旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・三菱・ランサーエボリューション5(GF-CP9A型) 

110417a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110417a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110417a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110417a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110417a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110417a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1998年に三菱から発売されたランサーエボリューション5(GF-CP9A型)です(本来ローマ数字を用いるべきですが、なぜかローマ数字は文字化けしてしまうので、アラビア数字を使用します)。1992年に4代目ランサーをベースとしたランサーエボリューションが発売されてから、ほぼ1年ごとにモデルチェンジされ、この時点で5代目ランサーベースのエボ5となりました。大きなタイヤやブレーキを収めるためにエボ5からは3ナンバーのワイドボディとなり、その迫力あるスタイルからエボ5は今でも人気が高いクルマですね。

 さて、三菱ランサーエボリューションといえばスバル・インプレッサWRXと並んで、世界中に熱狂的なファンを持つ日本の代表的なハイパフォーマンスカーです。ライバル関係にあるこの2台はお互いに毎年性能アップを続け、WRC撤退後もその勢いは続いていますね。先行き不透明で自粛ムードが日本中に蔓延している今日ですが、この2台はこれからもずっと今の路線を突き進んで行ってほしいものです。

 それにしてもこのエボリューション5、ガンダムチックなスタイルが際立っていますね。当時、仕事の関係で三菱自工の水島工場にちょくちょく出入りしていたのですが、発売前のエボ5を初めて見たとき、これが日本向けランエボの新型だとは思いませんでした。エボ4までは、派手とはいえまだまだ控えめで、いかにも“羊の皮をかぶった狼”という雰囲気がありましたが、これはもう“狼の皮をかぶった狼”、つまり狼そのものですね。三菱自工の方からこれがもうじき発売されるエボリューション5だと聞いたときには、思わず笑ってしまいました。個人的には歴代ランエボの中でも、エボ5がもっとも“ランエボらしい下品さ”を備えていると思います。

 そういえば、当時の三菱には、エボ5に勝るとも劣らないぐらいの“下品さ”を備えたクルマがたくさんありました。ギャランやレグナムのスーパーVR-4、それにFTOやミラージュアスティのバージョンR等、三菱デザインが際立ったエアロパーツで固められた特殊グレードが台数限定で次々と世に送り出されました。カタログはいろいろといただきましたが、それらの実車にはほとんどお目にかかったことがありません。ランエボの台数限定車はすぐに予約でいっぱいになりますが、これらの台数限定車は本当に限定台数を生産したんでしょうかね?ちょっと疑問です。

 相変わらず自動車業界も全然元気がありません。こんな時こそ、“三菱らしい下品さ”をフル動員して、見ただけで思わず笑いが出るようなクルマを出して、世の中を明るくしてほしいものですね。昔はRVRにランエボのエンジンを積んだグレードを出したりしていましたから、コテコテのエアロで固めたRVRエボリューションなんていうのも面白いかもしれませんね。

ランサー・GSRエボリューション5(GF-CP9A型)
全長×全幅×全高 : 4350×1770×1415mm
ホイールベース : 2510mm
車両重量 : 1360kg
エンジン : 直4DOHCターボ 1997cc 280PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/04/17 17:30 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(4)
よかった時代の三菱を象徴する車として私はパジェロとGTOを思い出します。パジェロは言うまでもなく四駆ブームの立役者として、GTOはバブル期にわいてきたスーパーカーブーム?に三菱もFFギャランベースで作った三菱流スーパーカーです。元々三菱は技術的なものに関してはいいものを造っていた歴史があるのでまた自動車業界を驚かせる車?の発売を願っています
[ 2011/04/18 12:43 ] [ 編集 ]
コメント頂いたバッテリー活用術は、もっと世に広めたいですね・・・私も普通に交換時はショップで処分してもらってましたが、ちょっと認識をあらためたいと思います。

さて、ランエボは、個人的には友人が乗っていたコンパクト(?)なⅢあたりが好きでした。セダンでバカッ早のスポーツ車というのが魅力的でした・・・「4WD+ターボ」というカテゴリーが、ラリー以外でもスポーツマシンとして確立されたのは、GT-Rに手が出なくても楽しめる功績を作った点あたりで、三菱の技術力が評価されますよね。

よくインプと比較されてましたが、見た目の存在感ではランエボのほうが圧倒的に上でした!ちなみに「下品」なⅢのリアウィングで、当時独身の友人は物干し竿代わりに洗濯物を干したとか!?
[ 2011/04/18 20:09 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
パジェロ、GTO、どちらも濃かったですね。特にGTO、初めてあのクルマを見たときには、やっぱり笑ってしまいました。と同時に、フラッグシップスポーツでああいう味付けをできるメーカーは三菱だけだと感心する思いもありました。
このエボ5も然り、三菱の“下品さ”は、人々に笑いと勇気(蛮勇かも?)を与えてくれます。OEMラインナップで取り繕うだけではなく、“強烈な三菱の下品さ”を発揮して欲しいものですね。
個人的には“三菱の下品さ”は大好きです。
[ 2011/04/18 20:19 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
エボ3は、先代ランサーベースの完成形とも言えるクルマでしたので、完成度はかなり高かったと思います。ちょっと女々しい感じだったベースのランサーが、“三菱の下品さ”によってあそこまで精悍なクルマになってしまうのですから、三菱のセンスはある意味、抜群ですね。
今後、リアウインドーに入れる熱線をリアウイングに2,3本入れておけば、曇天でも布団を干せるランエボができるかもしれませんね。三菱グループには三菱電機もありますから、“三菱の下品さ”をとことん煮詰めていってもらいたいものです。
[ 2011/04/18 20:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。