旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・トヨタ・セリカ(ST200型) 

101206a01.jpg
(画像クリックで拡大)

101206a02.jpg
(画像クリックで拡大)

101206a03.jpg
(画像クリックで拡大)

101206a04.jpg
(画像クリックで拡大)

101206a05.jpg
(画像クリックで拡大)

101206a06.jpg
(画像クリックで拡大)

101206a07.jpg
(画像クリックで拡大)

 1993年にトヨタから発売された6代目セリカ(ST200型)です。1999年まで生産されていましたので、まだ街中でたまに見かけることはありますが、流石にちょっとヘタッた車体が多くなってきましたね。カタログで綺麗な写真を見るととても新鮮な気分になります。
 先日、近所の中古車屋に走行6万キロでそこそこ綺麗なSS-3の5MTが25万円で販売されていました。思わず衝動買いしそうになってちょっと覗いてみたのですが、よく見るとやっぱりそれなり状態。中古車屋の、あの不自然に綺麗に見せることができる洗車方法を習いたいものですね。

 さて、この6代目セリカ、WRCでの活躍もちょっと中途半端で、賛否両論の意見があるクルマですが、個人的にはとてもカッコいいクルマだと思っています。しかしながら若者の嗜好がRVへ向かっており、ただでさえスペシャリティカーの人気が下がっていた時期に、フロントをちょこっと変えたカレンなる姉妹車まで発売したことが影響したのかどうかわかりませんが、当時の人気はいまひとつでしたね。

 その後、ダウンサイジングした7代目セリカ(T230型)にフルモデルチェンジされたものの、販売不振を覆すことはできず、とうとう国内からスペシャリティカーの代名詞であったセリカが消滅してしまいました。時代の流れとはいえ、寂しいものですね。

 しかしながら、国内では消滅してしまったセリカですが、北米では現在もサイオンtCとして立派にセリカの後継2ドアクーペが販売され続けています。それも若者向けの比較的廉価な価格帯で、カローラルミオンやiQ、イストとともにサイオンブランドの一角を担っていますね。
 最新型は2.5リッターエンジンを積んだ6MTもラインナップに存在しているとのこと。なんだかとても羨ましいです。現地工場で生産されたクルマが現地のみで販売されているというのなら諦めも付きますが、サイオンtCについては、地元愛知の工場で生産されて米国まで輸送し、それがとても安価に販売されているんですものね。ちょっと悔しいですね。
 
 2.4リッターなり2.5リッターなりのMTスポーティーカーが日本円にして150万円程度で販売されているなんて、いったいどういうカラクリになっているんでしょう。下請け部品工場を経営している友人が会うたびにトヨタの悪口を言っていますが、そんなこともなにか関係しているのかもしれませんね。

 北米向けとえいば、FJクルーザーが日本でも販売されることになりました。このご時勢に大型RVですから、あまり大ヒットするとは思えませんが、台数が見込めなくてもユーザーの選択肢を増やすという点ではとても好ましいことですね。エコカーやミニバン全盛の国内市場ですが、あの手のクルマを欲しがる方も少数ながら絶対に存在しているはずです。
 経営効率化のためにそのような少数派を切り捨てていくことは簡単なことですが、一度切り捨ててしまうとユーザーを再度引き寄せるにはずっと大きなエネルギーが必要になってしまいます。
 台数の見込めないクルマでも研究開発して販売し続けて欲しいとは言いませんが、FJクルーザーのように、他国向けに生産している車種を国内でも販売することはそれほど手間はかからないはず。受注生産扱いでもいいからサイオンtCもぜひ国内販売して欲しいものですね。

 相変わらずエコカーの話題が自動車業界の最重要関心事となっていますが、エコカーネタにもういい加減うんざりしているというクルマ好きも徐々に多くなってきているような気がしています。トヨタもそう感じるようになったからFJクルーザーの国内販売を始めたのかもしれませんね。

セリカ・SS-3(ST202型)
全長×全幅×全高 : 4435×1750×1305mm
ホイールベース : 2535mm
車両重量 : 1210kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 200PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/12/06 17:21 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(7)
2012年?の登場予定の
FT-86(仮名)に期待したいですね
ネーミングは
昔の名前を復活させるならばセリカかレビン
新たな名前を使うならば噂になっているFR-Sが
いいと思います

歴代セリカで好きなのは
3代目のリフトバックです
2代目セリカXXとほぼ同一ボディですね

日産も
FFでもいいので
ジューク16GT&16GT-FOURに搭載している
MR16DDTを搭載したシルビア後継車を出してほしいです。

[ 2010/12/06 22:35 ] [ 編集 ]
私もイベントで見ましたがプレミアム感や実用性を重きに見たらプラドに興味があります。このセリカは私の弟が乗っていましたが3ナンバーボディなので取り回しに少し難があって正直今のヴィッツの方が乗り味はスポーティーな印象に受け止めています。今のコンパクトカーがエコだけではなくスポーティーな走りも出来るようになった事もセリカが衰退した要因の1つだと思いますが…
[ 2010/12/07 10:09 ] [ 編集 ]
シークレット様

コメント、ありがとうございます。
FT-86、発売前にも関わらず、いろいろな話題が先行しすぎているのでトヨタもスバルも大変ですね。「期待はずれ」とならないように素晴らしい形で発売してほしいものです。
CR-Zが結構売れているようなので、利便性に劣る2ドアクーペでも潜在的な需要はそこそこあると思います。台数が稼げなくても、各社2,3種類はお手頃スポーツカーをラインナップに掲げて欲しいものですね。
[ 2010/12/07 12:34 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
私もうちのデミオを運転していて、よく走るし便利だし、コンパクトで取り回しも楽だし、・・・と、今のコンパクトカーの素晴らしさを実感しています。
でも、デミオを運転していて、同型のデミオとすれ違ったときに、デミオを運転している自分は他人からああ見えるんだろうなぁ、と考えてしまうこともあります。
車内が狭くても、荷物が載らなくても、後方視界が極めて悪くても、やっぱり2ドアのスポーツクーペに憧れてしまうのはオヤジ世代の悲しい性なのかもしれませんね。
[ 2010/12/07 12:53 ] [ 編集 ]
この代のセリカが純粋に一番スタイリッシュな気がします。
自分も中古見るとそそられるのですが、確かガソリンがハイオク仕様でしたよね?それが一番二の足を踏むポイントです!?
[ 2010/12/10 21:31 ] [ 編集 ]
フローラン・カバディ様

コメント、ありがとうございます。
このセリカの時期はガソリンがとても安かったので、ハイオク仕様が多かったですね。三菱のGDIエンジン搭載車などは確か全てハイオク仕様だったと記憶しています。
今はガソリンが高いからちょっと痛いですね。
[ 2010/12/11 10:01 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/12/12 16:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。