旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ホンダ・アコード(AC/AD型) 

110203a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110203a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110203a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110203a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110203a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110203a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1981年にホンダから発売された2代目アコードです。このカタログは1983年にマイナーチェンジされたときのもの(AC/AD型)、この小変更で、フロントがスラントノーズに変更され、新型12バルブ・クロスフローエンジンが搭載されるようになりました。セダンもハッチバックも、基本的に初代アコードの流れを引き継いだデザインとなっていますね。
 
 さて、ホンダ・アコードといえば、もともとシビックを卒業した客層へより上級のクルマを提供するために開発されたクルマでした。初代アコードも最初はシビックよりも一回り大きな3ドアハッチバック車として登場しましたね。本来は決して高級車ではなく、コロナやカリーナのように比較的庶民に身近な存在のクルマでした。
 そんなアコードも現在はずいぶんと貫禄のある大型高級車へと成長し、昔からのアコードファンからかなりブーイングを受けるようになってしまいました。

 あくまでも個人的な考えですが、実はアコードが現在のような状態になったことの発端は、この2代目アコードの時期にあったような気がします。表紙の拡大画像をご覧ください。写真の左下には『ACCORD MADE IN USA』のロゴがあり、『アメリカで日本初の乗用車生産を開始し、ヨーロッパで絶賛を浴びるアコードが、いま、さらにワールド・ワイドな車へと進化した。』との説明が書かれています。
 
 ご存知のように、この2代目アコードは日本車としては初めて米国において現地生産されたクルマです。オハイオ州のホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチュアリング(HAM)にて1979年に二輪車の生産が開始され、1982年からはこの2代目アコードの生産も開始されました。そして米国内で高い評価を受け、その後はHAMから世界各国へ輸出もされるようになり、“世界のアコード”となりました。現在では国内ではパッとしないものの、アコードは世界的に人気があるグローバルカーとなっていますね。似たようなクルマにトヨタ・カムリもありますが、どちらも日本ではいまひとつ。なんだか国内ではついでにラインナップに入っているって感じのクルマになってしまっていますね。

 国内におけるアコードにとってさらに不運だったのは、RVに出遅れていたホンダがアコードのプラットフォームにミニバンのボディをのっけてオデッセイを造ったら大ヒット。この時点でホンダは“日本向けアコード”に見切りを付けてしまったんでしょうね。台数の見込めない日本向けアコードに経営資源を割り当てるよりも、オデッセイを“実質的な日本向けアコード”にしてしまおう、と考えたのかどうかはわかりませんが、現在のホンダ・ラインナップを見るとそんな気がしてしまいます。

 まあホンダも当時とは比べ物にならないぐらい“大手”自動車メーカーになりましたから、アコードをちっぽけな日本市場に縛り付けるのではなく、世界に羽ばたくグローバル・ベストセラーカーに育てなくてはならないんでしょうね。まあ日本人向けにはフィットとミニバンを用意しておけばみんなが喜んでくれますからね。

アコード・ハッチバック1800・RXT(AD型)
全長×全幅×全高 : 4255×1665×1355mm
ホイールベース : 2450mm
車両重量 : 950kg
エンジン : 直4OHC 1829cc 110PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/02/03 14:13 ] 1980年代ホンダ | TB(0) | CM(6)
実は六代目のユーザーでした。歴代アコードでは革命を起こした?三代目が好きでしたスタイル、走りがホンダらしく一番ポリシーがありました。私はアコードは原点回帰してホンダのハイブリッドを設定したらまだ売れる余地があると思います
[ 2011/02/03 21:43 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
アコードは5代目から6代目へ移行するときに一度ダウンサイジングをしていますので、もし次の代が出るのであれば、もう一度ダウンサイジングしてほしいものですね。現行型アコード、贔屓目に見てもちょっとでかすぎると思います。
[ 2011/02/04 11:36 ] [ 編集 ]
確かに今のアコードは大きくなりましたね。特に対向車でアコードワゴンとすれ違うと、「なんだそれ」と思わずツッコミを入れたくなります。
ところで、以前プロジェクトXで見たのですが、最初のカーナビはホンダが開発。その時はGPSではなくガスレートジャイロを使用していて、車体の動きを噴出すガスの曲がりで検知していたとか。そのカーナビが搭載されたのがこのアコードだったようです。その他にも、クルーズコントロールやステアリングテイッチ等の豪華装備が満載でしたね。
[ 2011/02/04 12:55 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
ジャイロ方式のカーナビについて記事を書きたかったのですが、このアコードの時に用意されたナビはディーラーオプション扱いだったようで、このカタログにはナビに関する記載がなく、記事にすることができませんでした。
まあ、実は“コリオリの力”の解説などアル中気味の百姓オヤジには不可能ですから、カーナビの記載がなくてホッとしたというのが正直なところですが・・・。
[ 2011/02/04 20:06 ] [ 編集 ]
 この2代目で1クラス大きくなりビガーとかアスコット、インスパイア等の兄弟車も出てきましたね。
中には1代限りのモデルも結構ありますが、ホンダはこの頃から国内向けと北米向けの差別化を意識していたのかも知れませんね。
 
 それにしても個性的な車屋だったホンダも利益追求型の大メーカーに成りましたねぇ・・・(-_-)
[ 2011/02/04 22:53 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
それぞれの国向けに売れるラインナップを揃えるのは企業としては当然のことなんでしょうね。しかしながら、ミニバン嫌いの私には、Honda USAのサイトに紹介されているラインナップがとても魅力的に見えてしまいます。まあ隣の芝生が青く見えるだけかもしれませんが。
[ 2011/02/05 09:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。