旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・スプリンターシエロ(AE91/92型) 

110308a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110308a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110308a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110308a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110308a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110308a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1987年にトヨタから発売されたスプリンターシエロ(AE91/92型)です。6代目スプリンターの5ドアハッチモデルとして“シエロ”というサブネームを携えて誕生しましたが、日本ではやっぱり5ドアは受け入れられず、一代限りで消滅してしまったとても影の薄いクルマでしたね。

 さて、このスプリンターシエロ、特に個性的といえる部分もなく、ごくごく普通の大衆車なのですが、実はこのクルマ、バブル期の当時、私が買おうか買うまいか悩んでいたクルマでした。大きさも価格も手頃で私好みの5ドアハッチバック、世の中カネが飛び交っていた時期だったとはいえ、最廉価グレードは120万以下のモデルもありました。まさに私好み。
 当時仕事の都合で都内で生活しており、クルマ無しの生活をしていました。クルマが必要なときには会社のクルマを使っていましたので特に生活に不都合はなかったのですが、やっぱり自分のクルマがないのは寂しい。ということでちょうどお手頃だったのがこのクルマ。しかしクルマはお手頃でも駐車場がお手頃ではなく、自分が住んでいたアパートからかなり遠いところで、しかもアパートの家賃とあまり変わらないぐらいの月極しかありません。
 世の中カネがあり余っていても、私のところにはなぜかあまりありませんでしたので止む無くスプリンターシエロのマイカー計画は頓挫。
 クルマがダメならバイクでも、と考えてバイク屋さんをいろいろと回ったものの、肝心の二輪免許を私は持っていません。自動車学校へ通う時間もなかったのでバイク購入計画も頓挫。結局5万円ほどのマウンテンバイクもどきを購入し、それが普段の足となりました。

 久しぶりにスプリンターシエロのカタログを見て、当時の生活を思い出しましたが、今考えるとあの時にシエロを購入しなくて本当に良かったと思っています。だいたい自宅から遠く離れたところに駐車場があったら、自家用車を所有するメリットがあまりありませんよね。と言ってもそれは田舎者の感覚で、都心部ではそれが当たり前なのかもしれませんが・・・。

 現在、格差社会という言葉がよく使われます。所得の格差、都市と地方の格差、その他もろもろの格差がありますね。都心の生活、地方都市の生活、ど田舎の生活、いろいろと体験してみましたが、やはりもともと田舎の百姓の家で育ってきましたので、ど田舎の百姓生活が私にはもっともしっくり来ます。なんといっても田舎は敷地面積の感覚が都会とはまったく異なりますので、ご近所さんも含めて庭の中でクルマの向きを変えられるようなところばかりです。おかげで私は今でも車庫入れがとても下手で、スーパーへ買い物へ行っても、入り口から遠く離れた空いているところに駐車します。
 最廉価グレードのスプリンターシエロですら買えなかった人間とシーマやセルシオを買っていた人間、格差社会の底辺に私はいますが、あまり底辺にいるという実感はしません。なんだか不思議なものですね。個人的な話で恐縮ですが、なんだかシエロを見てとても懐かしい思いがしました。

スプリンターシエロ・Xi(AE91型)
全長×全幅×全高 : 4215×1655×1365mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 1010kg
エンジン : 直4DOHC 1498cc 94PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/03/08 12:20 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(8)
5ドアハッチバック。私もこのタイプは好きですが、国産車からは駆逐されましたね。原因としては、後部座席への直射日光がきつかったのも一因ではないでしょうか。
私も都内に住んでいたとき、学生でしたのでさすがに車は持てませんでしたが、バイクは400CCの物を購入してツーリングクラブに入っていました。
驚いたのが駐車場の価格。アルバイト先の事務所が乃木坂だったのですが、そのマンションの駐車場の1ヶ月の料金が10万円。その立体駐車場の中から出てくるのが、約30万円で購入したという中古の黄色い日産チェリーでした。ちなみに、姉と共同で住んでいたアパートの家賃は4万7千円でした。矛盾だらけです。
[ 2011/03/08 13:01 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
私も学生時代、都内に住んでいました。まあ私の場合、学生時代は原付免許すら持っていませんでしたから、足は実家から送ってもらった高校時代の通学用自転車でした。
それにしても、バブル期の東京の駐車場(東京の地価)って、ちょっと異常でしたよね。当時、仲の良い友人で、新宿に昔から住まれている大資産家の息子という方がいました。何度か彼の家へ遊びに行ったことがあるのですが、“これのどこが大資産家?”というのが私の第一印象でした。
100坪あるかどうかの狭い敷地に小奇麗な軽量鉄骨のプレハブ住宅、私の感覚では田舎の建売分譲住宅にしか見えませんでした。でも新宿にあれば、“大資産家”なんですね。広大な土地を持っていても“貧乏人”の田舎者にはちょっと理解できない世界でした。
[ 2011/03/08 20:32 ] [ 編集 ]
大資産家でなくても、私は友達や親戚が遊びに来て、らくらくと自分の敷地内に駐車できる田舎のほうがいいですね。
[ 2011/03/09 12:38 ] [ 編集 ]
 カローラシリーズのこの世代はかなり高級志向でしたね。
設計陣はマークⅡと同等の品質だと自慢していましたから。
個人的にT社はあまり興味が無いのですが、このスプリンターは良くできた車だったと思います。

 車好きにとって街での暮らしは窮屈ですね。
中古で良いからもう一台欲しいと思っても、駐車場が・・・
アパート暮らしを始めた頃、玄関を開けてもすぐに車がない生活はとても不便で寂しいと思いました。
[ 2011/03/09 13:54 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
私も同感です。それに都会の生活って、収入は多少良いかもしれませんが、それ以上に無駄なカネが出ていくので、意外と田舎のほうがいい生活ができるんですよね。
[ 2011/03/09 17:11 ] [ 編集 ]
藤重行様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、玄関を開けてすぐに車がないという状況はとても寂しいですね。駐車場代もさることながら、大事な愛車を遠く離れた場所に放置しなければならないという精神的な面も断念した理由のひとつでした。
やっぱりクルマ好きとしては“庭で洗車ができる”という状態でいたいですものね。
[ 2011/03/09 17:18 ] [ 編集 ]
確か豊田自動織機が生産担当していた車ですね。今のプリウスのような富士山型トライアングルのスタイルで出ていたら?5ドアも売れていたと思います。当時の5ドアはセダンの後ろ半分にハッチバックを取り付けた車が多くバランス的には不恰好なものが多かったので市場には受け入れにくかった感があります
[ 2011/03/09 17:53 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
同じ5ドアといっても、プリウスのスタイルは当時のクルマとはまったく異なる方向から行き着いた5ドアなので、当時はプリウスのようなデザインの発想がなかったでしょうね。
[ 2011/03/10 08:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。