旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・トヨタ・エスティマ(TCR11W/TCR21W型) 

110215a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110215a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110215a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110215a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110215a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110215a06.jpg
(画像クリックで拡大)

110215a07.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年にトヨタから発売された初代エスティマ(TCR11W/TCR21W)です。“天才タマゴ”というニックネームが付けられていたように、従来のワンボックスワゴンとはまったく異なる卵のようなスタイル、そしてエンジンをミッドシップでアンダーフロアに配置し、広大な室内空間と優れた操縦安定性を両立させた新世代マルチサルーンということで、登場時、ずいぶん話題となったクルマです。今でも根強い人気を保っていますから、街中でちょくちょく見かけることがありますね。

 さて、この初代エスティマ、知人が登場直後に購入したため、何度か運転したことがありました。当時、ミッドシップのワンボックスってどんなものなんだろうかと興味津々で運転しましたが、実際に運転してみるとあれっ、何か違和感が・・・。別に乗り心地が悪いとか、運転しづらいとかいうことはまったくありませんでしたが、鳴り物入りで登場した新世代サルーンってこういうこと?って何か引っかかることがありました。

 運転した時にすぐその違和感の理由には気付きませんでしたが、家でカタログを眺めていたらなんとなく運転時に感じた違和感の理由がわかってきました。エンジンをミッドシップに配置すると、このクルマの場合、ドライバーのお尻の下にエンジンがあることになるんですね。となると、クルマとしてはミッドシップレイアウトになっていますが、ドライバーとエンジンの位置関係は今までの商用バンベースのワンボックスと同じになるんですね。つまり私が感じた違和感は、“近未来的なスタイルと旧来の運転感覚が同居していること”だったんですね。初代エスティマでエンジン音が耳につくという声をよく聞きますが、きっとエンジンの振動を体で感じているから、実際に聞こえる以上にエンジン音が大きく感じられるのだと思います。

 とはいえ、トヨタ・エスティマ、当初は高いだの大きすぎるだのいろいろ言われていましたが、小型化したルシーダ/エミーナが出てからはとても人気が出て、親エスティマ、子エスティマなんて呼ばれていましたね。こんな思い切ったクルマが開発できたのもバブル期ならではのことだったと思います。

 その後、2代目エスティマからはカムリベースのFFミニバンになりました。アコードベースのオデッセイが大人気となりましたから、トヨタとしても無難な路線へ方向転換したのでしょうね。日産エルグランドも新型はFFミニバンとなりましたから、各メーカーがいろいろと試行錯誤した結果、ミニバンはFFがもっとも好ましいって具合に落ち着いたんでしょうね。

 まあなにはともあれ、初代エスティマは他に例のないユニークな存在ですので、現在乗られておられる方は存分にその乗り味を堪能していただきたいものですね。おそらく今後このようなクルマが世に出ることはないでしょうから。

エスティマ・2WD(TCR11W型)
全長×全幅×全高 : 4750×1800×1780mm
ホイールベース : 2860mm
車両重量 : 1770kg
エンジン : 直4DOHC 2438cc 135PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/02/15 15:04 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(14)
 本当にユニークな車でしたね。
このまま発展させて3列目シートの下にエンジンを横置きにしたら更に面白い車になったのでは・・・と
[ 2011/02/15 17:18 ] [ 編集 ]
トヨタが提携したスバルのフラット6エンジンを床下にレイアウトして初代エスティマのレイアウトを復活するプランも噂?されていましたが初代エスティマ同様専用のレイアウトを使う以上他車への転用が難しく減価償却をなかなか出来なくなり結果として初代エスティマのように10年以上生産する事になるからトヨタとしては営業上不利と?判断した節があります。二代目エスティマからはカムリのプラットフォーム&エンジンを使い回しにしたうえに減価償却に有利なアルファード、ヴェルファイア、ヴァンガード、RAV4、マークXジオなどの裏兄弟車が増えてメーカーはかなり儲けている感があります。私はエスティマを買った理由は10年乗っても色あせないスタイルです。初代エスティマのユーザーさんはスタイルと乗り味で長く乗っておられる方が多いですが今のエスティマはスタイルやデザインが売りなので乗り味に関しては他の車とさほど差はないです でもエスティマ以外に魅力のある国産車はあまり見当たらないので私もしばらくACR50型を乗りますね!
[ 2011/02/16 07:48 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
大型バスは最後尾にエンジンが搭載されていますから、意外とどこかのメーカーが開発するかもしれませんね。
[ 2011/02/16 10:07 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
エスティマは構造が変わっても特徴あるスタイルは変わりませんね。FFセダンベースだとオデッセイやウィッシュのようなスタイルに落ち着いてもよさそうですが、たまご型を保っている点はさすがエスティマだと思います。もっとも、変えてしまったらエスティマではなくなってしまいますね。
[ 2011/02/16 10:21 ] [ 編集 ]
エスティマが出てから暫くして、子供に車の絵を描かせるとこのタマゴ型を書く子が多いと聞いたことがあります。それくらいインパクトがあったんでしょうね。
ところで、ミニバンの定義ってあるんでしょうか。ミニが大小のミニなら、エルグランドやアルファードは決して小さくは無いですし、バンがVANであるなら商用車には見えませんが。確かアメリカのダッチあたりの大勢が乗れるボンネットのある2BOXカーが名前のルーツのような気がしますが。大国からすれば島国の車はミニなのでしょうか。アメリカと日本の解釈の違いでしょうかね。
ベルファイヤ(でかい)、キューブキュービック(明らかに無理あり)、フリード(5人乗りでも)、ウイッシュ(ワゴンぽい)、古くはクラウンワゴン(7人乗りあり)etc日本では全てミニバン?
[ 2011/02/16 18:22 ] [ 編集 ]
横レスすいません。今のエスティマの立ち位置は本格的なミニバンと言うよりミニバンとステーションワゴンの中間的な車、モノスペースワゴンと言う感じの車ですね。私を含めて現行エスティマは3列目を収納して使われるケースが多いのでミニバンよりステーションワゴンと割り切って使った方が使い勝手はいいです。トヨタ店では現行エスティマが発売になってクラウンエステートが絶版になりましたね
[ 2011/02/16 20:37 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
もともと米国で“フルサイズよりは小さい”という理由からミニバンという呼称が生まれたようですね。そもそも向こうのフルサイズとは、1960年代まで主流だった全長5.5m超、全幅2m超ぐらいの“古き良きアメ車”を指しているようです。実際、トヨタの“フルサイズピックアップトラック”タンドラの最大サイズは6m×2mを超えています。アルファードが小さく感じますね。
[ 2011/02/17 09:01 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
現在日本で“ミニバン”と呼ばれて販売されているものはほとんどがステーションワゴンの発展形だと思います。ちなみに私は先代デミオを、普段後席を収納してライトバンとして使っていますから、ある意味、2列目シートを省略したミニバンですね。
[ 2011/02/17 09:18 ] [ 編集 ]
kurumamaniacs様、ESTIMA X様私のつたない質問に親切に答えていただきありがとうございます。
日本人は神社に二年参りを行き、お盆はお寺にお墓参りに行って、チャペルで結婚式をあげる。つまり、カテゴリーに拘られない素晴らしい人種とのことが判明しました。
[ 2011/02/17 18:42 ] [ 編集 ]
初めまして。新規者ですが書き込みさせていただきます。

私は20代はじめの頃、初代エスティマを購入する事が憧れでした。

旅行が好きで多人数乗車(5人)が多かったのですが、当時乗っていたタウンエース(ワンボックスのディーゼル車)ではパワーが足りず上り坂や高速などでは明らかに役不足でした。(ただし車内は広かった!)
そのため、初期エスティマ(ガソリン2.4過給器無し)に試乗した時に感じたタウンエースと比較した加速トルクと走行安定感が今でも忘れられません。

その後、H6年式のVと言うグレードを中古購入しまして色々なところへ行きました。エスティマはよき思い出のクルマです。

現在は家族を持ちで愛車はVOXYですが、もし現代版ミッドシップエスティマの様なクルマが出たらまた欲しいです。

現在、ルシーダの後期最終型に乗っている友人がいますが、外観を見るかぎり今でも古さをあまり感じません。(エンジン等の機関は初期とあまり変わらずで古いですが^^;)

今でも1stエスティマ最終型は近所の個人中古車屋さんに激安で置いてあるのですが、見るとカッコいいです。

現在のエスティマはFFでパッケージングがまるで違うクルマですもんね。

昔のワンボックスワゴンって今でも好きです。
現在のバン型ハイエースを3列にカスタムする人も居る位ですので、旧ワンボックスワゴン特有の広大な室内空間が好きな人は今でも多いかもしれませんね。

長々と失礼しました。更新楽しみにしております。
[ 2011/02/18 04:04 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
車検証の区分もいい加減なものですからね。同じような形でも箱型であったりステーションワゴンであったり・・・。
[ 2011/02/18 08:38 ] [ 編集 ]
今はオヤジ世代様

コメント、ありがとうございます。
現在でも現役の初代エスティマを街でよく見かけますが、型落ちセルシオ同様、品のないアルミホイールやエアロパーツでひびが入ったゆで卵みたいになっている天才タマゴが増えてきたことがちょっと残念です。もともと優れたデザインのクルマって、いじればいじるほどカッコ悪くなっていきますね。
[ 2011/02/18 09:07 ] [ 編集 ]
俺の家では7年ほど前まで中期型のルシーダに乗っていました(子エスティマ)。

スペック:
4WD・4速コラムAT・6000回転3C-Tディーゼルターボエンジン・電動サンルーフ・5ナンバー・純正グリルガード・・・覚えているのはこれくらいです。

都合により、120000キロ乗ったところでハイラックスサーフに換えてしまいました。エスティマの方がずっとよかったです。

この車、当初は175万ほどで中古で購入しました。当初はピカピカで新車同様でした。エスティマの前はマスターエースサーフでした(パートタイム4WD・ディーゼルターボ・5MT)。
サンルーフの部分が盛り上がってたので、横から見るとトサカみたいでした(笑)。
ディーゼルなので、排気ガスは真っ黒、アクセルを踏めば「ガオオオーーーッ!!」という音がものすごかったです(特に夏場)。
スピードを出すときのうなるエンジンの音は今でも覚えています。その音は本当に最高でした。燃料代も安上がりでした。ターボが付いてたおかげで燃費もそれなりによかったのではないかと思います。300kmほど走っても燃料は半分より少し多く余っていました。こんなでかい車はディーゼルの方が有利だと思いました(あくまでも個人的な感想)。
この車、塗装が剥げやすいようで、長年乗っているうちに塗装がどんどん剥げていってしまってました。
まだまだ乗れていたはずだったのに途中でサーフに乗り換えて残念な気持ちです・・。
乗る機会があったらまた乗りたいなと思います。今でもエスティマが大好きです。
[ 2013/07/07 23:47 ] [ 編集 ]
zerodororo様

コメント、ありがとうございます。
エンジンの音や振動が感じられたほうが運転していて楽しい、と思われる方にとってはこのエスティマは最高のミニバンですよね。私もどちらかと言うとエンジンの存在を感じていたいほうです。
現在は大部分のミニバンがFFとなり、エンジンの存在をなるべく感じさせないようなクルマになってきましたね。ロードスターのような、エンジン音をあえてドライバーに聞かせる仕組みが施されたミニバンも面白いかもしれませんね。
[ 2013/07/08 15:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。