旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・パブリカ1000(KP30) 

090202a01.jpg

090202a02.jpg

090202a03.jpg

090202a04.jpg

090202a05.jpg

 1969年にトヨタから発売された2代目のパブリカです。当初700ccから始まったパブリカ(UP10)は1966年に800ccのUP20型に変わっていますので、これは3代目という考え方もあるかも知れませんが、スタイルが大幅に変わったということでこのパブリカ(KP30型)を2代目ということにします。
 さてこのパブリカ、初代のシンプルさがちょっと薄れ、カローラと似てきています。エンジンも1100ccと1000ccのモデルがありますから、「プラス100ccの余裕」というコピーで一躍人気車種となった初代カローラとかぶっているような気がします。この頃からトヨタの車種乱発体制が始まったのかもしれません。
 ちなみにパブリカという車名は現在ありません。パブリカ→パブリカ・スターレット→スターレットとなり、現在はきっとヴィッツがその役割を担っているのだと思います。ヴィッツ登場以前のトヨタ・コンパクトクラスはとてもにぎやかでしたね。スターレット、カローラ?、ターセル、コルサ等、ディーラー営業マンとオーナーぐらいしか区別ができないような兄弟車があふれていました。確か私の記憶では兄弟車乱発によるブランド力低下の反省からヴィッツに一本化したというような記事を読んだような気がするのですが・・・。
 しかしトヨタの車種乱発体制は一度や二度の反省ではびくともしないぐらい、筋金入りの強固さを持っています。さすが世界一の自動車会社です。つい最近はアルファードのフルモデルチェンジにあわせてヴェルファイアという、なんとも形容しがたい兄弟車が出たばかりですね。
 かつてマーク?、クレスタ、チェイサーとにぎやかだったクラスは現在マークXだけですが、ちょっと意匠替えしたマークY、マークZが出るのも時間の問題かもしれません。
 さてパブリカに話を戻します。このパブリカ1000、同じ車体に800ccエンジンを積んだUP30型もラインナップに入っています。面白いことに1100ccと1000ccは水冷エンジン、800ccは空冷エンジンです。素人考えでは水冷と空冷では冷却構造の違いから車体のスタイルも変わってくるような気がするのですが、きっとトヨタの技術力の前では水冷と空冷の違いなど取るに足らないことだったのでしょうね。

パブリカ1000デラックス(KP30-D)
全長×全幅×全高 : 3645×1450×1380mm
ホイールベース : 2160mm
車両重量 : 680kg
最高速度 : 140km/h
エンジン : 直4OHV 993cc 58PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

人気ブログランキングへ

[ 2009/02/02 15:37 ] 1960年代トヨタ | TB(0) | CM(6)
初代に乗っていたようです。私の記憶はその数台あとのカローラからです。

『トヨタの車種乱発体制は一度や二度の反省ではびくともしないぐらい、筋金入りの強固さを持っています。』
『なんとも形容しがたい兄弟車』
『時間の問題』
『取るに足りない』
面白い!
マツダもスポーツカーやロータリーエンジン開発に関しては、筋金入りの強固さであって欲しいものです。
しかし、昨今の経済状況により暗雲立ちこめ…
[ 2009/02/07 11:15 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
私も同感です。マツダがロータリーエンジンを造らなくなってしまったらロータリーエンジンが世の中から消えてしまいます。芸術品ともいえるロータリーエンジンなのですから、ずっと造り続けて欲しいものです。
[ 2009/02/07 13:37 ] [ 編集 ]
このパブリカ、なんて短いホイールベースかと、同車が現役だった当時幼児だった小生も強い印象を受けました。だって2160mmというホイールベースは例えばホンダN3や同ライフと比べて10センチと違っていないのだから。
しかしこのユーモラスな風貌の二代目パブリカ、その小回り性と機動性を買われて一時期かなり売れたことは否めません。現にこのパブリカ1100SL(ツインキャブ73ps)が大成建設のヘルメット姿のゼネコンマンを乗せて猛スピードでぶっ飛んでいくのを目撃したのを鮮烈に覚えています、やはり出来る行動派のための、若者の車だったのでしょう。
ただこうした若者のためのジャイアントキラー(その気になればクラウンやセドリックにも勝てる、小さくて辛い実用車という意味)として企画された二代目パブリカも実はライトや電装品など細かな部分の故障が多く、ハードに乗れる日産サニー(B110系)の敵ではなかったことも否めません。実際ツーリングカーレースでも常に110サニーの後塵を拝しておりました。
ともかく手に届く価格帯の弾ける性能を持った小型実用車こそが若者のクルマ離れを防ぐ鍵であるということを、先の元旦に初日の出に向かって関越高速を自分の2004年式トヨタヴィッツ1300ccでクラウンを日産フーガを、ボルボS40をぶち抜きながら走らせている間身にしみて考えていたぐらいです。
[ 2010/01/05 02:38 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
関東の方では元旦の初日の出の時間帯に高速を走れる状態だったんですね!私が住む愛知県では元旦は大晦日から降り続いた雪が積もり、近所の高速は通行止め、コンビニへ行くことすらままならず、結局一日中、庭の雪かきで終わってしまいました。
この積雪のおかげでミカンの木がかなり折れてしまい、小生、現在修復に奔走している状態です。
何はともあれ、昨年は『ハイブリット元年』、おそらく今年は『電気自動車元年』となるでしょうから、自動車マニアならずとも楽しみな一年ですね。
きっと電気モーターの軽自動車で「クラウンやフーガをぶち抜きながら」走る日も来ることでしょうから各メーカーの動向を注視したいですね。

今年もよろしくお願い申し上げます。
[ 2010/01/05 20:03 ] [ 編集 ]
自分の母(75歳)が免許とりましてv-16
初めて買った中古車

懐かしいですv-10
[ 2010/04/28 22:53 ] [ 編集 ]
yoyo様

コメント、ありがとうございます。
ダイハツ・コンソルテはこのパブリカのダイハツ版ですね。初期はパブリカの車体にダイハツのエンジンを積んでいましたが、そのうちにエンジンもトヨタ製になり、ほぼ同じクルマとなりました。
[ 2010/04/29 07:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。