旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・ホンダ・ステップバーン・S-MX(RH1型) 

110124a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110124a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110124a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110124a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110124a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1996年にホンダから発売されたステップバーン・S-MX(RH1型)です。初代オデッセイから始まったクリエイティブ・ムーバーと呼ばれるホンダRV車の第4弾として若者向けに登場しました。昔からのクルマ好きにとってはデザイン・内容ともにどうにも受け入れがたいクルマでしたが、ホンダの読み通り、若者のあいだでは結構人気があったようですね。このカタログは標準タイプでもあまり良くない乗り心地を、メーカー自身がローダウン化を施し、さらに悪くしたS-MX・ローダウンの専用カタログです。

 さて、このステップバーン・S-MX、巷では『走るラブホテル』と言われていたクルマでしたね。コーナリング時の横Gから乗員の体をホールドするためのシート形状を犠牲にして、前席・後席ともにとてもフラットなベンチシートを採用し、カタログで説明されている通り、『フルフラットにすればセミダブルサイズのベッドになるシート設計』がなされました。
 それだけでは足りないので、『フルフラットシート時にベッドサイドテーブルとしても使える多彩な収納機能付のリア・システムトレイ(右側/照明付)』も装備し、かつてミシュランと提携してタイヤ事業を行っていたこともある日本の大手ゴム会社のゴム製品やウェットティッシュ等を収納する場所も確保されています。
 これだけ万全な設計をしたうえでカタログで『恋愛仕様。True Love』とまで謳えば、『走るラブホテル』と呼ばれても仕方ありませんね。“走る・曲がる・止まる”が高次元でバランスよく揃っているクルマが“良いクルマ”と世間一般では言われますが、このS-MXの場合、“駐車している時の使い勝手”という新たなベクトルを追加し、それをかなり優先して設計されているようですね。

 私は男ですから女性の心理はわかりません。でもここまで徹底した『恋愛仕様』のクルマで初デートの相手が迎えに来て、「なにもしないから大丈夫だよ。」と言ってもちょっと女性としては信用しづらいかもしれませんね。もし娘のボーイフレンドがS-MXに乗ってデートの迎えに来たら、世の父親の大部分はおそらく良い気分がしないと思います。きっとホンダにも娘のことを思う役員クラスの方がおられ、下心を隠した好青年が理性を失った狼に変身してしまった最悪のケースから女性を守る最後の手段として、左側には後部ドアを設置し、脱出口を確保させたのかもしれませんね。(あくまでも想像の話ですから本気にしないでくださいね)

 個人的には、ホンダのS-MXが出たときにはかなり違和感と嫌悪感があったのですが、最近はこの手のクルマが各メーカーからたくさん販売されていますので、たまにS-MXを街で見かけても何も思わなくなりました。人気車種でしたから現在でも中古車市場では数多くのS-MXが流通しています。しかし中古の『恋愛仕様』って、見知らぬ男女のいろいろなエピソード(他のものも?)が詰まって(付着して?)いそうなので、お祓いして(徹底的に洗車して?)からでないとちょっと乗りたくないですね。

S-MX・ローダウン(RH1型)
全長×全幅×全高 : 3950×1695×1735mm
ホイールベース : 2500mm
車両重量 : 1340kg
エンジン : 直4DOHC 1972cc 130PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/01/24 16:19 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(12)
「走るラブホテル」と呼ばれていたことは全く知りませんでしたが、S.M.Xという車名を聞いた時に、区切る場所を間違えて変な想像をした人は私だけではないはずです。
やば、そういえば事務所の机の前の女の子が以前乗っていました。このブログを見ていないことを祈ります。
車ネタで無くてすみません。
[ 2011/01/24 17:37 ] [ 編集 ]
メカニズム的には初代ステップワゴンのショートホイールベース版で嗜好性を重視したため?あらゆる面で車としては完成度が低かったのは否めませんでした ホンダにしては珍しく?悪乗りで造ったような車です。しかし今、若者は車に興味がないといわれる中珍しく若者が興味を持った車の一台です。自動車メーカーも嗜好性を重視した車を出したら少しは車が売れるのかな?(笑)
[ 2011/01/24 19:08 ] [ 編集 ]
ホンダが作る車は昔から若い人達に支持されていましたが、このような車を作るのは・・・。良くも悪くも遊び心があるとは思いますが、これを真面目にマーケティングし、あれやこれやとアイデアを出し、開発されているのだからある意味凄いですね。本田宗一郎さんが生きていらしたら、S-MXをどう思うのやら・・・。
[ 2011/01/24 19:20 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
最近は草食系男子が増える一方、肉食系女子なる言葉も頻繁に聞かれるようになりましたから、意外と女性ユーザーも多いのかもしれませんね。
[ 2011/01/25 10:23 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

世界一のトヨタでさえ、現行bBでシートが大きく沈み込んで外からの視線を遮る“休息モード機能付フロントシート”なるものを採用するぐらいですから、時代も変わったものですね。中年オヤジの感覚では金をかける部分が間違っているような気がしますが、これも時代の流れなんでしょうね。
[ 2011/01/25 10:38 ] [ 編集 ]
AIC様

コメント、ありがとうございます。
本田宗一郎さんは“女性が乗りたいと思うクルマ”ということに対してはずいぶんと意識しておられたようですが、S-MXは“女性に乗りたい男性が乗りたいと思うクルマ”ですからどうなんでしょうね?こればかりはあの世へ行ってご本人にお伺いしない限りわかりませんね。
[ 2011/01/25 10:48 ] [ 編集 ]
はじめまして。7代目カペラ(しかもセダン)に乗っている者です。いつもはROMばかりでしたが、ついこの車に反応してしまって初めて書き込みいたします。

高校からの友人がこれの4WDに乗っていました。それまで6代目カローラ(E90型)に乗ってたので、いきなりこれに買い換えた時は非常に驚いたことがあります。しかも聞けば「ローダウン仕様が欲しかったけどかなり納車待ちさせられるので4駆にした」とのこと。そんな彼もこの車で今の奥さんを見つけました。果たして二人の間に“恋愛仕様”があったかどうかはわかりませんが、ちょっとだけこの車をうらやましく思ったものです(笑)

で、この車に長年の疑問があるのですが、果たしてどこがローダウンだったのだろうかと。彼の付き添いでディーラーを訪れた際、標準仕様と見比べたことがあるのですが、たいして車高が低く見えなかったように思えます。これが今だに疑問です。

長文失礼
[ 2011/01/25 20:28 ] [ 編集 ]
 他がやらない事をヤル!
がHONDAの精神だったと思いますが、賛否はともかくその意味ではホンダらしい車でしたね。
 それにしても大企業に成ったホンダは世間並みの車ばかりになってしまいましたねぇ・・・・
[ 2011/01/25 22:02 ] [ 編集 ]
カペラ乗り(現役)様

コメント、ありがとうございます。
カタログによると、『標準仕様に比べ15mm低いロードクリアランスのローダウン・サスペンション。スプリングレートをアップさせることで姿勢変化を抑制し、ダイレクト感を付加。・・・』とのことなので、15mmはローダウンしていたのだと思います。
ただ、もともと車高の高いクルマですからね・・・。
[ 2011/01/26 08:52 ] [ 編集 ]
藤 重行様

コメント、ありがとうございます。
一般受けするクルマばかり販売するようになったことに対する危機感が社内でも出てきたので、次期NSXの開発を再開したとの記事を読みました。
ホンダらしい新型NSXや次世代のSシリーズ等が早く出てきてほしいものですね。
[ 2011/01/26 09:07 ] [ 編集 ]
理性を失った狼に・・・・思わず想像してしまったじゃないですか(笑)。でも壁などにピッタリつけて停めてたら脱出できませんよ。本気でそんな事を考慮するならバックドアも室内から開けられるようにしたいところですね。

このクルマ、私は三菱RVRをホンダ流にしたものだと感じるんですよね。ワンツードアや室内の設計などが似通ってます。でも片やレクレーショナルビークル、片や走るラブホテルと、狙いどころが全然違うのが面白いところですね。
[ 2011/01/27 01:58 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
シャリオやパジェロ、デリカ等でRVの先頭を走ってきた三菱と、オデッセイで遅れて参入したホンダとではやはり方向性が異なっていたんでしょうね。個人的には三菱のRVのほうがずっと魅力的だと思います。
[ 2011/01/27 10:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。