旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・パルサー(N12型) 

110121a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110121a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110121a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110121a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110121a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110121a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1982年に日産から発売された2代目パルサー(N12型)です。パルサーと一口に言っても、5ドアハッチ、3ドアハッチ、4ドアセダンのサルーン、そして2ドアクーペのEXA(エクサ)と、実に賑やかなラインナップですね。特に2ドアクーペのエクサは次の代からは独立してパルサーの名前が外れたことからもわかる通り、かなり大胆なスタイルをしていますね。当時、同じくリトラクタブルライトが採用されていたマツダのサバンナRX-7や三菱のスタリオンがありましたが、それらは性能的にも価格的にも少々手が出ないなぁと思っていたところにパルサーエクサが登場し、このなんちゃってスポーツカーにひそかに憧れていた時期もありました。

 さて、このパルサーEXA、後に同じく日産のシルビア・ガゼールがモデルチェンジし、洗練されたリトラクタブルライトのスポーティーカーとして登場したとはいえ、当時の日産車の中ではかなりぶっ飛んだデザインだと思っていました。そう、ちょうど現在の日産ジュークのような存在ですね。一目惚れして虜になってしまう熱烈なファンを獲得する一方で、毛嫌いされる方からはとことん嫌われるスタイル、商売的には予測がしづらいので好ましくない存在ですが、こういうクルマがもっと増えてくると自動車業界も面白くなるんでしょうね。

 そういえばパルサーにはスカイライン風のデザインが施されたラングレーという姉妹車がありました。現在スカイラインがセダン・クーペ・クロスオーバーと横展開しているように、ジュークがスカイライン・クロスオーバーに相当する位置で横展開されると面白いですね。ジュークのプラットフォームを流用してパルサーエクサに相当するクーペを造ると魅力的なクルマができそうです。もちろんエンジンはジュークに使われている1.5リッターのNAと1.6リッターターボ、想像しているだけで楽しくなってきますね。現在のように3.7リッタークラスで横展開されても私のような貧乏人には縁のない世界ですから・・・。

 それにしても桑田佳祐さんって歳を取られない方ですね。このカタログは30年近く前のものです。食道がんを克服されて元気に復帰された桑田さんのお姿を年末の紅白で拝見しましたが、今もとてもお若く見え、エネルギーに満ち溢れておられました。あんな歳の取り方をしたいものですね。

パルサーEXA(N12型)
全長×全幅×全高 : 4125×1620×1355mm
ホイールベース : 2415mm
車両重量 : 795kg
エンジン : 直4OHC 1487cc 85PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/01/21 12:40 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(4)
パルサーは特に深い印象は無いのですが、次のエクサは衝撃的でした。たしか、クーペとハッチバックスタイルがあり、キャノピーを外すこともできたような。いつかこのブログに登場する事を楽しみにしています。
[ 2011/01/24 12:36 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
次の代のエクサ、CMやカタログでは着せ替え人形のようなシーンがありましたが、確かユーザーが購入後に着せ替えすることはできなかったと思いますよ。カタログが見つかったら記事にしますね。
[ 2011/01/24 16:52 ] [ 編集 ]
このパルサー、実は免許取って初めて買ったクルマでした。正確には、この後に出てくる3ドアハッチバックの「ミラノX1R」、当時流行の「ミラノカラー」でした!
本当は欲しかったスカイラインが車庫に入らず、泣く泣く選んだのですが、これがいやいや侮れない!!今では味わえない「1.5リッター+ドッカンターボ(しかもSOHC!)+オモステ」という、乗れば乗るほど味わい深い楽しいクルマだったと、今ではミニバンオーナーの自分には懐かしく感じました!!
最近、こんなふうに自分で操る楽しいクルマが少ないですね・・・
[ 2011/02/13 17:28 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
今のクルマはいろいろな装備が開発されてとても便利で快適になりましたね。クルマ自身の運転支援機能が充実すればするほど人間の操作する部分が減っていきますから複雑なところですね。
パワステなしのマニュアル車だったら運転中に携帯を使おうとは思いませんからね。
[ 2011/02/14 05:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。