旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ホンダ・シビック(AG/AH/AT/AJ/AK/AU/AR型) 

110112a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110112a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110112a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110112a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110112a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110112a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年にホンダから発売された3代目シビック(AG/AH/AT/AJ/AK/AU/AR型)、通称『ワンダーシビック』です。3ドアハッチと4ドアセダン、そして5ドアワゴンのシャトルと、3つのボディタイプが用意されており、「シビック」と一口に言ってもそれぞれに個性があって魅力的ですね。個人的にはやっぱり3ドアハッチが最もシビックらしくて好きでした。

 さて、このワンダーシビック、モデル途中で1.6リッターのDOHCエンジンを搭載した「Si」なるグレードが追加され、ツーリングカーレースで大活躍するようになりました。同時期に出ていたバラードスポーツCR-Xと合わせ、走りのイメージが定着したシビックはこの代からですね。
 実際、Siはよく走りました。135PSの1.6リッターDOHCエンジンといっても今の感覚ではそれほどハイパワーエンジンではありませんが、なんといっても車重が900kgほどしかありません。パワーウェイトレシオから考えると、現在の200PS級のクルマと同じなんですね。きっと当時、このシビックで無謀な運転をして危ない目に遭われた方も多かったことと思います。
 その点、私のアクセラはシビックSiより20PS以上少なくて車重は300kg以上重いですから、自然と安全運転ができてしまいます。人間、歳を取ると丸くなってしまうものですね。

 多くのクルマ好き、走り屋、ホンダファンを作ってきたシビックもフィット登場以降、販売台数は下降線を辿り、国内から「シビック」というクルマがなくなるかもしれないという状況となってしまいました。この件については報道も二転三転しているようなので一体どうなるんでしょうね。
 そんな中にあって、現在デトロイトで行われている北米国際自動車ショーでは「シビックSiコンセプト」と「シビックコンセプト」ということで次期シビックのクーペとセダンが発表されました。北米では今年の春からの販売が予定されているそうです。
 どちらもとてもカッコいいクルマのようですので、ぜひ国内でも販売して欲しいものですね。現行アコードはちょっと大きくなりすぎているので、シビックがなくなってしまうとちょうど良い大きさ(Cセグメント)のクルマがなくなってしまいます。フィットがいくら素晴らしいクルマだからといってもみんながフィットでは面白くないですからね。

シビック・3ドア・Si(AT型)
全長×全幅×全高 : 3810×1630×1340mm
ホイールベース : 2380mm
車両重量 : 890kg
エンジン : 直4DOHC 1590cc 135PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/01/12 17:25 ] 1980年代ホンダ | TB(0) | CM(6)
シビックも他社のコンパクトカーと同様に?日本市場からその名が消えようとしていますね。私はこの型のシビックではシャトルが好きでしたとてもツールとしてはよくできたワゴンで今売り出されてもいい感じの車ですね!余談ですがこのシャトルと言う名前は近々フィットに追加されるワゴンバージョンにシャトルの名前が冠せられますハイブリッドも設定される予定です
[ 2011/01/12 19:29 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
シャトルは仕事で使われておられた方も多かったですね。
フィット・シャトルですか。フィットは確かもともとシティのグレード名だったと記憶しています。それにシビックのグレード名を追加するということは、シティとシビックの役割が全てフィットに集約されるような感じですね。
[ 2011/01/13 09:18 ] [ 編集 ]
初代シビックが発売されたとき、近所の先輩が乗っていて軽自動車と思いました。それが今では3ナンパーのシビックまで存在するのですから。知り合いが、シビックのハイブリッドに乗っているのですが、補助金を貰って買ったので10年は乗り換えられないと嘆いておりました。
同じシビックでも実に様々です。

本日初めて貴殿の掲示板をクリツクしてアクセス出来ました。写真の投稿も出来るのですね。これからは時々お邪魔させていただきます。私の愛車(二輪、四輪)を見ていただきたい。
[ 2011/01/13 12:42 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
私の従兄弟も初代シビックに乗っていました。本当に小さかったですね。当時の感覚では3ナンバーなど外車かプレジデントぐらいです。身近にはそんなにありませんでしたよね。まさかシビックが3ナンバーになるとは・・・・。
まあ時代の流れなのでそれはさておき、掲示板、どんどんご活用ください。ちょっと閑古鳥が鳴いているような状態ではありますが、皆様が愛車自慢をしていただけたら、これ以上の幸せはありません。何卒よろしくお願い申し上げます。
[ 2011/01/13 21:13 ] [ 編集 ]
シビックも今や国内からブランド消失.....時の流れを感じさせるのと同時に自業自得ではないかとも思います。
何より、最終型シビックは確かに完成度は高いし、世界各国で人気であることは認めざるをえない一方で、どうにもシビックならではの「小粒でもピリリと辛い」スパイスが全く感じられず、そそられない一台だったからそれも仕方ないかも知れません。さすがに英国生産の欧州仕様3ドアタイプRには例外的に魅力を感じたとはいえ―。
もちろんホンダの伊東社長も、「シビックブランドは今後も国内からなくならない」と宣言していたあたり、深い含みが感じられ、一旦2010年いっぱいでシビックの国内販売を中止した後、インサイト/CR-Z用の1.5ハイブリッドをさらに本格的に改良したリチウムイオンハイブリッドを新開発し、次世代の欧米むきシビックを改造したボディに搭載して1年半~2年近く後に国内に再登場させる、というシナリオを嗅ぎとったものですがkyuusyamania様はその辺り如何でしょうか。

小生の身近では従兄弟がこの三代目シビックのシャトルを中古で購入、1989-90年頃愛用しておりましたがエンジン音がどこかガ行が多くて素っ気ないほかはスペーシャスだし、軽快さの魅力が感じられそれなりにキャラクターがあるクルマだと思いました。
一方、小生自身は現在2004年式トヨタヴィッツ1300U-L(83609km)を愛用しておりますが、そのサイズ(全長3610mm)が初代シビックCVCC5ドアと非常に近接しており、日常生活で気兼ねなく使えるミニマム・ファミリーカーに絶好なサイズは今も昔もまさにこの辺りだと考えられてなりません。その点「3代目」となる今回の新型ヴィッツは全長がほとんど4mに近づいてしまい、シビックがワンダーからグランドシビックに変化した1987年に覚えたあの当惑と似たものを感じている所です。
[ 2011/01/16 06:58 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
国内におけるシビックは、今後どうなっていくんでしょうね。このまま消滅するのか、また復活するのか、現時点ではさっぱりわかりません。
北米向けはずいぶんカッコいいようなので、素人考えではそれをそのまま国内販売すればいいような気がするのですが、いろいろと事情があるんでしょうね。
[ 2011/01/16 12:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。