旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・カペラ(GC型) 

110220a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110220a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110220a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110220a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110220a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110220a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1982年にマツダから発売された4代目カペラ(GC型)です。“たまらなく、テイスティ”な“瞬速、FFスポーツ”と呼ばれていたように、この代からカペラもFFとなりました。マツダは前々年に発売されたFFの赤いファミリアでカー・オブ・ザ・イヤーを獲得し、トヨタ・ソアラをはさんで、このGC型カペラでもまた獲得しましたから、各社がFF化を進める中で、マツダのFF化は快進撃を続けていたといっても過言ではありませんね。もっとも、その後2005年の現行ロードスターまで、マツダがカー・オブ・ザ・イヤーを獲得することはありませんでしたが・・・。

 さて、この4代目カペラ、イメージキャラクターに超大物のアラン・ドロン氏を起用し、工場まで新設して取り組んだことからもわかるように、マツダとしてはかなり気合の入ったクルマでした。実際に、派手さはないものの、すっきりしたデザインで、同時期にFF化されたトヨタ・カムリや日産・スタンザ等よりも洗練度が一段高かったような気がします。個人的には、このカタログには載っていませんが、後に追加された5ドアハッチがとても好きでした。

 この4代目カペラのカタログ、マツダファンやクルマ好き、またアラン・ドロン氏のファンにもオススメの1冊なのですが、注意深く読んでいくと、とても良いことが書かれています。

 以下、マグナムエンジン解説ページからの抜粋

・・・・多くの自動車広告では、「低燃費」で「軽量コンパクト」なエンジンがさかんにうたわれますが、それらは現代のクルマにとって当然の前提にすぎません。そこに「運転の楽しさ」が加わってこそ、初めてクルマの魅力が成立します。思いのままにキビキビ走る・・・それにはエンジンが「速く」なければなりません。・・・・

 今から30年近く前のカタログに書かれていたこととはいえ、この文章は現在のカタログでもそのまま使えますね。マグナムエンジンの30年後に世に出されることとなるSKYエンジンはいったいどんなエンジンなんでしょうね。前評判がとても高いのでちょっと心配ですが、試乗の機会がとても楽しみです。
 もしかしたら、SKYACTIVの解説ページには上記の文章がそのまま使われていたりして・・・。

カペラ・4ドアセダン・SG-X(GC8P型)
全長×全幅×全高 : 4430×1690×1395mm
ホイールベース : 2510mm
車両重量 : 995kg
エンジン : 直4OHC 1789cc 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/02/20 15:56 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(4)
この車は布施明さんが歌う たまらなく~ とアランドロンさんが自らハンドルを握って鮮やかに車を運転するコマーシャルがインパクトありました。実は私はこの車で運転免許を取得しました。今みたいにオートマチック免許がなくカペラの4速マニュアル車で当時の教習車は珍しく電動リモコンミラーとエアコンが装備されていてとても快適でした。当時のマツダ車にしては?作りもよかってクロノスなど造らすカペラをこの型から正常進化してもよかったと今振り返ると思います。マグナムエンジンの走りはよかったですよ
[ 2011/02/20 19:52 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
カペラもいろいろと紆余曲折を経て、最新型はアテンザとなりました。今のアテンザなら、きっとアラン・ドロン氏も自分がイメージキャラクターを務めたクルマの最新型として、納得しておられることと思います。
[ 2011/02/21 08:19 ] [ 編集 ]
すみませーん。特にこの車種に対してのコメントはありません。でも、楽しく拝見させていただいています。
今後も期待いたします。
[ 2011/02/23 12:45 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
“お詫び”だなんて、とんでもないです。私は記事を書こうと思ったときに書くだけ、そしてコメントを下さる方は、コメントをしようと思ったときにコメントするだけ。たかがド素人のブログ、それ以上でもそれ以下でもありません。
私は農家なので、温かくなってくると“農繁期”となります。今年は異常気象だったため、その“農繁期”のタイミングがちょっとおかしくなっています。
今日は果樹の剪定とジャガイモの準備に追われていました。本来、このふたつを同時にすることはありません。でも、今年はなんだかおかしいですね。
“晴耕雨読”ではありませんが、私のブログの更新は天気にかなり左右されますので、更新が滞っていたときには、“農繁期”と思っていただけたら幸いです。
[ 2011/02/23 20:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。