旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・ファミリア(BD型) 

101223a01.jpg
(画像クリックで拡大)

101223a02.jpg
(画像クリックで拡大)

101223a03.jpg
(画像クリックで拡大)

101223a04.jpg
(画像クリックで拡大)

101223a05.jpg
(画像クリックで拡大)

101223a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1980年にマツダから発売された5代目ファミリア(BD型)です。この代からFFとなりましたので、初代FFファミリアと呼ばれることもありますね。ご存知の通り、当時ロータリー不振から経営的にピンチとなっていたマツダを救った大ヒット作、“赤いファミリア”がこの5代目ファミリアです。きっと“マツダ”と聞いたらこの赤いファミリアが思い浮かぶ方も多いことと思います。

 さて、このファミリアがどれぐらい“大ヒット作”だったかというと、当時月間販売台数のトップはいつもカローラでしたが、そのカローラを抜いてトップに何度か立つこともあったぐらい、というとイメージしやすいですね。現在のように連続でダントツのトップを続けているプリウスほどではないにせよ、マツダ車がそれに近い位置にいたなんて、マツダファンの私としてもちょっと不思議な感覚です。

 映画『幸福の黄色いハンカチ』で武田鉄矢さんがナンパツールとして赤い先代ファミリアに乗られていたことが影響したのかどうかはわかりませんが、この初代FFファミリアも若者が乗りたがるクルマの定番でした。そういう意味では、後のプレリュード、S13シルビアと続くデートカーの流れの一端を担っていたとも考えられますね。
 この5代目ファミリアの特徴として、フルフラット化できる前席と、ドアの内張りとシートの背もたれが連続してソファの肘掛のようになるラウンジソファシートとよばれる後席による、多彩なシートアレンジがあります。ファミリアに乗って女の子をナンパし、そのまま車内でいいことを楽しんだ方もきっと多かったことでしょう。
 もしも映画で使われたファミリアが4代目でなく5代目だったら、黄色いハンカチを確認した高倉健さんを見届けた後、車内でいいことを始めた武田鉄矢さんと桃井かおりさんのシーンがもっと生々しいものになっていたのかもしれませんね。
 ちなみに私が今乗っているアクセラ(BK型)は前席の背もたれを倒してフルフラットシートにすることはできません。まあ女の子をナンパして車内でいいことをする歳でもありませんから別に構いませんが・・・。

 カローラから月間販売台数トップの座を奪ったこの赤いファミリアのように、プリウスからトップの座を奪い取るマツダ車が出て欲しいものです。とはいえ、マツダファンの私が言うのもなんですが、限りなく無理に近い願望のような気がしないでもありませんね。

ファミリア・3ドアハッチバック・1500XG(BD型)
全長×全幅×全高 : 3955×1630×1375mm
ホイールベース : 2365mm
車両重量 : 825kg
エンジン : 直4OHC 1490cc 85PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/12/23 10:53 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(6)
この北大路欣也さんがコマーシャルしていた赤いファミリアXG懐かしいです。私は当時このクラスで装着が珍しかった電動サンルーフがビーチなどで絵になる光景でしたね。自動車メーカーもちょっと遊びごころがあった軟派な車があったのに今はエコな車かミニバンなので車の魅力のワクワク感は薄いです自動車に対する憧れを抱く車の出現が待ち遠しいです
[ 2010/12/23 13:03 ] [ 編集 ]
実は赤のXGに乗ってましたよ!!
XGだとサンルーフ付きでしたから、XGしか売れてなかったような気がします。金色のアルミ履いてフェンダーミラーからドアミラーに変えてっていうホント良くあるパターンで乗ってました!!
最後はラジエターを何度も修理することになって諦めましたが、若き日の良きパートナーでした。
[ 2010/12/23 19:48 ] [ 編集 ]
この5代目ファミリア
父が乗ってました
昭和59年式の4ドアセダンのXCの特別仕様車で
トランスミッションは4速マニュアルで
エアコンは付けませんでした
7年間乗りました
ちなみに父は
3代目プレストの4ドアセダン
4代目3ドアハッチバックのGF
7代目4ドアセダンの1500クレールに
乗ってました
ちなみに7代目は
念願が叶ってエアコンが付きました。
[ 2010/12/23 22:00 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
エコカー補助金の影響もあって、エコ一辺倒の時期がしばらく続きましたが、最近になってジュークターボやFJクルーザー等、エコが前面に出ていないクルマもぼちぼちと出るようになってきました。
また、レクサスCT200hは中身がプリウスとはいえ、純粋にとてもカッコいいクルマだと思います。エコがいちばんのセールスポイント、というクルマではなく、エコは当たり前のこととして、それぞれに個性のあるクルマがどんどん出てきて欲しいものですね。
[ 2010/12/24 11:48 ] [ 編集 ]
フローラン・カバディ様

コメント、ありがとうございます。
赤のXG、後付ドアミラー、というファミリアはこの代の定番の姿でしたね。うちの近所でもたくさん見かけました。
[ 2010/12/24 11:53 ] [ 編集 ]
シークレット様

コメント、ありがとうございます。
お父様のファミリア歴はすごいですね。私はZoom-Zoom以降からマツダ党になりました。
[ 2010/12/24 11:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。