旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・ラングレー(N12型) 

110217a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110217a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110217a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110217a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110217a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110217a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1982年に日産から発売された2代目ラングレー(N12型)です。C10型スカイラインの“愛のスカイライン”と、C110型の“ケンとメリーのスカイライン”というキャッチフレーズをもじって、このラングレーは“ポールとポーラの新ラングレー、愛のミニ”という訳のわからないキャッチフレーズで登場しました。スカイラインの血統を強調している割には、この2代目ラングレーは初代や次の3代目ほど“スカイライン・ミニ”度は高くないですね。

 さて、この2代目ラングレー、初代のようにジャパンスカイラインのヘッドライトを無理やり組み込んだり、3代目のようにこれ見よがしな丸テールを組み込むというようなことはしていないので、“スカイラインズ・ミニ”として見なければ個人的には結構カッコいいとクルマだと思っていました。まあ一見してパルサーの姉妹車だとわかってしまうことはご愛嬌ですが、こういうコンパクトなスポーティハッチバックはある意味、本家スカイラインよりも運転の楽しさが味わえたかもしれませんね。

 当時、スカイラインズ・ミニのラングレーや、ローレル・ミニのローレルスピリットという半ばパロディとしか思えないクルマが発売され、日産もおかしなことをするなぁと思っていました。しかしながら最近になって、あらゆるクルマが巨大化した現在にこそ、こういう“何々・ミニ”というクルマが求められているのかもしれないと思うようにもなってきました。
 さしあたって、“スカイラインズ・ミニ”を今発売したら結構人気が出るような気がします。そもそも当時のスカイラインは、下位グレードはそれほど高価ではなく、このラングレーの上級グレードと同価格帯でした。R30型スカイラインの場合、1.8リッターの2ドアハードトップはこのラングレーの1.5GTよりも安価でした。
 その点、現在のスカイラインは下位グレードでもでかくて高価です。それにクーペなど、下位グレードがありません。3.7リッターモデルしか用意せずに「日本ではクーペが売れない」と言われても、個人的には「当たり前じゃないですか!」と突っ込みを入れたくなってしまいます。

 1.5リッター程度で現在のスカイラインのようにスポーティなセダンやクーペが“新型ラングレー”として発売されたら、冗談抜きで私は買いたいです。たとえ“ポールとポーラの愛のミニ”という恥ずかしいキャッチフレーズで登場しようとも、スポーティな小型セダンや小型クーペなら大歓迎です。とはいえ、現在の状況では“一見してティーダの姉妹車だとわかるクルマ”で、はるな愛さんが“愛のミニ”ってニコニコしながら紹介しているCMが流れそうで、ちょっと私が望むスカイラインズ・ミニは期待薄ですね。

ラングレー・3ドアハッチバック・タイプX(N12型)
全長×全幅×全高 : 3975×1620×1390mm
ホイールベース : 2415mm
車両重量 : 785kg
エンジン : 直4OHC 1487cc 85PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/02/17 15:47 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(6)
最近でも特にアピールはしてないものの、トヨタブレビス、日産旧ブルシル後期のテール廻りなんかはそれぞれ当時のセルシオ、ティアナをパロッたものでしたね。

本家の小型版より、まず本家が小さくならなきゃダメですね・・・・スカイラインは幅175、長さ465cm程度が丁度良さそうです。

ローレルスピリットなんかはサニーを厚化粧しただけ、所詮まがい物、みたいな冷めた評価をする人もいますが、2代目B12系なんかはキャビン部分以外はすべてサニーとは違う専用設計で、かなり力を入れて造り込まれている事は明らか。余談ながらスズキやミツビシの製品をベースにしてる軽自動車も「日産の軽」とアピールする割にはいまひとつオリジナリティに欠ける・・・・フロント廻りは特にモコなんかは本家スズキMRとは割としっかり差別化されていますが、リヤはエンブレム以外カンペキ共通( ̄  ̄;)・・・・。今時のクルマを見るとつくづく思います、手抜きもたいがいにせーや!と。
[ 2011/02/17 17:51 ] [ 編集 ]
突っ込みどころ満載ですね。特に旧車カタログコレクションを拝見すると、オーイと言いたくなります。若い女性が生地のカッティングをしていたり、プリンスレディの後ろにはしっかりスカイラインが写り込んでいるし。プリンスレディがお相手しますと謳っていますが、実際に鼻の下を伸ばして行ってもこのような当時の美人は絶対いないんでしょうね。(いつもながら車ネタでなくてすみません。)
唯一思い出した車ネタは、このラングレーのメーター周りのデザインがスカイラインと同じだったこと。キーオフで水平0指針というメータではなかったでしょうか。
[ 2011/02/17 19:05 ] [ 編集 ]
それなりに商売になったのは?日本のマーケットではエスティマルシーダ&エミーナあと初代パジェロミニあたりかな?日産としてはスカイラインと似せる事によりパルサーのと差別化が進んだと?思います
[ 2011/02/17 22:54 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、本家が小さくなってくれればそれに越したことはないですね。今のご時勢ですから5ナンバーサイズとは言いませんが、せめて2リッターグレードがあってもいいと思います。

プレマシーの日産版がどんな形で市販されるのか楽しみです。流れデザインのドアパネルそのままで日産から出たらちょっとショックですが・・・。
[ 2011/02/18 08:33 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
メーター周りがスカイラインと同じと言えば聞こえがいいですが、水平0指針はパルサーも同じです。まあ姉妹車ですからね。
[ 2011/02/18 08:40 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
パジェロミニの後に、パジェロイオというクルマが出ましたが、個人的にはパジェロイオぐらいのミニ度が理想です。
[ 2011/02/18 08:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。