旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・マツダ・ユーノス500(CAPP/CA8P/CAEP型) 

110211a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110211a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110211a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110211a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110211a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110211a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年にマツダから発売されたユーノス500(CAPP/CA8P/CAEP型)です。マツダを大ピンチに追い込んだ悪名高き5チャンネル体制時に発売されたクルマなので、ユーノス500と言ってもピンとこない方が多いかもしれませんね。もしかしたらこのクルマを外車だと思っていた方もおられたかもしれません。はっきり言って印象の薄いクルマでした。

 さて、このユーノス500、マツダご乱心の時期のクルマなので販売状況も芳しくなく、1代限りで消滅してしまったクルマでしたが、個人的には歴代マツダ車の中では五指に入るほどのカッコいいクルマだと思っています。20年近く前に発売されたクルマとはいえ、現在の感覚で見てもとても素晴らしいデザインで、カタログの“10年色あせぬ価値”という表記にも納得できてしまいます。もっとも、当時はユーノス500が“10年色あせぬ価値”を持ち続けたとしても、果たしてマツダが10年後まで存続しているだろうか、という状況ではありましたが・・・。
 5チャンネル体制だけあって、クロノスの兄弟車は5種類ありましたが、このユーノス500だけが5ナンバーサイズ、そして唯一カッコいいと思えたクルマでした。あとの4台は・・・なんか変でしたよね。

 それにしても当時のマツダはいろいろなクルマがありました。いろいろとありすぎてほとんど記憶に残っていないぐらいです。ユーノス・ロードスターとアンフィニ・RX-7はパッと思い浮かぶものの、後はどれも影が薄い存在でしたね。いや、影が薄いというよりも、存在すら知られていなかったクルマも多かったような気がします。それなのにマツダは5チャンネルでは物足らなかったらしく、アマティというプレミアムブランドも展開しようとしていたそうですから、ご乱心ぶりも筋金入りでしたね。そこまでして“マツダ”というブランドを隠したかったのでしょうかね?

 まあ、5チャンネル体制の失敗は後々高い授業料を支払わなくてはならないことになってしまったものの、フォード傘下での経営再建後、本来のマツダらしいクルマがたくさん出されるようになりましたから、結果としてはあの失敗も良かったのかも知れませんね。

 現在は各社とも過去の車種乱発体制を改め、極力ラインナップを絞る方向へ進んでいます。そして各社相互のOEM関係がとても活発になってきています。マツダ5チャンネル体制失敗の影響はマツダだけにしか及びませんが、メーカーの枠を超えた姉妹車が氾濫する状況というのはそれぞれのクルマにとってどんな影響をもたらすんでしょうかね。各社の主力車がOEMの対象となるようになったのは最近始まったばかりですので、ちょっと今後が心配ですね。

ユーノス500・20GT-i(CAEP型)
全長×全幅×全高 : 4545×1695×1350mm
ホイールベース: 2610mm
車両重量 : 1210kg
エンジン : V6DOHC 1995cc 160PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/02/11 15:11 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(12)
OEM戦略は今のところ上手くいっているみたいですね。一番の儲け頭はやはりボンゴかな?減価償却がとっくに終わった車を改良に改良をして長々といきらせた所で他社に売っているのだからマツダとしても美味しいかな?(笑)私はクロノス一族ではアンフィニMS-8が好きでした。セダンで今では珍しくないインパネシフトを取り入れるなどをしてデザイン面では見るべきものがありました。この当時のマツダは元気な頃の?三菱みたいに小排気量のV6エンジンが盛んでしたね
[ 2011/02/11 17:22 ] [ 編集 ]
この頃のマツダは確かに車種乱立でしたね。姉の旦那がアンフィニMS-8に乗っていたのですが、どこのどれと兄弟車か全くわかりませんでした。ユーノス?クロノス?アンフィニ?すみませんが、5チャンネル体制を一回整理して教えてもらえませんか。頭の悪い私には、マークⅡ、クレスタ、チェイサーの3兄弟が限界です。
[ 2011/02/11 18:23 ] [ 編集 ]
かの著名デザイナー、ジウジアーロが絶賛したといわれるユーノス500の流麗なスタイリングを超えるかっこいいデザインのセダンは、個人的にはいまだに無いと思っております。ただ、クルマ自体の出来は開発期間の短さもあってか、ベースとなったクロノスの熟成不足もあり、特に高回転型で伸びのいいV6ツインカムエンジンとATとのマッチングが悪く、ぎくしゃくした感じが最後まで抜けませんでした。なので、低速トルクはあまり無く、坂道でバックで車庫入れする場面ではクルマの動きに気を使ったのを思い出しました。バブル時代に設計したクルマらしく、左右非対称のドアミラー、ヘッドライトレンズはガラス製、低ボンネットを実現するための特殊な形状のバッテリー、エアクリーナーなどこだわりも多数ありました。
[ 2011/02/11 21:33 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
MS-8はペルソナ後継という位置付けでしたから、他のクロノス一族が消滅した後もしばらくは存続していましたね。三菱のV6は確か1.6リッターもあったような記憶があります。今の感覚では信じられないですね。
[ 2011/02/12 09:36 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
カペラセダンの位置に、マツダ・クロノス、アンフィニ・MS-6、ユーノス500、オートラマ・テルスター、オートザム・クレフの5台が投入されました。さらに同じ車格で、ペルソナの後継としてアンフィニ・MS-8も発売されました。ほとんどが販売不振だったため、94年にカペラセダンが復活したのを機に消滅していきました。
MS-8だけは、ペルソナの後継という位置付けだったために、97年まで存続したようです。
[ 2011/02/12 09:49 ] [ 編集 ]
ぬりかべ様

コメント、ありがとうございます。
このクルマ、ATの出来がいまいちだったようですね。マツダの新しいスカイGやスカイアクティブを搭載してもう一度ユーノス500を出せば“小さな高級車”として結構人気が出ると思うんですがね。
[ 2011/02/12 09:56 ] [ 編集 ]
スイマセン。クロノス兄弟には確かCD型カペラC2クーペの後継車マツダMX-6がありましたね当時流行りものの技術4WSを売りにしていましたがスタイルがクーペにしてはあまりスタイリッシュではなかったので早々と消えてしまったみたいですね。私はマツダで一番好きなスタイルの車はランティスの5ドアですマニュアル車に試乗したことありますがなかなか活発に走る車だったような記憶があります。私は自動車学校ではGCカペラセダンで免許取得しましたのでマツダ車には少し思い出がありますちなみに歴代カペラではGC型セダンが一番完成度が高くスタイルもよかったと思います
[ 2011/02/12 13:14 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
2ドアクーペのMX-6もありましたね。ヒラメみたいなクーペだった記憶があります。同じ姉妹車のクーペでもフォード・プローブのほうがカッコいいと思っていました。
ランティス5ドアは系譜的に今のアクセラスポーツにあたりますね。いい車でしたけど出た時期が悪くてちょっと残念でしたね。
[ 2011/02/13 08:31 ] [ 編集 ]
私の稚拙な質問に丁寧に答えていただきありがとうございます。マツダ・クロノス、アンフィニ・MS-6、ユーノス500、オートラマ・テルスターまでは聞いたことがありますが、オートザム・クレフ・・・初耳です。
[ 2011/02/13 17:31 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
オートザム・クレフ、このクルマ、おそらくカッコ悪いものが多いクロノス系の中でもっともカッコ悪いと思います。そのようなクルマを軽の販売店に投入するというマツダの心意気に感心していました。
[ 2011/02/14 05:56 ] [ 編集 ]
1992年のマイチェン後に購入しました。5FにしたのはABSとビスカスLSDが標準で付いていたから。結果これがとても良かったです。5Fはとてもよく動くし、エンジンの吹け上がりは最高で重量も軽く、空気抵抗も0.29と当時の最高数値であったため常磐道ではリミッターカットまであっという間でした。燃費も高速では20km/lを記録しましたた。スタイリングも最高でした。その後パジェロミニを衝動買いしてしまい、後で後悔する羽目に。ただ高速でスピード違反により何回も捕まったので、そのまま乗っていたら免許がなくなっていたかもです。
でも初恋のように本当に忘れられない車です。
[ 2013/03/21 22:56 ] [ 編集 ]
500好き様

コメント、ありがとうございます。
V6エンジンとMTの組み合わせは、現在では一部の高級スポーツカーを除いてまず手に入らないものですね。一昔前まではごく普通にあったのですが、なんだか寂しくなりましたね。
会社勤めをしていた頃、私もよく常磐道を走りました。流れがとても速くて恐かった記憶があります。くれぐれもスピードはほどほどに、安全運転してくださいね。
[ 2013/03/22 13:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。