旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・三菱・ランサー(A73/A14#型) 

110110a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110110a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110110a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110110a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110110a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110110a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1973年に三菱から発売された初代ランサー(A73/A14#型)です。1600GSRがサザンクロスラリーやサファリラリーを制したことは有名で、その流れが現在のランエボにつながっていますね。現在ラリーアート製のパーツでコテコテに決めたランエボを街でたまに見かけるように、当時も異様に大きなフォグランプや泥よけを付けたランサーを見かけることがありました。時代が変わっても人間の行動はあまり変わっていませんね。

 さて、この初代ランサー、個人的にはあまりカッコいいクルマだとは思っていませんでした。このカタログは1977年に発行されたもので、初代ランサーとしては最終型にあたります。1973年に登場した初期型ランサーもちょっと時代遅れで平凡なスタイルだなぁと思っていたのですが、マイナーチェンジでフロントグリルやテールランプのデザインが変わるたびに、さらに平凡なスタイルになっていきました。まあ感じ方は人それぞれですから、たまたま三菱の感性と私の感性が異なっていたんでしょうね。
 そういえば2000年に発売されたランサーセディアも、出た当初は結構カッコいいクルマだと思っていたのですが、途中からブーレイ顔になって急にカッコ悪くなりましたね。
 現在ランサーの後継にあたるギャランフォルティスは個人的にとてもカッコいいクルマだと思っています。マイナーチェンジをしてもあまりデザインをいじってほしくないですね。どうも三菱がマイナーチェンジで意匠変更するとカッコ悪くなるケースのほうが多いようですから。

 かつてトヨタ、日産の次の座を争っていた三菱もリコール隠し問題以降、急激にポジションが低下してしまいました。現在のラインナップを見ても寂しい限りですね。生き残りをかけて日産との協力関係を強化するそうですが、いくらラインナップが寂しいからといっても、ティーダやフーガにスリーダイヤを付けて販売するような状況にはなってほしくないですね。
 素晴らしいクルマを造れるメーカーなのですから、何とか今の厳しい時期を乗り切って、この初代ランサーのように良くも悪くも三菱らしいクルマが1台、また1台と増えていって欲しいものです。

ランサー1600GSR(A73型)
全長×全幅×全高 : 3995×1535×1365mm
ホイールベース : 2340mm
車両重量 : 890kg
エンジン : 直4OHC 1597cc 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆





にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/01/10 17:53 ] 1970年代三菱 | TB(0) | CM(16)
南米走破のランサー、軽飛行機と追いかけっこをするランサー.....サファリの覇者ランサーというブランドイメージに追い打ちをかけるように、同車の持つ「動的な魅力」をアピールしたCM戦略で、「安いクルマに乗る」負い目を感じさせない硬派な持ち味をアピールしていると思います。
こうしたイメージ戦略は非常に乗り手に勇気を与え、「安いからではなく、ランサーが好きだからランサーを選ぶのだ」という気持ちを与えるという意味で大事なことではないかと思います。
事実初代ランサーはその狭い後席、騒音や振動の多さなど欠点も多かった一方で、良好なハンドリングやコーナリング特性などドライバーズカーとしての強烈な魅力にあふれており、それがラリーを志す若者の練習機となった原因であることは言うを待ちません。
小生が目にした中でノックアウトされたのは1970年代の建設ブームに沸く都内で、新宿の超高層の建設現場の中に入っていく一台のランサー1600GSL、「鹿島建設」のヘルメットを被ったゼネコンマンが運転し、いかにもキリっと冴えた男の世界を醸しだす小道具と化しておりました!
あれ以来我が国で「三菱ランサー」の名は300psマシンのランサーエボリューションのみに残っており、現実的な価格で買える経済的で乗って楽しいファミリーカーというキャラクターは跡形もなく消え去ってしまいましたが、ランサー自体末期にはエボリューション以外は1.5Lのしかも一世代前のモデルを生産するという有様で、「安さ一番」の営業車と化していたのも事実です。メーカーたる三菱も「ランサー」を本気で売る気を失っていたとしか考えられません。
長年低迷が続いた三菱も、日産と組むことによって経営面は光明が見え始めた所ですが、輝かしい歴史を持つ「ランサー」の記号を残すとして日産からOEM供給された「ティーダラティオ」に「ランサー」の名前を貼り付けて売るようなことをしたら絶対自殺行為だぞ!ランサーの歴史に対する冒涜以外の何者でもない上、自分の子どもにそんなことをしたら間違いなくグレてしまうって!!kyuusyamania様もその辺解っていただけるかと思います。
[ 2011/01/10 23:31 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、最終型ランサーの扱いはひどかったですね。まるで生き恥を晒しながら生命維持装置によって無理やり生かされているような感じでしたね。三菱のHPに掲載されていることが可愛そうでした。
ランエボにランサーの名前があるのは当然だと思うのですが、今はADバンにもランサーの名前が付いています。ついでにファミリアの名前も付いています。無理やり名前を付けなくても、三菱AD、マツダADでいいと思うんですけどね。
[ 2011/01/11 11:27 ] [ 編集 ]
私もこのちょつとポッチャリした初代は好きになれませんね。ただ、コマーシャルで見たラリー仕様の疾走する姿は好きでした。あの時の大きなフォグランプ。当時のフォグランプやドライビングランプといえば、シビエ・ボッシュ・ヘラーが三本柱だったように記憶しています。私も、ランクルに大きなシビエのフォグとドライビングを付けていましたが、バッテリー上がりを気にして、殆ど使用しなかった情けない思い出があります。
それと面白いのはグレード。SL-5とは5速との意味ですよね。それがグレードになるなんて、今はターボでもエンブレの無い車が多いのに。確か初代サニーにもGX-5といったグレードかありましたね。私は三菱のGSRというと、テレビの刑事ドラマで草刈正雄が乗っていた、赤のギャランΛ2000GSRを思い出します。免許を取ったら絶対買おうと思っていましたが、実現しませんでした。
[ 2011/01/11 13:00 ] [ 編集 ]
上のコメントでラリーで疾走する姿と書きましたが、コマーシャルはブルーバードだったかもしれません。
記憶が曖昧ですみませんでした。
[ 2011/01/11 16:58 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
当時のクルマはバンパーが独立していましたので、ランサーに限らず、後付でフォグランプを取り付ける方が多かったですね。カー用品店などではいろいろなタイプが売っていた記憶があります。
その点、現在はボディと一体となっている樹脂バンパーですから、純正以外だとどうしても不恰好になってしまいますね。私もフォグの位置がメクラ板だとカッコ悪いので購入時に付けましたが、ほとんど点灯させることはありません。
ギャランΛ、カッコよかったですね。「華麗なる刑事」でしたか?あのクルマが出たとき、あまりの日本車離れしたスタイルから、外車(漠然とした表現ですが)と区別が付きませんでした。
[ 2011/01/11 16:59 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
ラリーで疾走する姿のCM、ランサーだと思いますよ。

http://www.youtube.com/watch?v=t25vNZ6lQA8

記事に埋め込みできない状態だったので、ブログには載せませんでしたが、上記URLでランサーが疾走するCMが見られると思います。一度ご覧になられては?
[ 2011/01/11 17:06 ] [ 編集 ]
私の曖昧な記憶に対する早速の返信ありがとうございます。
しっかり確認させていただきました。
折りしも本日、当方の地方新聞にランサーエポリューションⅩの記事が載っていました。カッコイイ。しかし、セカンドカーとしてなら良いと思いますが、315万円~。買えません。勿論メインだとしても買えません・・・。
[ 2011/01/11 17:57 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
ラリーで疾走している姿はカッコいいですね。
現在のランエボ、価格もさることながら、性能が良すぎて手が出ません。あれに乗ると免許の色が変わりそうで恐いです。
[ 2011/01/12 09:50 ] [ 編集 ]
個人的には2代目ランサーEXのクリーンなスタイルが格好よく、車内も広々としており魅力的な車だと思ったものです。90年代以降のランサーはというと、ランサーエボリューションが年々ハイパフォーマンスカーに進化する一方で、ファミリーカーとしてのランサーはあまりにも地味で存在感がなかったように思います。三菱には「ランサー」というブランドをもう少し大事にしてもらいたかったと思う次第です。
[ 2011/01/12 16:15 ] [ 編集 ]
AIC様

コメント、ありがとうございます。
2代目のランサーEXはカッコよかったですね。90年代以降のランサーは、姉妹車のミラージュも含めて、ラインナップが多すぎたんだと思います。1.3LのSOHCからV6、MIVEC、ターボ、ディーゼル等なんでもありの状態でした。88PSから280PSまで選択肢が豊富と言われればそれまでですが、流石にここまで違うとキャラクターの確立が難しくなってしまいますよね。

[ 2011/01/12 17:57 ] [ 編集 ]
初代ランサーの1400SL,1600GSRを友人が乗っていてよく運転しました。当時は、保険もくそもなく誰でも交代で運転していました。私は、FTO1400SLとその後ギャランの2000GTなどもっぱら三菱キチガイというんでしょうか。かなり入れ込んでました。あそうだミラージューの初代もよく運転しました。その中で一番印象的なのは、ランサー1400SLですね。あれほど、素直なコーナリング感覚を味わえるバランスのよい車はそれ以降10台ほどいろんな車を所有しましたがありませんね。少しアンダーステア気味で山道のワンデングロードを食い込むように切り込んで走りぬけて楽しんでました。あの楽しさは、ランサー1400SLしか味わえなかったですね。どんなにスリルのあるジェットコースターでもあの切り込み感は味わえませんね。それに、あの素足で路面をけりつけるような、ジャストフィットするクラッチミートをもう一度味わいたいと今も夢想しています。
[ 2011/02/01 22:25 ] [ 編集 ]
らんさーさいこう様

コメント、ありがとうございます。
ランサーの優れた足回りによって運転の楽しさがもたらされていたことはもちろんですが、当時のクルマは軽量だったことも良かったですね。なんといっても現在のパッソよりも軽量なFR車でしたから。
[ 2011/02/02 12:59 ] [ 編集 ]
 このブログすごいですね。がんばってください。
[ 2011/02/02 22:48 ] [ 編集 ]
らんさーさいこう様

コメント、ありがとうございます。
マイペースで続けていきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2011/02/03 14:15 ] [ 編集 ]
ランサー1600GSL私が始めて購入した車です。
中古で40万くらいだったかな??
今から33年くらい前ですね。よく走りました。今でも又乗ってみたい車です。
[ 2011/04/24 11:06 ] [ 編集 ]
ひろ様

コメント、ありがとうございます。
ランサーEXはたまに見かけることがありますけど、初代ランサーとなると私の行動範囲の中では一度も見かけたことがありません。現存してちゃんと走る初代ランサーは今何台ぐらい残っているんでしょうね。
“昔乗っていたクルマにもう一度乗りたい”という希望はなかなか実現が難しいものですね。
[ 2011/04/24 18:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。