旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・フェアレディZ(Z32型) 

110301a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110301a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110301a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110301a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110301a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110301a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年に日産から発売された4代目フェアレディZ(Z32型)です。先代まで続いていたロングノーズ・ショートデッキの伝統的なZスタイルからはガラリと変わり、3ナンバー専用設計でワイド&ローのバブリースポーツカーとして誕生しました。VG30DETT型のV6ツインターボエンジンが発する280PSという最高出力が後々まで続いたメーカー自主規制の基準となったことでも有名なクルマでしたね。初めて280PSという数値を聞いたときにはびっくりしたものの、それ以降、R32型GT-R、ホンダ・NSX、三菱GTO等の強烈な個性を持ったスポーツカーが次々と各メーカーから発売され、それらが全て280PS。ほんの一瞬で“えっ、280PSもっ!”から“なんだ、280PSかっ!”に見方が変わってしまった時期でした。バブル期というのは何でもありの時代でしたね。

 さて、このZ32型フェアレディZ、迫力あるスタイルで超高性能、現在でも根強い人気を保っている名車なのですが、個人的には歴代Zの中ではあまり好きなほうではありませんでした。非の打ち所がないといっても良いほどカッコいいスポーツカーとはいえ、この代を境に、フェアレディZが手の届かない存在になってしまったような気がしたものでした。

 もともとフェアレディZというクルマは高級スポーツカーといえども、庶民にも手の届くグレードも用意されていました。しかしバブル期という時代が影響していたのかどうかはわかりませんが、Z31型の後半ぐらいから庶民グレードが廃止され、Z32型に至っては価格も性能も、文字通り“高級スポーツカー”グレードしか用意されませんでした。Z32型の場合、NAとターボが用意されていたとはいえ、どちらも3リッターで300万オーバーのクルマ、上級グレードに至っては400万円オーバーのものもありました。シーマ現象で人々の金銭感覚が麻痺していたから当時は400万オーバーの価格設定でも高価と感じなかったのかもしれませんが、この代から確実に“クルマ好きのためのスポーツカー”から“お金持ちのためのスポーツカー”となってしまったような気がしています。

 その流れは現在も続いていますね。現行のZ34型は3.7リッターのグレードしか用意されていません。Z32型のキャッチフレーズにもなっている“スポーツカーに乗ろうと思う”という方が全て“スポーツカーで大パワーの走りを楽しみたい”と考えているわけではないと私は思っているのですが、実際のところどうなんでしょうね。
 
 自動車雑誌を読んでいると、専門家の方々は“このクルマにはもう少し大排気量NAによるトルク感が欲しい”とか“この車格にこのエンジンではアンダーパワーを感じる”というようなことをよく書かれています。プロの評論家は様々な高性能車を乗りこなし、運転技術も人並み以上に備えておられるからそのような感覚をもたれるのかもしれませんが、私は現行クラウンやスカイライン等大型セダンの2.5リッターグレードを運転しても、パワー不足を感じるどころか、“2リッターでもいいんじゃない?”と感じてしまいます。

 日産だけではなく、日本を代表するスポーツカーであるフェアレディZ、今後はどんなクルマになっていくんでしょうね。個人的にはやはり下位グレードと2by2グレードは必要だと考えているのですが、どうなることやら・・・。

フェアレディZ・300ZXツインターボ・Tバールーフ(CZ32型)
全長×全幅×全高 : 4310×1790×1250mm
ホイールベース : 2450mm
車両重量 : 1550kg
エンジン : V6DOHC 2960cc 280PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/03/01 15:21 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(4)
歴代フェアレディZでは130が好きです。排ガス規制で苦労したモデルですがあの西部警察の大門団長のスーパーZでも人気があって今でもあのスタイルは廃れていないです 確かにZ31はマイナーチェンジ以降ちょっと敷居が高くなったと言うよりスポーツカーコンセプトになりZ本来の高級スペシャルティカー的なコンセプトは薄くなりましたね。このZ32は正にバブルを駆け抜けた車で何もかもが大味な車でしたねそしてもう一つこの型を以て日産車体がフェアレディZの生産から撤退したのはちょっと寂しい気がします
[ 2011/03/01 21:21 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
大門団長のスーパーZ、私も憧れていました。Z31まではスポーツカーという印象だったんですが、Z32からはスポーツカーというよりもスーパーカーに思えてしまい、憧れることはあっても購入して乗りたいとはあまり思わなくなってしまいました。
[ 2011/03/02 10:23 ] [ 編集 ]
このZが出た時に、日本の車もここまで来たかと衝撃を受けました。この前までのZは歴代のデザインを崩さないようにしていた為、どこか引きずっていたような気がします。
それがこのZで吹っ切れたのではないでしょうか。まさに子供の頃に憧れていたスーパーカーでした。スーパーカーですから当然庶民には買えませんが。同じく三菱のGTOもスーパーカーでした。
[ 2011/03/03 12:59 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
Z32型のフェアレディZって、本当にスーパーカーでしたよね。その昔、日本のスーパーカーとして童夢・ゼロなるクルマが有名になりましたが、個人的にはこのZは童夢・ゼロよりもずっと“スーパーカー”でした。
このZに驚いているうちに、今度はホンダからNSXという、さらに強烈なスーパーカーが出ました。“なんだ、これは!”とびっくりしていたら、その興奮も冷めぬうちに、同じくホンダから520万円のナナハン、NRが出ました。当時、ほんの短期間の出来事でしたが、私の自動車観が変わってしまった時期でした。
[ 2011/03/03 20:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。