旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ホンダ・アコード(CA1/CA2/CA3型) 

110304a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110304a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110304a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110304a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110304a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110304a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1985年にホンダから発売された3代目アコード(CA1/CA2/CA3型)です。先代よりも一回り大きくなり、排気量も1.6L/1.8Lから1.8L/2.0Lに拡大されました。3ドアハッチバックが国内版ではエアロデッキと呼ばれる一風変わったスタイルで発売されたことが話題になりましたね。

 さて、この3代目アコード、当時のホンダらしさがとてもよく感じられる素晴らしいクルマでした。DOHCエンジンの説明では“ホンダのF-1レーシング・テクノロジーを惜しみなく投入した最先端のパワーユニットです”と解説され、FF車世界初となる4輪ダブルウイッシュボーン・サスペンションの説明では、“F-1の脚として、他を圧する潜在能力を秘めながら、量産車では至難とされていたメカニズムがいま、アコードに実現。”と解説されています。当時のテレビCMでもDOHCと4輪ダブルウイッシュボーンがかなり強調されていましたから、ホンダとしてはF-1で培ったこの2点が3代目アコードの大きなセールスポイントだったんでしょうね。とはいえ当時、4輪ダブルウイッシュボーン・サスペンションという言葉をCMで見て、どの程度の視聴者がそれをセールスポイントだと思っていたのかは疑問ですが・・・。
 “ハイパワーエンジン搭載”と言われればハイパワーなクルマだんだと誰でも思いますが、“なんとかサスペンション搭載”と言われてもそれがどんな意味を持つのかはなかなか理解できませんね。そのあたり、技術に対して真摯に向かい合っているホンダらしくて、個人的にはPRの仕方についてもとても好感が持てました。

 それにしてもこのエアロデッキのスタイルはインパクトがありましたね。ホンダ自身もカタログで“ホンダだからつくり得た鮮烈な個性。”と自画自賛している通り、確かにこのデザインはホンダでないとできないと思います。特に“ガルウイング型テールゲート”と呼ばれるルーフ後部ごとがばっと開くテールゲートにはびっくりしました。当時友人と、オカマ掘られたときにどの部分まで割れるんだろうかとずいぶん真剣に話し合った記憶があります。どうせ真剣に話し合うのならもう少しホンダがセールスポイントとしていたエンジンやサスについて話し合えば良いのですが、類は友を呼ぶと言われるように、私の友人はひねくれた方が多いので話題がいつもどうでもよいことばかりだったんですね。
 
 もうじき発売される予定のフィット・シャトル、ホンダのサイトであらかた公開されていますが、結構まともなスタイルでカッコいいですね。今時のクルマなので背が高いとはいえ、おそらく全長・全幅は3代目アコードのエアロデッキと同じぐらいではないかと思います。当然のことながら、サスペンションの解説など現時点では一言もありませんから“F-1の脚”はフィットシャトルのセールスポイントではないんでしょうね。そもそも“F-1の脚”は使われていないでしょうから。

アコード・エアロデッキ・2.0Si(CA3型)
全長×全幅×全高 : 4335×1695×1335mm
ホイールベース : 2600mm
車両重量 : 1080kg
エンジン : 直4DOHC 1958cc 160PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/03/04 18:08 ] 1980年代ホンダ | TB(0) | CM(4)
 この辺りはホンダらしさが出ていましたね。
このデザインは個人的にも好きです。
作り手の想いが消費者にも伝わっていた気がします。
[ 2011/03/05 02:30 ] [ 編集 ]
藤重行様

コメント、ありがとうございます。
“ホンダらしさ”というものも、きっと時代とともに変わっていくんでしょうね。F-1という拠り所がなくなった今、どんな“ホンダらしさ”を作っていくのかが楽しみです。
[ 2011/03/05 07:50 ] [ 編集 ]
歴代アコードでは一番革新的なこの型が一番好きです。エアロデッキも驚きでしたが私は当時平凡でつまらない?このMクラスセダンにリトラクダブルヘッドライトと2000ccDOHCエンジンを採用した事はホンダがセダンにも新しい風が吹いたと感動していました。正直今のホンダ車にはその当時の感動がちょっと…かな?旧型ステップワゴンが発売になった時横一線のデジタルメーターやつり目のフロントスタイル、低車高コンセプトにちょっと新しさを感じていましたが現行ステップワゴンは初代ステップワゴンのコンセプトの多人数乗りのバス化して?ちょっとワクワク感が無くなったのは残念です
ホンダには車好きがワクワクするような車を発売して欲しいです
[ 2011/03/05 08:03 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
今もホンダは“ないものを作る”という精神が健在で、その意味ではホンダらしいクルマがたくさん開発されていると思います。しかし当時よりもずっと大きな会社となり、“ないものを作る”の方向がトヨタと同じほうを向いているので当時ほどワクワクしないのでは?と個人的には思っています。
[ 2011/03/05 13:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。