旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ホンダ・プレリュード(AB型) 

110103a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110103a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110103a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110103a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110103a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110103a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 あけましておめでとうございます。今年もマイペースでこのブログを続けていこうと思っておりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

 今年1台目は、1982年にホンダから発売された2代目プレリュード(AB型)です。“元祖デートカー”であるこのプレリュードで彼女と初詣へ行き、そのまま姫始めのためにホテルへ直行、もしくは我慢できずに車内で決行してしまった“かつての青年”も多かったことと思います。その姫始めで大当たりしてしまったカップルの間に生まれたお子様も既に大学卒業して社会人となっている年齢、時が過ぎるのは早いものですね。

 新年早々品のない話題で申し訳ありません。しかしながら“甘美な磁性を帯びて。感性放射体。”、“至上の時へ。ハードとロマン、その高次元融合。”、“ポジションは低い。感性のボルテージは昂まる。”など等、カタログに記載されているキャッチコピーはとても官能的な表現が多く、いかにも若者が憧れそうなカッコよさと艶っぽさが感じられますね。実際にとてもカッコいいクルマでしたから、デートカーとして人気が出たのも頷けます。

 さて、デートカーとしてのイメージが強い2代目プレリュードですが、技術的にもとても素晴らしいクルマでした。ご存知の方も多いと思いますが、国産車で初めて4輪アンチロックブレーキシステムが搭載されたのはこのプレリュードです。現在では「4輪ABS」という呼び方でほとんどのクルマに搭載されていますが、このカタログ発行時では「ABS」という呼び方ではなく、「4wA.L.B」と紹介されています。まだ「4輪ABS」という呼び名がなかったんですね。次の代では世界初となる機械式4WSが搭載されたように、プレリュードはホンダの最新技術がいち早く取り入れられていたクルマだったんですね。
 まあ今でこそインスパイアやレジェンド等の大型高級車が存在していますが、当時はプレリュードがホンダの最上位車種でしたから、当然といえば当然のことですね。

 デートカーとして多くの若者から支持され、かつてフラッグシップとしてホンダのイメージリーダーを担っていたプレリュードも最終型が生産終了となってから早10年。CR-Zが予想以上に売れているようなので、使い勝手の良いミニバンやコンパクトカーだけではなく、この手のクルマを望んでいる方もきっと多くいらっしゃることと思います。プレリュードという響きをもう一度聞いてみたいものですね。
 
 また“デートカー”と呼ばれて若者から支持されるクルマがたくさん出て欲しいものですね。CR-Z、ジュークターボ等、効率最優先からは少々脱線しているクルマもそれなりに支持を得ているようです。今年初めに出るであろうレクサスのCT200hもかなりカッコいいですし、FT-86も楽しみです。
 若者の間でデートカーとして人気のあるクルマが街に溢れているような状況となれば、それが自然と少子化対策にもなります。子供ができると2ドアクーペでは不便を感じるようになるので買い替えが必要となり、自然と経済対策にもなります。若者は飽きが早いから彼女と別れるとその思い出が詰まったクルマを買い換える傾向があるので、クルマの流通が増え、自然と雇用対策にもなります。

 相変わらず全然活気のない経済状況が続いているなかで新しい2011年が始まりました。悲観的に考えていても仕方がありませんので、現在経済的な“ポジションは低くても、感性のボルテージを昂めて”、“ハードとロマンを高次元で融合させ、至上の時”を迎えられるように毎日を過ごしていきましょう。多くの方々が“至上の時”を体験できるような1年になるといいですね。

プレリュードXX(E-AB型)
全長×全幅×全高 : 4295×1690×1295mm
ホイールベース : 2450mm
車両重量 : 980kg
エンジン : 直4OHC 1829cc 125PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆





にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/01/03 18:15 ] 1980年代ホンダ | TB(0) | CM(10)
今年も懐かしい車を期待しています!?
新年一発目に特上の一台を紹介いただきありがとうございます!!
懐かしいなぁ~ボレロに乗って悠々と走るCM、これの草原バージョンってありませんでしたっけ?記憶間違いかもしれませんが…
最近、こいつを中古で手に入れたいなぁ~と思っていたところだったので、自分にとっては非常にタイムリーでした!!
[ 2011/01/04 11:19 ] [ 編集 ]
フローラン・カバディ様

あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。
草原かどうかわかりませんが、別バージョンのCMを追加しました。おそらくこれのことでは?

良い中古が見つかるといいですね。私の今年の目標は、「自動二輪の免許を取る」です。毎年元旦にこの目標を掲げながら達成できずに早20年。家族からは呆れられています。と同時に、呆れながら免許を取らないようにプレッシャーをかけてくる家族に対して感謝しつつ、今年も頑張ろうと思います。

拙いブログですが、また一年、よろしくお願いいたします。
[ 2011/01/04 20:26 ] [ 編集 ]
新年あけましておめでとうございます
CR-Xの復活版として出したCR-Zに続いて
プレリュードも復活してほしいです
電動ガラスサンルーフ(インナースライド&チルト式で
標準装備またはメーカーオプション フィットやCR-Zなどの
固定式ガラスサンルーフは不可)を設定してほしいです
エクステリアデザインは
初代 2代目 3代目 5代目みたいなエクステリアデザインにしてほしいです
CR-Zみたいなデジタルメーターを採用してほしいです
エンジンは
オデッセイなどに搭載している
直列4気筒2400ccDOHCiVTECエンジン&ハイブリッドシステムIMAにすればいいと思います
駆動方式はFFでマニュアルモード付CVTを採用すればいいと思います
近い将来NSXの後継車が復活するらしいので
この勢いでプレリュードも復活してほしいです。
[ 2011/01/04 21:45 ] [ 編集 ]
先日は私のコメントに返信いただきありがとうござました。
今年も宜しくお願いいたします。やはり貴殿は只者ではありませんね。私の所持しているカタログなど足元にも及びません。失礼をお許しください。
さて、私の車に対する思い出を一つ。これを言うと年齢が推測いただけると思います。最初に我が家にやってきた車は、私が小学生のころ父が新車で購入した、イエローの日産サニー1200GL4ドアセダンでした(形式不明)。キャッチフレーズは「となりの車が小さく見えます。」助手席のグローブボックス下には後付けでベルテックの8トラカセットが付いていました。
[ 2011/01/04 21:57 ] [ 編集 ]
シークレット様

あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。
プレリュード、復活してほしいものですね。4代目が抜けているあたり、私もシークレット様と同じ考えです。
今はアコードもずいぶんとデカくなってしまいましたから、アコードの下位ぐらいの車格だといいですね。
[ 2011/01/05 11:13 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
私は田舎で農業を営んでいるタダの百姓オヤジで、たまたま昔ディーラーの営業マンが持ってきていたカタログを倉庫に放置していただけです。クルマに関しても、ただ好きなだけで、まったくの素人ですから、特別な知識があるわけでもありません。

2代目サニー、懐かしいですね。近所の酒屋さんが今もサニートラックを仕事で使っておられるので、ちょくちょく見ています。当時のキャッチフレーズとは異なり、今ではずいぶん小さく見えますね。
[ 2011/01/05 11:35 ] [ 編集 ]
歴代プレリュードではヒット車でしたね特に2.0Siが追加になってからはこのクラスではほぼ独走状態ですね。私もプレリュードが復活してほしいです出来ればFT-86のように2000ccで…ちなみにFT-86のトヨタの取り扱い店は我がエスティマを買ったトヨタ店になるみたいです。理由としてはトヨタ店のサービスの質の高さを挙げています
[ 2011/01/05 18:27 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
CR-ZやFT-86が起爆剤になって、2Lクラスのスポーティーカーが賑やかな時代になるといいですね。プレリュードやシルビア、FTOといったクルマがもう一度復活してほしいものです。
[ 2011/01/06 10:14 ] [ 編集 ]
パルサーに投稿させてもらった者です。2代目のS110シルビアに3年乗った後、社会人2年目にこの車を中古で買いました。本当は初代ソアラ後期型がほしかったんですが、予算がなくてこの車にしました。XXの紺・ガンメタのツートン!当時一押しのカラーだったと思います。インテリアの趣味も気に入っていましたが、ドアの閉まる、「ガッチャン」という音にはがっかり!でもデートカーとしてよく使いました。バブル絶頂の頃の、懐かしい思い出です。
[ 2011/12/30 16:21 ] [ 編集 ]
ぽちくん様

コメント、ありがとうございます。
バブル絶頂の頃とはいえ、社会人2年目でプレリュードに乗られていたとはすごいじゃないですか。私はバブル絶頂の頃、仕事の都合で都内で生活していましたが、あまりの高額な駐車場代ゆえ、自転車生活をしていました。
当時、5万円ほどのマウンテンバイクもどきに、ロフトで買ったスピードメーターやらペダルやらを取り付けて遊んでいたことは、私にとって“バブル絶頂の頃の、懐かしい思い出”です。
[ 2011/12/30 20:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。