もっとも売れているプリウスの年間販売台数の100分の1以下です。RVブーム、エコカーブームという時代の流れとはいえ、こういう極端なブームとなるお国柄はちょっと怖い気もしますね。

 この2代目パジェロ、絶頂期のパジェロだったこともあり、個人的にはやはりパジェロといえば2代目が真っ先に頭に浮かびます。今あらためてこのカタログを見ると、“無骨でごつい男のクルマ”に見えるのですが、当時はこのカタログを見てもハイラックス・サーフ同様、ナンパなクルマにしか見えませんでした。その時々の時代背景によって同じものに対する感じ方もずいぶん変わってくるものですね。ブームに左右されず、現在パジェロを購入されておられる方々は本当のパジェロ・フリークだと思います。冷静に考えれば、この手のクルマが販売台数1位になるなんていうのはちょっと異常なことで、クルマの性質を考えれば現在の比率が自然なんでしょうね。

 さて、RVブームの中心に存在していた三菱パジェロ、私はクロカンをしたことがないので本来の四駆性能はわかりませんが、大きさの割りにとても街中で扱いやすいクルマでしたね。視界が広くて車両感覚が掴みやすく、車庫入れもしやすかった記憶があります。当時、パジェロに乗られている女性が知人にいましたが、意外と乗りやすいので流行に敏感な女性はファッションの一部としてパジェロを選んでいたのかもしれませんね。

 まあ、それはそれでいいのですが、そのパジェロの女性、スタッドレスタイヤと交換するときだけ私ともう一人の同僚を自宅に招待してくれました。もちろん何かいいことがあるわけでもなく、食事を作ってくれるわけでもありません。彼女曰く、オートバックスだと結構お金を取られるけど、我々なら缶コーヒー2本で済む、とのこと。そこまで正直に言われるとあまりよい気はしませんが、個人的にはパジェロのタイヤ交換作業はなかなか面白かったです。とはいえ、当時はまだ若かったにも関わらず、あのタイヤの重さには閉口しました。この手の四駆に乗られている方はタイヤ交換やタイヤローテーションはご自分でされているんでしょうかね?

パジェロ・メタルトップ・ワイド・VR(V23W型)
全長×全幅×全高 : 4030×1785×1815mm
ホイールベース : 2420mm
車両重量 : 1780kg
エンジン : V6OHC 2972cc 155PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/04/21 18:33 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(16)
4駆SUVが月刊販売台数1位をとるなんて、今では到底考えられませんね!

最近一般の市民がクルマを選ぶときの感覚って、燃費やら足としての実用性やらが重視されるのでしょうが、この時代は「女性がパジェロ」というシチュエーションがあっても、そんなに気にもなりませんでしたよね・・・それだけ、クルマもファッションとしてチョイスできるだけ、いろんなカテゴリーがありましたし・・・

しかし、軽で「パジェロミニ」が出た時には思わず笑ってしまいました。まるで「ローレルスピリット」のような感じで!!
[ 2011/04/21 21:48 ] [ 編集 ]
現行パジェロが販売不振なのは
先代にあたる3代目もそうだけど
エクステリアデザインが不人気なのと
SUVブームが去ったのが原因だと思います
2代目が出た20年前の1991年の1月 当時私は高校1年生の3学期でした
その直後にバブルが崩壊しましたね
その年にフルモデルチェンジしたソアラやプレリュードは
エクステリアデザインが不人気で
先代みたいに売れ行きが良くなかったそうです
あと当時2代目パジェロを中心にSUVブームがやってきて
スペシャリティーカーブームが去ったのが原因だと思います
近いうちフルモデルチェンジ予定の次期パジェロは
エクステリアデザインは人気だった初代&2代目みたいにしてほしいです。
[ 2011/04/21 22:00 ] [ 編集 ]
二代目パジェロ私も一時期購入を考えました当時は四駆と言えばパジェロて言葉が出てきて三菱と言うより日本の名車の1つです。今の販売状況は正直寂しい数字ですが元々この手のカテゴリーの車は販売台数が少なかったので元のマーケットに戻っただけです 今はミニバンがちょっと衰退して車そのものがダウンサイジングしています。SUVもエコな今の時代に日本市場で売り続けるならハイブリッド化や小型化は避けられないですね
[ 2011/04/22 08:20 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
パジェロミニに乗られている女性は今も多いですね。もっとも、パジェロミニの場合、4WDだけではなく、2WDのモデルもありますから、あれこそ“ファッションとしてチョイス”ですね。
[ 2011/04/22 10:37 ] [ 編集 ]
シークレット様

コメント、ありがとうございます。
3代目はなんとなくボテッとしたパジェロでしたね。現行は多少すっきりしたものの、まだまだボテッとしてますね。
現在、この手のクルマが不振となっているのは、個人的には大きくなりすぎたからではないかと思っています。他のカテゴリーのクルマも全体的に大きくなりましたが、この手のクルマはもともと大きかったものがさらに大きくなりました。現行のパジェロ・ロングは4900×1875mm、アルファードよりもでかいんですよね。
[ 2011/04/22 10:53 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
本格四駆がブームになったり、2ドアクーペがブームになったり、ミニバンがブームになったりと、今までいろいろなブームがありましたが、最近では“スポーツカーのようなミニバン”、“クーペのようなSUV”、“クロスオーバーSUV”等、それぞれのいいとこ取りをしたような折衷案ともいえるクルマが増えてきました。
これも時代の流れなんでしょうね。
[ 2011/04/22 11:10 ] [ 編集 ]
暫くブログを拝見しない間に、2台もコメントをすっ飛ばしてしまいました。残念。
パジェロいいですね。この頃はまだジープやごついデリカも販売されていたと思いますので、四駆の三菱というイメージがあります。私も欲しかったのですが、価格との折り合いがつかず、サーフにしてしまいました。
[ 2011/04/22 12:59 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
パジェロ人気が絶頂だった頃は、サーフ、テラノ、ビッグホーン等の競合車種も賑やかで、ごついカンガルーバーと大きなフォグランプを取り付けて走る姿が定番でしたね。都会の街中でこれらのクルマが溢れている光景って、ある意味ちょっと異様でしたね。
[ 2011/04/22 18:07 ] [ 編集 ]
私もカンガルーパー&フォグランプはお約束で付けていました。雪道でフォグランプは役にたちましたが、カンガルーバーはこんな田舎でも1度もその役割を果たした事はありませんでした。もっともカンガルーは出るわけも無く、しょっちゅう出没しているタヌキやムジナはバーの下を抜けていきました。
[ 2011/04/23 11:22 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
四駆には定番だったカンガルーバーも、その危険性が指摘されるようになってからはすっかり少数派になりましたね。そもそも当時のカンガルーバーはフォグランプの台座としての意味合いが強かったようですので、最初からフォグランプが用意されるようになった最近のクロカン車にはあまり必要がないですね。
[ 2011/04/23 16:54 ] [ 編集 ]
自分が小学生だった頃は、まさにRVブームまっただ中でした。パジェロが人気だったのは知ってましたが、月販台数で1位になるほど売れていたとは、驚きです。
タイヤ交換の時だけ自宅に招いてくれるという、その女性、おもしろいですね。お菓子がないだけならともかく、缶コーヒーなんて…。
[ 2011/05/15 00:38 ] [ 編集 ]
ゆうすけ様

コメント、ありがとうございます。
缶コーヒーを出してちゃんとお礼を言ってくれただけまだ彼女はまともなほうでした。当時はアッシー君、メッシー君、ミツグ君という言葉まであったぐらいですからね。
[ 2011/05/15 10:54 ] [ 編集 ]
30年近く四駆乗りです。
この2代目は確かにバカウケしてましたね。
あの異常な四駆ブームの火付け役と言っても良いでしょう。
悲しきかな、こきたない(泥汚れ)車体には滅多にお目にかかれず、ワックスギンギンの物ばかりでした。
まぁワックスは泥にも有効ですが・・・。
クロカン族には、Jトップがウケてましたね。
18インチタイヤにより最低地上高(デフ下)があり・リアデフロックで走破性もなかなか良く、ただタイヤ選択がありませんでした。

[ 2011/07/09 14:37 ] [ 編集 ]
英語でcarlos様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、キラキラ輝くとても綺麗な“オフロード車”が街に溢れていましたね。まあ、私も人のことはとやかく言えません。数年前に買ったマウンテンバイクは一度も“マウンテン”を走ったことがなく、今でもテカテカのままです。サスペンションまで付いた自転車なのに、主な用途は“磨くこと”ですからね。
この手のクルマが本領発揮するのは、10年落ちで安価に入手し、ボロボロになるまで乗り潰してやろうというユーザーの手に渡ったときなのかもしれませんね。
[ 2011/07/09 21:28 ] [ 編集 ]
はじめまして。いきなりですが、うちのお父さんの愛車がこの型のショートに乗っています。もう新車から乗って16年になりますがまだまだ現役です。少し故障した所も有りますが・・・ ちなみにグレードはV63000です。あとMTなのでクラッチ重いそうです。
[ 2012/07/25 00:04 ] [ 編集 ]
セダンマニア様

コメント、ありがとうございます。
ご尊父様にとってきっととても愛着のあるクルマなんでしょうね。そういえばパジェロには現行型にもMTが用意されていますから、メーカーも流行に流されずにパジェロを愛するファンを大切にしているんでしょうね。
[ 2012/07/25 14:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。