旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・クレスタ(X80型) 

101217a01.jpg
(画像クリックで拡大)

101217a02.jpg
(画像クリックで拡大)

101217a03.jpg
(画像クリックで拡大)

101217a04.jpg
(画像クリックで拡大)

101217a05.jpg
(画像クリックで拡大)

101217a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1988年にトヨタから発売された3代目クレスタ(X80型)です。マーク2、チェイサーとともにマーク2三兄弟と呼ばれている姉妹車だけあってこの三台は本当によく似ていますね。それにこの代は歴代で最も大ヒットした三兄弟なので、もうおなじみのクルマですね。
 2枚目画像では“私の場合、クレスタでなければならない。”とのキャッチコピーが書かれていますが、それぐらいこだわりがある方なら3台の区別が付くのかもしれませんね。少なくとも私の場合、クレスタでなければならないほどクレスタにこだわっていなかったので、マーク2、クレスタ、チェイサー、どれを見ても脳内ではマーク2として認識してしまいます。
 もしこの三兄弟の中のどれか1台を購入するのであれば、どの販売店であろうが、もっとも値引きしてくれた販売店で扱っているクルマを購入すると思います。なんといっても“私の場合、クレスタでなければならない。”理由はありませんから。

 さて、このように販売チャネルごとに異なるネーミングの姉妹車を販売することを、自動車業界では“バッジエンジニアリング”というそうです。エンブレム等のバッジを変えて販売する手法だからバッジエンジニアリング、とてもわかりやすい用語ですね。バッジを変えただけの姉妹車において、“クレスタでなければならない”理由とは一体何なんでしょうね。X110型のマーク2とヴェロッサぐらいの相違があればこだわる理由もわかりますが、少なくともX100型までの三兄弟の相違は私にとっては誤差の範囲でしかありませんでした。

 マーク2三兄弟は現在マークXに一本化されたとはいえ、トヨタはまだまだ“バッジエンジニアリング”が多いですね。それにトヨタに限らず、現在ではメーカーの垣根を越えたバッジエンジニアリングがとても増えてきました。いうまでもなく軽自動車や商用車で特に盛んになっているOEM車のことですね。
 合理化のためには仕方のないことなのでしょうが、個人的にはこの流れには少々うんざりしています。例えばマツダの軽自動車は現在全てがスズキからのOEM車。“Zoom-Zoom”と強調してあるカタログでワゴンRが紹介されているととても違和感を感じます。ちなみに私がもしワゴンRを購入するのであれば、スズキのワゴンRだろうがマツダのAZワゴンだろうがどちらでも良いので、値引きが多いほうのクルマを購入します。

 他社からのOEM車ってカタログでどんな美辞麗句が連発されていようとも、そのメーカーの、そのクルマに対する思想がまったく伝わってきません。マツダのAZオフロードのカタログからスズキ・ジムニー40年の歴史は感じられても、マツダのZoom-Zoomはまったく感じられません。同様に現在のファミリアバンのカタログを見ていても、初代ファミリアバンからの流れはまったく感じられません。

 これからどんどんそのようなクルマが増える方向へ進んでいるようなので、ちょっとクルマ好きとしては寂しい思いをしています。現在の流れに比べれば、マーク2三兄弟はまだまだ個性のある“バッジエンジニアリング”だったのかもしれませんね。

クレスタ・スーパールーセントG(GX81型)
全長×全幅×全高 : 4690×1375×1695mm
ホイールベース : 2680mm
車両重量 : 1480kg
エンジン : 直6DOHC 1988cc 170PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/12/17 16:53 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(6)
マーク2三兄弟の中では異色の存在で初代から一貫して関東自動車工業が開発、生産を担当していました。この80系はクレスタだけプレスドアを採用して高級感を醸し出して他の2車と差別化されて人気がありましたね私もこの型が好きでした。今は無きビスタ店のフラッグシップとして華々しくデビューしたクレスタは今はビスタ店と共に姿を消した事は残念です日曜日営業などトヨタのディーラーで新しい試みを挑戦した事は今の販売店の店舗営業スタイルの礎になったと思います
[ 2010/12/17 18:10 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
ベースのマーク2に対してスポーティなチェイサー、品のあるクレスタ、というようなイメージを持っていました。代々その傾向でモデルチェンジをしてきましたが、チェイサーとクレスタの後継としてヴェロッサが出たときには少々びっくりしました。スポーティさと上品さをトヨタ流に組み合わせるとヴェロッサ?って感じでしたね。そしてやっぱり消滅しました。
現在のマークXではスタンダード、スポーツ、プレミアムという3つのグレードでそれぞれ雰囲気が異なっています。異なる車名の姉妹車を揃えるよりも、現在のラインナップのような形のほうが個人的にはすっきりしていて好ましいと思っています。
[ 2010/12/18 10:22 ] [ 編集 ]
かつて各社に存在した双子ラインアップですが、この3車種に関してはしっかり差別化されてますね。この80系の場合、外装はマークⅡハードトップとチェイサーは共用部位も多いですが、クレスタはほとんどが専用設計になってます。

メーカーの垣根を越えたバッジエンジニアリングはウンザリ・・・・ほんま、そうですよ。それぞれがもっと明確に差別化されてるならまだいいですけど・・・・。ル○ラやラ○○ィなんか、本家ほぼまるまるそのまんまの分際でCMまで流してアホみたい・・・・。
[ 2010/12/22 17:47 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
軽自動車や商用車を中心としたOEM車群を見ていると、メーカー自らが“クルマの家電化”を推し進めているように感じます。実用品としてのクルマと趣味としてのクルマ、前者については今後どんどんこの流れが加速していくんでしょうね。そして“実用品としてのクルマ”の範囲もどんどん広がっていくと思います。
この流れが良いのか悪いのかは、時間が経ってみないとわかりませんね。
[ 2010/12/23 07:21 ] [ 編集 ]
他社からのOEM車という奴、現代ビジネスの必要悪とはいえ買い手は一体どういう心理で買うのか見当も付きませんね。
まあ事業用のトラックやライトバンぐらいなら仕方ないとは思いますが、例えば軽四輪で「スズキのワゴンRの新型だ、中々クールで町の空気も良い風が吹き始めたな」と感じたらそれがマツダのAZワゴンだったり、またキュートで趣味のよい軽セダンだな、これがスズキアルトかと思ったらマツダキャロルだったりと、小生のような人種には大げさではなくシラケ通しのOEM車の氾濫だと思います。
何より、乗り手側が「これどこのクルマ?」と聞かれて、「マツダ車です」と胸をはって答えられないのは確かです。だって逆に「スズキです」と言おうにもバッジがマツダな以上はそうも言い切れず宙ぶらりんなのは否めません。スズキアルトがマツダキャロル、先代モデルなら日産ピノなんてバリエーションもあった。そして今スズキのパレットは日産ではルークス.....これらすべて、乗り手側にはメーカーなど意識の中心に上らずせいぜい「日産で売ってるから日産車」「マツダの店で買ったからマツダ製」ほどの認識しか抱かず、それ以上何の疑念も抱かないとするならこれほどハッピーでおめでたい人種もいなかろう。
本来車を買うというのはユーザー側にとってはそのメーカーの血統とその背後に込められたドラマを買うことであったはずだ、しかしクルマ離れの昨今、そんなことはもはや不要なのだろうか。依然気が遠くなる現実ではある。
[ 2010/12/27 23:25 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、OEM車の氾濫というのはクルマ好きにとっては「シラケ通し」ですね。そのうちにトヨタの○○はタタの○○と同じ、マツダの○○は吉利の○○と同じ、というような時代になるのかもしれません。ちょっと寂しいですね。
[ 2010/12/28 11:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。