旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・カペラ(CB型) 

110130a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110130a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110130a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110130a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110130a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1978年にマツダから発売された3代目カペラ(CB型)です。“国際車宣言、カペラ。驚異の「空力ボディ」で新発売!”ということで華々しく登場しましたが、個人的にはいまいち印象の薄いクルマでした。それもそのはず、マツダからはこのカペラが登場した半年前に、強烈な印象を与えた歴史的な名車、サバンナRX-7が登場していましたので、私の関心はそちらへ全部向かってしまっており、カペラにまで注意が行っていなかったんですね。

 当時のマツダのラインナップは武田鉄矢さんが映画で乗られていたファミリア、サバンナRX-7、縦2灯ヘッドランプのルーチェ・レガート、そしてこのカペラ等でした。現在のように全てがマツダ顔で統一されているラインナップとは正反対で、それぞれがまったく異なる雰囲気を持っていました。似たような顔で大きさだけ異なるラインナップも考え物ですが、あまりにも方向性がバラバラのラインナップもちょっと考え物ですね。

 さて、この3代目カペラ、“国際車”と謳っているように、海外、それもヨーロッパに主眼を置いて開発されていたそうです。現在でもマツダ車は欧州では高い評価を受けていますが、国内での評価はいまひとつ。マツダはこの頃からそんな状態に慣れちゃっていたんでしょうね。
 ちなみに個人的には、このカペラは“外れタクシー”というイメージを持っています。なぜか、この型のカペラセダンはタクシーとしてよく使われていました。タクシーを拾おうと通りかかるタクシーを待ち、クラウンやセドリックが来ると“当り”、そしてこのカペラが来ると“外れ”。カペラには申し訳ないですが、当時そんなふうにこのカペラのことを見ていました。

 今あらためてこのカタログを見ると、2ドアハードトップはなかなかカッコいいですね。しかし4ドアセダンについての印象は残念ながら当時のままです。今見ても条件反射のように心の中で“外れ”と呟いてしまいます。同じ顔をしていても2ドアと4ドアではずいぶん印象が異なるものですね。

 ところで、マツダの“国際車”といえば、ミニバンでは珍しくMazda5として国際展開されているプレマシーが、日産へOEM供給されることなりました。どの程度の差別化がなされ、どのような名前で日産プレマシーが販売されるかはわかりませんが、国内販売においては、マツダ・プレマシーよりも日産・プレマシーのほうがたくさん売れそうで、マツダファンとしてはちょっと複雑な気分です。まあ後々“外れタクシー”という印象が残るよりは日産のスポーティーミニバンという印象が残ったほうが良いのかもしれませんが・・・。

カペラ1800ハードトップ・スーパーカスタム(CB2VS型)
全長×全幅×全高 : 4305×1660×1355mm
ホイールベース : 2510mm
車両重量 : 1015kg
エンジン : 直4OHC 1769cc 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/01/30 12:59 ] 1970年代マツダ | TB(0) | CM(11)
 そう言ったら失礼かも知れませんが、この頃のマツダはかなり苦労してましたね。
これは確かルーチェのプラットホームだったと記憶してますが・・・
ファミリアのモデルチェンジに嘘は有りませんが、グランドファミリアの土台に無理矢理ハッチバックのボディーを載せた物でしたし・・・・
 プラットホームの共有化は今では当たり前の様に行われてますが、最初からそれを前提に設計した物でなければ無理が見えてくるかと。
スタイルも幾らこの時代でも古くさいと言うか、とてもデザインと言える様なものでは無かったと・・・(^_^;)
[ 2011/01/30 16:55 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
オイルショックの影響でロータリーが苦戦するようになってしまいましたから、FFファミリアが大ヒットするまでのマツダは苦しかったようですね。
そして苦境を脱出したら今度は拡大路線が裏目に出てまたもや大ピンチに。マツダという会社、とっても人間味があって私は好きです。
[ 2011/01/31 11:17 ] [ 編集 ]
国際車というが、確かに当時の装飾過剰気味の国産車と比較してクリーンなスタイリングではあるが、地味ですよね。ファミリアやルーチェにしろデザイン低迷期なのか、後期型はともかく前期型のフロントマスクはダサイです。当時の長々とした文章の広告が印象に残っており、日本でCd値なるものを広く知らしめたあたりは当時のマツダのこだわりを感じますが、クルマとしてはいまいち印象に乏しい気がします。
[ 2011/01/31 18:58 ] [ 編集 ]
AIC様

コメント、ありがとうございます。
このカペラ登場よりも前に、三菱ギャランΛや日産のジャパンスカイラインが既に販売されていました。おっしゃる通り、カペラは地味でしたね。
[ 2011/02/01 10:27 ] [ 編集 ]
いつもブログを見るのを楽しみにしています☆これからも楽しく読ませて頂きますね(*^_^*)
[ 2011/02/02 17:13 ] [ 編集 ]
いつも楽しみにして見ています。私はこのカペラの後期型の教習車で運転免許を取りました。もうかなり昔でトシがばれそうですが…カタログスペックをみると今ではあたりまえのパワステ、パワーウインドウもなく、質素な装備ですね。エアコンも後付けが当たり前の時代だったので装備欄には載ってないですね。この時代のこのクラスはまだFR車がほとんどで、MTの比率のほうが多かった気がします。このカペラには悪い印象はないですね。座席のサイズもたっぷりとしていて今の車と違いますね。カラフルな内装色など今の車にも見習って欲しい点がいっぱいあります。
[ 2011/02/04 11:28 ] [ 編集 ]
ぬりかべ様

コメント、ありがとうございます。
昔の車のカタログを見ていると、今の車がいかに快適装備満載かがわかりますね。プリウスの車庫入れ支援機能を体験したときにはぶったまげました。でも個人的には人間がいろいろと操作しなくてはならないシンプルなクルマのほうが好きです。
[ 2011/02/04 12:02 ] [ 編集 ]
 私が今から遡ること28年前に免許を取るため、通った自動車学校は「ルーチェ」(レガートのマイナーチェンジ版いわゆるベンツマスクルーチェ)の教習車でした。
 結婚する前に、妻が免許を取りに行っていた時、自校の裏に朽ち果て寸前の「このカペラ教習車(後期型)」がなぜか放置してあり、「なんで置いてあるの?」と思いつつ不思議な感じで眺めていました。 因みに、妻はギャラン&ランサーの教習車で免許を取得しましたが、あの放置カペラ教習車はなんで置いてあったのか、今だに謎です。(整備不良の教習でしょうか?)
 でもその自校、今の教習車は「アクセラ」を使っていますが、かっこいい車だけに、「整備不良の教習車」にだけはしてもらいたくないです。
[ 2012/03/19 23:33 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
アクセラの教習車って、意外なことに、国内のラインナップには存在しない1.6Lなんですよね。そして当然のことながら、教習車なのでMTも存在しています。
http://chiba-mazda.dealer.mazda.co.jp/070/20110810184615753-2N.pdf
新型になってMTがなくなってしまったので、海外向けをあてがったのかもしれませんね。
[ 2012/03/20 09:44 ] [ 編集 ]
  kurumamaniacs 様が「スプリンターLB」を現在UPしてみえるのにこんな割り込み投稿で、誠に申し訳ありません。
 でも、「教習車仕様のカタログ」があったなんて今まで全く知りませんでした。それに、「教習車」って思っている以上に様々な装備があるんですね?私は非常時の教官用ブレーキぐらいしか分かりませんでしたが・・・。
 これからも、旧車カタログ以外に「珍車版カタログ」のUPも期待しています。
 あと、これ私の「トリビア」なんですが、カペラシリーズは「入国管理局(入管)」の緊急車両(パトカーといっていいのかな)によく使われているみたいです。
 10年ほど前、名古屋入管に「クロノス」のルーフにパトライトを載せて、水色のラインを引いた、なんとも緊急車両に不似合いな入管の車を見たことがあります。
 
[ 2012/03/21 22:36 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
教習所というのはまとまった台数を定期的に更新してくれるから、販売会社にとっては結構おいしいお客さんだと思いますよ。うちの近所の教習所には、受講生獲得の売りにするためか、BMWの3シリーズとレクサスISの教習車もあるようです。
トロトロ走っている仮免のBMWやレクサスの後ろに付くたびに、初心にかえって自分自身の運転や安全確認に慢心がないかどうかを自問自答しています。
[ 2012/03/22 10:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。