旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・コロナエクシヴ(ST180/181/182/183型) 

110127a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110127a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110127a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110127a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110127a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110127a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年にトヨタから発売された初代コロナEXiV(ST180/181/182/183型)です。個人的にはとてもカッコいいと思っていたコロナクーペの販売状況が芳しくなかったため、モデルチェンジを機に名前も変えて、4ドアハードトップのコロナエクシヴとして誕生しました。細かな意匠が多少異なるものの、実質2代目カリーナEDとほとんど同じクルマです。

 さて、このコロナエクシヴ、今となっては絶滅してしまった背の低い4ドアハードトップ車ですが、当時はこの手のクルマが多かったですね。初代カリーナEDが大ヒットして、各社その対抗馬を発表するようになり、日産プレセアやマツダのペルソナなど、居住性よりも流麗なスタイルを重視したクルマがとても流行っていました。初代カリーナEDの直系後継車であるコロナエクシヴは、2代目カリーナEDとともに、“バブリー版の初代カリーナED”のような存在でしたね。個人的には、コロナクーペに負けず劣らず、とてもカッコいいクルマだと思っていました。

 その後、時代の流れでこの手のクルマは徐々に消滅していくこととなってしまいましたが、背高コンパクトカーやミニバンが溢れている今、改めてこの手のクルマを見るととても新鮮な気分になりますね。
 オヤジ世代になってくると、どうしてもハイトコンパクトやミニバンよりもこういう流麗なスタイリングのクルマに惹かれてしまいます。現在でもメルセデス・ベンツを始めとする高級車ではこの手のスタイルのクルマが用意されていますから、お金を持っているオヤジ世代にとっては選択肢が残されているとはいえ、お金を持っていないオヤジ世代には寂しい時代になってしまいました。やっぱり世の中、カネなんですかね?

 150万から200万円程度の予算でクルマ選びをすると、当然候補は1.5リッターから2リッターの大衆車クラス。この価格帯からハイトコンパクトやミニバン系を除くと、国産車のラインナップは全メーカーを合わせてもとても少ないんですよね。その点、当時はクーペ、4ドアハードトップ、セダン、ステーションワゴンなど実に豊富に揃っていました。なんといってもカローラセレスやスプリンターマリノなどというクルマまであったぐらいですからね。まあ1代で消滅してしまいましたが・・・。

 ディーラーへ行っていろんなクルマに試乗していると、最近のクルマでひとつ気付くことがあります。ミニバンは別として、安いクルマになればなるほど運転席が広くなっていくような気がしませんか?マークXやスカイラインに乗った後にフィットに乗るとこのことがとても実感できます。そして150万円クラスではマークXやスカイラインのようなタイト感を味わえるクルマがないことも実感できます。
 そんなことを考えながらこのカタログを見ていると、コロナエクシヴって、きっとすごく魅力的なクルマだったんだと思います。

コロナ・エクシヴ TR-G(ST183型)
全長×全幅×全高 : 4500×1690×1320mm
ホイールベース : 2525mm
車両重量 : 1250kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 165PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/01/27 16:03 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(6)
私はこのフロントグリルとリヤスタイルは余り好きではありませんね。初代カリーナEDは好きでしたが、確か2代目からはエクシブとともに3ナンバーになったと思います。それとも3代目からでしたか?
初代のカリーナEDを身長175位の仲間が買ったのですが、天井の内張りに髪の毛がくっつくのが難だと言っていました。このことからも車高が低いのがうかがえますね。
[ 2011/01/28 13:01 ] [ 編集 ]
この車を見ると元気な時代の日本、自動車メーカーを思い浮かべます。確かこの型ではトヨタ車では初めて4WSが採用されたような?あとメーカー純正のスーパーライブサウンドシステムを初めて採用したりしてバブルの時代を反映した車作りの象徴でした。今は効率のいい車ばかりが売れる時代でこのような4ドアHTは消滅しましたがまたいつかスタイリッシュな車が出てきてほしいですフォルクスワーゲンにはパサートCCが似たような?コンセプトを持つ車ですね
[ 2011/01/28 15:46 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
3ナンバーになったのは、3代目のカリーナEDからですね。私はごく平均的な身長なので、このような背の低いクルマが好きなんですが、長身の方には辛いかもしれませんね。確かに清原さんやシュワちゃんがコロナエクシヴに乗られる姿は想像できません。
でも清原さんはフェラーリに、シュワちゃんはテスラに乗られていたそうですから、長身だから車高の高いクルマにっていうわけでもなさそうですね。
[ 2011/01/28 19:54 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
安全性の観点から、おそらくこのような4ドアハードトップが出ることは難しいと思いますが、流麗な4ドアセダンは十分期待できると思います。個人的には、アンダー2リッタークラスでこういうクルマが賑やかな状態になってほしいです。レクサスブランドで充実したラインナップを揃えられても私には縁のない世界ですから・・・。
[ 2011/01/28 20:00 ] [ 編集 ]
 この頃は我も我もと各社から4Dr HTが出てきましたね。
仕舞いにはカローラセレス、スプリンターマリノなんて物まで・・・
それをヨーロッパの(特にドイツ勢が)奇形だと非難してましたが、今ではベンツやBMを筆頭にかつての日本の様に雨後の竹の子状態ですね。
 これを時代の流れと言うのでしょうか?
それにしてもヘッドライトの中にウインカーを組み込む等、ゲルマン人の車、安全に関する意識変わってしまった野でしょうかねぇ・・・・(-_-;)
[ 2011/01/30 16:46 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
高級車だと車体の大きさに縛られることがないから自由なデザインができるのかもしれませんね。
ドイツ車に限らず、プロジェクターライトやLEDライトができてから、ヘッドランプのデザインは変わりましたね。昔ながらの丸目や角目がかえって新鮮に感じられます。
[ 2011/01/31 11:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。