旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・三菱・ギャラン(EA/EC型) 

110401a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110401a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110401a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110401a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110401a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110401a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1996年に三菱から発売された8代目ギャラン(EA/EC型)です。1996年といえば、阪神淡路大震災の翌年です。このギャランは当時戦後最大の自然災害といわれていた阪神淡路大震災の翌年に、『先進の、その先へ。GDIギャラン』という、いかにも希望の持てるキャッチフレーズとともに鳴り物入りで登場し、1996年のカー・オブ・ザ・イヤーを獲得したクルマでした。

 三菱のGDIエンジンがその後どうなったか、そして三菱自動車がその後どうなったかは今日書こうとしている記事内容の趣旨に反しますのであえて書きません。

 実はこのギャラン、当時勤めていた会社で営業車として私にあてがわれていたクルマでしたから、かなりの距離をこれで走りました。個人的には世間で言われていたようなGDIエンジンの問題点に遭遇することもありませんでしたので、スタイル、走行性能含めてとても気に入っていたクルマでした。もっとも、私が乗っていたギャランの場合、給油は会社のカードでしたからもちろんハイオクしか入れていません。それにフルメンテナンス契約のリース車でしたので、ディーラーで頻繁にオイル交換や点検をしていたため、私が知らないうちに不具合部品が交換されていただけだったのかもしれませんが・・・。

 さて、いろいろと問題があったGDIエンジン、そして当時の三菱自動車の体制ではありましたが、阪神淡路大震災、そして地下鉄サリン事件も発生して混乱していた日本が何とか落ち着きを取り戻しつつあった時期に“世界初の”GDIエンジン搭載車を発売してくれたことはクルマ好きの私にとっては嬉しいニュースでした。しかしながら諸問題を抱えていた“世界初”だったため、復興の顔として後の時代に語り続けられる存在とはならなかった点は少々残念でしたね。

 現在、東北関東大震災は未だ全容が掴めておらず、福島原発の問題も長期化の様相を呈してきました。自動車メーカー各社も満足な操業ができていない状態が続いています。今後、エネルギー政策を含めて多くのことがこれまでとは変わった形で展開されていくことが予想されますが、なんとかこの困難を乗り切って、『先進の、その先へ』進んでいかなくてはなりません。

 日産リーフのバッテリーは、満充電だと二、三日ぐらいは一般家庭で消費する電力を賄えるそうです。そして電気自動車やハイブリット車に使われているバッテリーは、クルマに使うには5年から10年が使用期限だそうですが、その廃バッテリーは家庭用蓄電池として十分使用できるとのことで、廃バッテリーを使った安価な家庭用蓄電システムが実用化されようとしているそうです。

 私自身も、倉庫に放ってあった廃バッテリー(私のは普通の12Vバッテリーです)を充電し、インバーターと接続して簡易的な非常用電源を作りました。今、動作試験を兼ねて、その簡易非常用電源にPCを接続してこの記事を書いています。

 被災地や原発避難区域の方々はもちろんのこと、現在は日本中が震災の影響で大混乱しています。皆が知恵を出し、皆が協力して『先進の、その先へ』進んで行きたいと思います。

ギャラン・VR-G(EA1A型)
全長×全幅×全高 : 4620×1740×1420mm
ホイールベース : 2635mm
車両重量 : 1240kg
エンジン : 直4DOHC 1834cc 150PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/04/01 12:06 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(4)
誕生したGDIエンジンですが燃費にムラがあるのとNOX対策にコストが必要な為、短命に終わりましたね私も旧型ノアの前期に乗っていましたが直噴エンジンでも今乗っているエスティマより燃費はよくなかったです。トヨタも今の直噴エンジンはストイキタイプに変わりました。聞くところによると直噴ガソリンエンジンに必要な高圧の燃料噴射ノズルの特許は三○○機が持っていたらしいです
[ 2011/04/02 08:07 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
三菱のGDIエンジンはちょっと期待はずれで終わってしまいましたが、私はマツダ党なので、もうじき出る予定のSKY-Gにとても期待しています。とはいえ、GDIの事例がありましたから、購入するとしてもしばらく様子を見てからですね。前評判がとても高い状況が、当時の三菱GDIの時ととても似ているように思われて、ちょっと心配です。
[ 2011/04/02 12:06 ] [ 編集 ]
こんにちは。以前パルサーで書き込みしました。

廃バッテリー活用のお話、大変勉強になりました。
現在、クルマについては、物流という観点でガソリン確保の重要性が取り沙汰されています(最近ちょっと落ち着いてきたかな)が、身近にこんな形でも震災復興に貢献できる例があるのだと、本当に頭が下がる思いです。もっと多角的に目を向けなければと、あらためて感じました・・・

さて、ギャランですが、GDIエンジンの議論はともかく、この先代モデルあたりからのクラスを超えた過剰装備とそれに対する値ごろ感、当時はちょっと魅力でした!もともと「セダン大好き」なので、日産派の私としても当時かなり目を奪われました。多分装備だけなら、ワンクラス上のクルマを網羅してましたし・・・セダンでも「VR-4」のような、ホットモデルが存在したのも今では考えられませんよね!!





[ 2011/04/17 17:42 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
ラジコンの親電源用にと、バッテリー交換時は古いバッテリーを処分せず倉庫に保管し、定期的に充電していました。古いものは10年以上前のものもありますが、クルマの始動はできなくとも、ラジコンヘリの始動は十分できています。
ワニ口で直接インバーターを接続するだけで結構いろいろな家電製品が使えましたので、自分でもびっくりしています。
[ 2011/04/18 09:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。