旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・カムリ(V20型) 

110226a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110226a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110226a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110226a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110226a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110226a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1986年にトヨタから発売された3代目カムリ(V20型)です。このカタログは1987年に2リッターV6搭載のプロミネントが登場したときのもので、バブル期特有の豪華絢爛なカムリとなっていますね。このカムリ、後に追加される4ドアハードトップは北米でレクサスESとして販売されていたそうなので、豪華な内装も納得できますね。

 さて、この3代目カムリ、とがったところはありませんが、室内はほど良く広く、運転しやすく、それなりに高級感もあってとてもよいクルマだと思っていました。当時国内ではマーク2三兄弟の人気が絶大で、いまいち影が薄い存在ではあったものの、FFとFRの違いなどよくわからない私にとっては、“街に溢れていない”という理由でマーク2三兄弟よりもカムリのほうが好きでした。
 いつの時代もマーク2三兄弟の、そして現在ではマークXの影に隠れていまいち存在感の薄いカムリですが、これは国内に限った話で、グローバルでは立場が逆ですね。カムリといえばトヨタを代表するグローバル・ベストセラーカーで、特に北米では絶大な人気を誇っています。

 国内ではこの3代目カムリのあと、国内専用の4代目、5代目カムリが発売されましたが、本来のカムリの流れは、3代目カムリの次は日本名のセプター、そして次がカムリ・グラシアと続いていきます。天下の大トヨタでも各国向けにそれぞれの専用車を用意することはなかなか難しかったようですね。
 カムリの流れを見ていると、メーカーはそれぞれの地域の人々が欲しがるクルマを用意するのではなく、もっとも数が捌ける地域向けのクルマを用意し、それが受け入れられない地域は見捨てていくという傾向がとてもよくわかります。まあ営利企業ですから仕方のないことではありますが、現在日本が日本メーカーから“見捨てられる地域”になりつつある状況はちょっと寂しいものですね。

 カムリの話からはちょっとずれますが、先日三菱のデリカD:2というクルマが発売されました。デリカD:5のようなごついスタイルのコンパクトミニバンならかつてのパジェロ・イオのような存在で納得できますが、スズキ・ソリオのSマークをスリーダイヤに変えただけのクルマです。今後、国内市場に投入されるクルマはこんなのばかりになっていくんだろうかと考えるとクルマ好きも卒業したくなってきますね。

カムリ・ZX(SV21型)
全長×全幅×全高 : 4520×1690×1395mm
ホイールベース : 2600mm
車両重量 : 1180kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 120PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/02/26 16:42 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(14)
カムリは正にグローバル化の礎を作った車ですね私はこのカムリより二代目ビスタ4HTが気に入っていたのでカムリはプロミネントが追加になるまで印象は薄かったです。世界的なマーケットで迷走したのはアコードも同じようなケースですねやはり「昔の名前」はどこの自動車メーカーも捨てられないのですね
[ 2011/02/27 15:42 ] [ 編集 ]
このカムリ、友達が「実家のクルマ」として、遊びに行く時よく乗せてもらいました。

しかも、セダンで「5速」!
この時代、ワインカラーの内装は高級感の象徴・・・

当時は現役で憧れてたのに、今見ると
ちょっと「どん引き」ですね(笑)

まさにバブル絶頂期、今では考えられませんが、当時は「クルマ」がトレンドステータスの時代、小排気量のクルマでも、いろいろ工夫されてましたっけ(たとえばローレルスピリット・・・、ベースはサニーですから!?)

あと特筆なのは、このカムリもそうですが、
カローラなどのトヨタ系4ドア大衆車にも当時「GT」という、スポーツグレードがありましたよね。

多分、購入する人はそんなグレードは見向きもしなかったでしょうが、たまに街中でそのグレード見ると、目線追っかけてしまいます!
[ 2011/02/27 18:56 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
カムリ、アコードともにグローバルではとても人気のあるクルマですから、世界的な視野ではあの手のクルマが求められているんでしょうね。まあ日本には“王様のカムリ”があることが救いですね。
[ 2011/02/28 09:03 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
当時はマーク2三兄弟を筆頭に、この手のワインカラー内装のクルマばかりでしたね。現在のトヨタ車が高級感を演出する手法は“木目調プラスチック”が主流になっています。どちらもあまり品が良くないですね。
[ 2011/02/28 09:16 ] [ 編集 ]
カムリネタではないですが、最近のOEMは本当にあきれますね。私もCMでチラッと「デリカD2」を聞いた時は、ひょっとしてあのごついデリカのスモールサイズ?と期待したのですが、何とその正体はスズキ・ソリオ。昔のネタで言えば「あんたにはガッカリだよ」ですね。
二輪の世界でも過去にカワサキのバリウスをスズキのGSX250FXとわけの分からんネーミングにして発売したことがありました。FXとはおそらく過去に発売されたカワサキのZ750FXあたりに気を使ったのではないでしょうか。二輪にはメーカーのエンジンを使ってフレームメーカーが独自にフレームを開発して搭載し、自社ブランドで堂々と販売するという手法があります。
二輪の世界が四輪のようにならないことを切に願います。
[ 2011/03/04 12:45 ] [ 編集 ]
この時代ならではの濃ーいエンジや青の内装たまりませんねえ・・・・私は大好きですよ。そしてデジタル表示のメーターがこれまたかっこ良すぎる・・・・。

デリカD:2・・・・仰る通り、開いた口が塞がらないとはこのことですよ。あんな意味不明な名付けをするくらいなら本家と同じ名前、「ミツビシ ソリオ」でええやん・・・・。それにしても、あからさまなコストダウンにOEMの嵐・・・・もうクルマなんか造るのやめちまえや!と思います。
[ 2011/03/04 13:10 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
二輪車にも造詣の深いカルロス様から二輪に関連付けられたコメントをいただけて嬉しいです。私は二輪免許を持っていませんが、二輪はクルマ以上に大好きです。(いまだに原チャリ小僧、がそんなことを言っても全然説得力がありませんが。でも大型二輪は運転できませんが、大型四輪は運転できますよ。)
二輪の世界と四輪の世界、個人的には衰退度合いは二輪のほうがずっと進んでいるような気がします。原付(二種含む)クラスのモーターサイクルはほぼ全滅、利便性の高いコミューターが中心となっています。そして売れ筋の250クラスも、主役を担う役割のNinja250はタイ生産の輸入車、もうじき出るホンダCBR250もタイ生産の車両です。これらって、四輪でいえばレビン・トレノのクラスですよね。
そして国内での人気車種はいわゆる“ビッグスクーター”、フュージョンやフリーウェイが出たときには“なんじゃこのカッコ悪いバイクは!”と思っていましたが、今ではそれらが主流。ちょうど四輪のミニバンですね。原付スクーターが軽のワゴンR、ビッグスクーターがノアやセレナと考えると、四輪の世界は二輪の世界を追っているような気がします。
幸いにも二輪の世界にはヤマハのSRがなんとか残ってくれています。四輪の世界でSRにあたるクルマがあってほしいものですね。
[ 2011/03/04 20:39 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
“三菱・ソリオ”、私もそのほうがいいと思います。さらに言えば、“三菱・スズキソリオ”のほうがもっといいかもしれませんね。工場稼働率を確保するために最近のOEMは進んでいますが、魅力のないクルマが売れなくて工場が稼動しないのは当たり前。消費者をバカにしているのか、魅力のあるクルマ造りを諦めたのか、それはわかりませんが、ちょっと“デリカD:2”はいただけませんね。
デリカトラックやランサーカーゴを選ぶ基準は、“値引き額”だけですからね。
[ 2011/03/04 20:52 ] [ 編集 ]
私はそれほど二輪に造詣が深いわけではありませんが、私の育った年代がバイク全盛期との背景があるのかもしれません。
確かに言われてみれば、現在の二輪の世界も惨憺たるものです。排ガス規制の名のもとにカブまでがインジェクション化され価格は高騰。オフ車は各メーカー喘いで、数えるくらいの車種構成。テレビのドラマに登場するバイクがもてはやされる。(おっとこれは既に過去の現象でした。例としてTW)学生は、ビジネスバイクに半キャップがカツコイイと思う。おじさんのつぶやきは尽きません。(泣)
[ 2011/03/05 00:21 ] [ 編集 ]
 国内では影の薄い存在になりましたが、アメリカではベストセラーですね。
それはしょうがない事だとは思いますが、昨今のOEM流行は本当にガッカリです。
コンセプトの全く違う物を無理矢理自社のブランドにして売るのはある種詐欺ですね・・・(^O^)
[ 2011/03/05 02:24 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
現在販売されている原付バイクで、クラッチレバーとチェンジペダルで変速するものは、ホンダのエイプとモンキーのみです。原チャリ中年オヤジには選択肢がまったくありません。
[ 2011/03/05 07:19 ] [ 編集 ]
藤重行様

コメント、ありがとうございます。
日産の大型セダンも三菱から販売されるそうなので、ここまで来たらフーガなりティアナなりにスリーダイヤを付けて三菱ディアマンテって売り出したら笑いを取れるかもしれませんね。まあ笑いといっても嘲笑ですが。
[ 2011/03/05 07:26 ] [ 編集 ]
私が大学のとき、父がハードトップのプロミネントに、乗ってましたな。ウ~ーンとっても懐かしいな。
[ 2013/03/03 21:40 ] [ 編集 ]
イストKUN様

コメント、ありがとうございます。
「とっても懐かしいな」というコメントが頂けると、とても嬉しく感じます。身近にあったクルマというのはいろいろな思い出が詰まっていますからね。
[ 2013/03/04 17:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。