旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・バイオレットリベルタ(T11型) 

110107a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110107a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110107a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110107a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110107a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110107a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1981年に日産から発売されたバイオレットリベルタ(T11型)です。バイオレットとしては、初代が1973年に発売されてこの代が3代目であり、FF化されたためかどうかわかりませんが、3代目には「リベルタ」というサブネームが付けられていました。
 「バイオレットリベルタ」と聞いて初代、2代目のバイオレットが思い浮かぶ方や、後にパルサーの姉妹車として登場したリベルタビラが思い浮かぶ方が多いかと思いますが、このカタログの「バイオレットリベルタ」がすぐに頭に浮かぶ方って、いったいどれぐらいおられるんでしょうね。
 この「バイオレットリベルタ」、1981年6月に日産のミドルクラスFF車として姉妹車のオースターJX、スタンザFXと共に鳴り物入りで登場したにも関わらず、バイオレットリベルタだけが1年後の1982年6月に消滅してしまいました。オースター、スタンザはモデルチェンジを繰り返して後々まで存続しましたが、このクルマだけが1年で消滅とは、なんだか可愛そうな存在でしたね。

 さて、同じようなスタイルの3兄弟にも関わらず、なぜこのバイオレットリベルタだけが1年で消滅してしまったのか?もちろん売れなかったからでしょうが、私は日産関係者ではありませんので正確な理由はわかりません。
 しかしながらこのカタログを見ていると、仮にバイオレットリベルタ購入を前提としていたとしても、おそらく私はこのカタログを見たがゆえに購入を考え直すことになっていたと思います。
 
 このカタログ、あらゆるページのあらゆる部分でFF化のメリットをくどいぐらいに紹介しています。じっくり読んでいくと、それほどカッコいいとは思えないバイオレットリベルタでも、なんだかとても走行性能が良くて使い勝手の良い素晴らしいクルマに思えてきます。セダンも端正なスタイルで素敵!5ドアハッチも使いやすそうで素敵!と徐々にバイオレットリベルタの魅力にノックアウトされそうになっていくのですが、最後のページで我に返ることになります。

 このカタログは販売店の総合カタログではなく、バイオレットリベルタ単独のカタログにも関わらず、なぜか最後のページには日産を代表するカッコいい大御所3台、ブルーバード・レパード・フェアレディZが静かに鎮座しているんですよね。FF化のメリットをこれでもか、というほど連呼した挙句に、FRの、それもバイオレットリベルタよりも数段カッコいい大御所3台を並べるセンスが私には理解できません。特にこの中の910型ブルーバードとは、車格も価格帯もかぶっています。私ならバイオレットリベルタ購入を中止して、910型ブルーバードの商談に入ると思います。

 皮肉なことにバイオレットリベルタが1年で消滅した一方、910型ブルーバードは歴代ブルーバードの中でも有数の大ヒット作となりました。きっとトヨタならどちらもそこそこ販売していたでしょうね。さすが『技術の日産』、販売戦略はやっぱり苦手だったのかもしれませんね。

バイオレットリベルタ・セダン1800・ZX-E(T11型)
全長×全幅×全高 : 4405×1665×1385mm
ホイールベース : 2470mm
車両重量 : 970kg
エンジン : 直4OHC 1809cc 110PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/01/07 13:42 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(8)
マツダクロノス一族の次に?FF乗用車での失敗作?とも言われています。私はこのT11シリーズは車として完成しないまま発売された事が最大の理由だと思います。外観も妙に安っぽいデザイン内装もコンソロールあたりがタクシー車ぽい造り挙げ句の果てにはがさつでうるさいと酷評されたCAエンジンと見るべきところがなく車としては魅力的なものはありませんでした。その後発売になった初代プリメーラは見違えるほどいい車になり私も欲した一台でした。このT11シリーズもっと車を熟成させて名前を変えていれば売れていたと思います
[ 2011/01/07 15:45 ] [ 編集 ]
私は基本的に近年の傾向である丸みを帯びたデザインよりも、直線的なデザインのほうが好きなのでカッコイイと思いますが、確かに最後のブルーバード、レパードを見ると後戻りはできなくなりますね(Zは、機能性や金銭面から視野に入れられません)。
早くこのブログの常連になりたいと願うカルロスでした。
[ 2011/01/07 17:35 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
この時代、トヨタのフルラインナップ体制に対抗するために他メーカーも同様のラインナップを展開しようとしていました。特に日産はトヨタの対抗馬でしたから、その傾向が顕著でしたね。
個人的には、FFでもFRでも4WDでも、それらの運転感覚の差が理解できるほどの感性を持ち合わせていなかったので、どうでもよかったです。ちなみに私は今も実車でのそれらの走行感覚の違いはよくわかりません。(違いがわかるようになったのは、十数年前にラジコンにはまった時でした。FF、FR、4WD、モーター、エンジン、それだけでは済まず、飛行機、ヘリ、ボートにまで手を伸ばしてしまいました。)
いま、「リア充」なる言葉が流行っているそうですが、リアルとバーチャルを総合すると意外といろいろなことが見えてくることもあるみたいですね。
ちょっと、今、飲んでいまして気分が良いので雑談が過ぎました。申し訳ありません。
このバイオレットリベルタの販売不振、これはひとえに日産が910ブルで保険をかけるような姿勢だったからでしょうね。消費者もバカじゃないですからね。


[ 2011/01/07 21:17 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
当時、このカタログに掲載されているブルーバード、レパード、フェアレディZはともに田宮模型からスケールモデルとして販売されていました。まあそれぐらい「日本の名車」扱いだったんでしょうね。
もちろんバイオレットリベルタはありません。私とちょっと歳の離れている従兄弟がプラモデルを完成させたらいつも見せに来てくれていたのでこの面々を記憶しています。タミヤの総合カタログっていうのも見せてもらったことがあります。
ブル、レパード、Zはやっぱり大御所ですね。大人も子供も夢中!やっぱりこういうのが大切ですね。

私は「カルロス様はいつもコメントを下さる方」という認識をしていましたが、そうではありませんでしたか?

[ 2011/01/07 21:37 ] [ 編集 ]
まだまだこれが4回目の書き込みになる初心者です。
今年も楽しいブログを期待申し上げます。

前回我が家の最初の自家用車をサニーと紹介しましたが、約40年の時が過ぎ、現在車庫にはニッサンステージアWC34と娘のムーブが鎮座しております。そのステージアも13年以上が過ぎ自動車税の加算と燃費L/7Kmに苦しめられております。
トホホ・・・。
[ 2011/01/09 10:54 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
13年以上前のステージアということは初代ですね。あのクルマ、私も欲しかったから羨ましいです。
私の記憶に残っている我が家の車庫にあった最初のクルマは、初代パブリカとアローラインコロナです。それからいろいろなクルマが入れ替わり立ち代りありましたが、現在はアクセラとデミオ。Zoom-Zoomが気に入ってしまいましたので、しばらくはマツダが続くかもしれませんね。

拙いブログですが、今後ともよろしくお願い申し上げます。
[ 2011/01/09 17:05 ] [ 編集 ]
「意あって力足りず」、日産初のミドルクラス横置きFF車=T11型バイオレットリベルタ/スタンザ/オースターを語るのにこれ以外のフレーズは思いつかないのだ。
何でも同車、1981年にアメリカGMの横置きFF世界戦略車「Jカー」ことシボレーキャバリエ/オペル・アスコナ(ドイツ生産版)の向こうを張って世界自動車戦争の覇者たるべく開発された1.6/1.8Lの前輪駆動車としてデビューしたその意気込みたるや壮大な物に他ならない、ただ完成した実車はその引きずり感を持ったステアリングといい、日本の国情には不向きなハイギアリング、安っぽい内装、騒音や振動の多さなどお世辞にも完成された製品とは言いがたかったのも事実だ。この全長4300mm/ホイールベース2470mmというサイズにして優にローレル並みの室内スペースなど、当時としては意欲的な設計だったことは否めないとはいえ。
結局、技術屋の実験としてはともかく、商品としてはポジショニングが定まらず失敗作の典型であり、1983年に登場の「本命」U11型FFブルーバードの捨石にしかならなかったのは確かに不運な存在だったのだろう。
この中間サイズの三兄弟、発売後一年経過した1982年にバイオレットリベルタのみが生産中止され、一クラス小振りなCセグメントのリベルタビラ(サニー/パルサー系の1.5L車)に代替され、残りはスタンザ/オースターのみとなってそれも1983年春に角張ったノーズに変更され、5ドアハッチバックがなくなり4ドアと3ドアのみになるなど日産の迷走は日増しに深まっていく形跡が伺えたものだ。折も折、石原社長指揮下で労働争議や粉飾登録が相次いだ日産の歴史上一、二位を争うどん底時代だったのも決して無関係ではなかろう。
かくして「打倒アウディ80/VWジェッタ/オペル・アスコナ/ルノー18」の国際規格のDセグメントFF車を目指した日産のバイオレットリベルタ/スタンザ/オースターの三兄弟は歴史の狭間に忘れられた存在となった、しかしその養分は後のP10型プリメーラやU12ブルーバードのDセグメント部門、そして現行のティーダやティーダラティオに至るCセグメント領域での成功に生かされているという意味では同社にとって「良い実験」ではあったのだろう。

by41歳(数えで42です!)・B型・山羊座・2009年式レクサスIS350+2004年式トヨタヴィッツ1300U-Lを所有中・一匹の猫のパパ・独身
[ 2011/01/10 23:05 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
日産はちょっと肩に力が入りすぎていたのかどうかわかりませんが、ミドルクラスのFF化でギクシャクしてしまったことは否めませんね。その点、トヨタはFFカムリ/ビスタを誕生させたうえでコロナはFFとFRを併売し、頃合を見計らって自然な形でビッグネーム・コロナをFF化してしまいました。さすが三河商人、大したものですね。
[ 2011/01/11 10:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。