旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東日本巨大地震について その2 

 震災から10日以上過ぎましたが、未だ事態はまったく収束しておらず、被災地では行方不明者の捜索が続いており、福島原発では懸命な復旧作業が続いています。毎日、新聞やニュースを食い入るように見ていますが、良くないニュースばかりが続き、なかなか精神的に落ち着くことができません。避難所生活をされておられる方々の心中を考えると軽々しく“頑張ってください”と言うことすらできません。

 福島県や茨城県等では、予想はしていたものの、とうとう野菜の出荷制限や摂取制限が始まってしまいました。同じ農業従事者として、苦労して育てた野菜が出荷できないばかりか、自分でも食べることができない辛さを考えると、悔しさや怒りを通り越して悲しくなってきます。

 農業に従事されておられる方は、自ら進んで農業に取り組んだ方もおられれば、先祖代々の農地を守るために会社を辞めて農業を継いだ農家の跡継ぎの方も多くおられることと思います。田畑は生き物ですから、一年手を入れずに放っておくと元の状態へ戻すまでにかなりのエネルギーが必要となってしまいます。今まで必死に管理してきた農地が放射能汚染されてしまったわけですから、東電や国が損害を全額補償したとしても、そんなものは気休めにしかなりません。

 福島原発の状況が今後どのように収束していくのかはまだまったくわかりませんが、再度営業運転して発電を開始することはまずないと思います。となれば、1年の中でもっとも電力消費が少ないこの季節に計画停電をしなくてはならないぐらいですから、電力消費のピークとなる夏場に東電管内がどのような状態になるかと考えると想像するだけで怖くなってきます。

 このブログはクルマがテーマなので少しクルマの観点から見てみると、本来EV元年となるはずだった今年に、まさか大震災、そして原発事故が起きて計画停電をする事態になるなんて想像もしていませんでした。

 リーマンショックの後、100年に一度の大不況を乗り切るよう、自動車業界頑張れ!とのことでこのブログを始めましたが、まだ2年少々しか経っていないのに今度は1000年に一度の危機が来てしまいました。ちょっと何を書いてよいのかわからない状態です。

 トヨタも日産も操業が止まってしまっています。本来なら今頃フィットシャトルをこき下ろすような記事を書いていたはずだったのですが、フィットシャトルの発表・発売も延期となってしまいました。

 今後、国のエネルギー政策も大きく変わると思います。スリーマイル島原発事故が起きてから30年以上も米国では原発が1基も造られなかったように、おそらく今後日本で新たに原発が造られることはないと思いますし、現在運転中の原発もどんどん縮小していくと思います。

 HV、PHV、EVへと電気への移行が進みつつあった自動車業界ですが、肝心の電力供給が怪しくなってきました。現在一般家庭でも太陽光発電を導入している方が多くみえますが、この際発想を転換し、電力会社が発電効率の良さそうな一般家庭の屋根に太陽光発電を設置し、発電場所を分散することも必要かもしれません。個人で設置された方については発電分は今まで通り還元し、電力会社負担で設置した家庭についてはたとえその家庭の太陽光発電によって発電された電力であろうとも今まで通り使った分の電気代を請求すれば不公平感は生まれません。それに万が一災害等で広域停電となった場合でも昼間なら少々の電源が使える場所を数多く確保することができます。

 今回の大震災はあらゆる意味でとてつもなく大きく、震災被害、原発被害はまだまだ拡大していくと思います。国が、自治体が、特定の事業者が、というのではなく、我々国民一人ひとりも長期にわたって知恵を出し、行動していかないと乗り切ることはとても難しいのではないかと思います。

[ 2011/03/23 16:23 ] その他 | TB(0) | CM(2)
東北関東大震災で亡くなられた方、被害に遭われた方の事を思うと心が痛みます。あの地震で日本が失ったものは大きいですがまたその地震から学んだ事もあるので国全体が前を向いて歩いていかないといけませんね。電力や燃料の供給も滞ったままでやはり生活に必要なものは未だに被災地には不足しています。電気自動車も鳴り物入りで発売になりましたが停電時の対策も練り直す必要もあるかと?この地震を見て感じました。いずれにせよ国が復興対策をしっかりして一日も早く元に戻れるようになる事を願っています
[ 2011/03/24 08:23 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、多くのことを学んで前へ進んでいかないといけませんね。とはいえ、農産物にせよ水道水にせよ、調査すればするほど影響が表面化してくる現状はとても心配です。仮設住宅を用意したとしても、再びそこから避難しなくてはならない事態になれば、混乱が増幅されるだけだと思います。
原発から40キロ離れた場所のホウレンソウは摂取制限となっているのに、住民は屋内退避にもなっていない状況にはちょっと疑問を感じています。一刻も早く事態を収束させ、徹底的な調査で正確な現状把握をしてほしいと願っています。
[ 2011/03/24 13:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。