旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・マツダ・ロードスター(NB型) 

101123a01.jpg
(画像クリックで拡大)

101123a02.jpg
(画像クリックで拡大)

101123a03.jpg
(画像クリックで拡大)

101123a04.jpg
(画像クリックで拡大)

101123a05.jpg
(画像クリックで拡大)

101123a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 このところ親戚関係のゴタゴタに巻き込まれ、極度のストレスから過敏性腸症候群なるものに罹ってしまい、腹痛と下痢に悩まされています。田舎ではよくあることなのですが、まったく困ったものです。ほとんど他人のくせにジジババ連中はここぞとばかりに一族の舵を切りたがる奴ばかりでどうしようもないですね。きっと暇だからそんなことしか考えることがないのでしょう。

 さて、ストレスがたまったときにはやっぱりスポーツカーの出番です。1998年にマツダから発売された2代目ロードスター(NB型)です。初代、2代目、現行とどれも素晴らしいものばかりですが、個人的には2代目がいちばん好きです。ショートストロークのシフトノブやウッドハンドル等を見ているとコクコク変速しながらワインディングロードを飛ばしている情景が頭に浮かんできて、ほんの少しだけ現実の嫌な出来事から逃避できますね。
 ロードスターを所有していれば、実際に運転することができてもっとストレス解消になるのでしょうが、2シーターのオープンカーをマイカーにするのは少々勇気がいることです。とはいえマツダのロードスターは比較的安価なクルマですので、『夢』というほどではない位置に存在してくれているのはありがたいことですね。

 マツダのロードスターは初代でオープンスポーツカーというジャンルを切り拓き、ポルシェ・ボクスター等の様々な高級スポーツカーまで誕生させた、日本の誇る名車です。次期ロードスターは思い切った小型化を図るという話題もちょくちょく雑誌で見かけるようになりましたので、よりお手頃なオープンスポーツになる可能性が高いですね。そうなれば私も購入することができるかもしれません。期待したいですね。

 もっと早くお手頃なロードスターが出ていれば、しっかりとストレスを発散してゴタゴタも乗り切れたのかもしれませんが、残念ながら先日・・・とうとうやってしまいました。長老の一人に向かって“二度とうちへ来るな!あんた、何様のつもりでいるんだっ!”
 
 ハッハッハ、愉快愉快、怒鳴ったことしかない人間が怒鳴られたときに見せる表情というのはなかなか面白いですね。人生の先輩である老人に対してはもちろん敬意を持って接しなくてはなりませんが、人生の先輩は神様ではありません。そのうちに仏様になることはあっても神様になることはないと思います。そこを勘違いしている老人が多いのは田舎の特徴ですかね。

マツダ・ロードスターVS(NB8C型)
全長×全幅×全高 : 3955×1680×1235mm
ホイールベース : 2265mm
車両重量 : 1030kg
エンジン : 直4DOHC 1839cc 145PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/11/23 16:10 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(6)
お体の具合はいかがですか?ブログを見てもしばらく更新されていなかったので「どうしたのかな?」と気になっていました。次期ロードスターはマツダの新エンジンSKY CHECKシリーズを搭載してダウンサイジングされるみたい?です。モデルチェンジごとに肥大化したロードスターは最近魅力が薄れてきたのでここは現行デミオのように思い切った事をするのも販売活性化の1つとしていいと思います
[ 2010/11/25 17:15 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
父が早くに亡くなってしまったため、関係としては頂点に位置しながら年齢は一番下で、父の代の連中を相手しなくてはならないので大変です。まだ下痢が続いています。今になって父が早く亡くなった理由がわかったような気がしていますので、体調管理には気をつけようと思っています。
マツダのSKYシリーズ、楽しみですね。エンジンだけでなく新しいMTも開発されたようなので、次期ロードスター、とても楽しみです。
私もマツダを見習って、思い切ったダウンサイジングをしようかと策を練っているところです。
[ 2010/11/26 10:55 ] [ 編集 ]
この頃、ようやくブログの運営にも慣れてきた者です。よろしくお願いします。
ロードスターは、マツダの中でも一番好きな車です。今は、マツダも結構いい車を作っていますけど、昔は全然なくて、(RX-7を除いて)ロードスターは光っていたように思います。
あと、お身体の具合を崩されているようですが、お気をつけください。
[ 2010/11/27 23:53 ] [ 編集 ]
ゆうすけ様

コメント、ありがとうございます。
マツダは一時期ちょっと低迷していましたが、Zoom-Zoom路線になってからは魅力的なクルマが増えてきましたね。ロードスターは私も素晴らしいクルマだと思っています。
体調の心配をしていただき、ありがとうございます。相変わらず、下痢と腹痛が治まりません。困ったものです。
貴兄のブログ、リンクさせていただきました。今後ともよろしくお願い申し上げます。
[ 2010/11/28 11:27 ] [ 編集 ]
マツダのロードスター。何でも次期モデルはSKY-G 1500ccユニットを搭載し、タコ足排気と全長3700mmの小ぶりさを生かして弾ける走りっぷりを経済的に実現してくれる可能性が大で、今世紀に入っての大作ベスト5に入る出来が期待できそうです。なんといっても重量は1トン未満の公算が大、それだけでも画期的ではないでしょうか。
さてNA型ロードスターで世界的に軽量スポーツの新境地を開き、それに引き続きNB型、現行NC型ではやや大型化して2.0Lまで積むに至りましたが四代目に当たる次世代モデルでは最先端テクノロジーを武器に原点回帰するのだから願ったり叶ったりではないかと思います。
なるほどこうした手が届く価格帯と経済性を併せ持ったスポーツカーはその「手軽さ」と「身近さ」が相まってオーナーの良きペットであり、理解者というべき親しみやすさは捨てがたいですが実は小生自身、目下愛用中の2004年式トヨタヴィッツ1300U-Lに対して同様な感情を抱いているのです!
このヴィッツ、82375km走行し弾ける走行性能と人車一体感をフルに味わえる伴侶として小生に魂の平安をもたらしてくれます。当方の生活リズムはヴィッツによって形作られているといっても過言ではないほど、毎日の欠かせない相棒となっております。
仕事や日常生活のストレス、「ミニバンブーム」に対して感じる我が国モータリゼーションの文化的質の乏しさ(いわば「乗れれば良い」といった、クルマに電車やバスと同質の期待しか抱かない無関心層の蔓延といってもよい!クルマに情熱を注ぐ本場ドイツの市場様相とは天と地の差よ!情けない我が国よ!)、ひいては「外車といえばGMやフォード等のアメ車」が真っ先に浮かび、本場のヨーロッパ車(ベンツ/BMWであれワーゲン/プジョーであれ)という概念が頭に備わっていないほど民度が低い周囲の人間達に対するやるせない歯がゆさを、愛車ヴィッツのアクセルペダルを蹴飛ばすことで発散させ、ヴィッツは鋭敏なダッシュで応えてくれる、道は限りない天空に続く滑走路.....こうしてヴィッツは小生の心に共感し、頼もしい味方となるわけだ。
考えて見れば川島なお美のサイン会に向かう道中でもヴィッツは頼もしくアクセルワークに応え、彼女からサインを貰った帰りにはエンジンがひときわ軽く、カーボンが吹っ飛んだ感を覚える、親戚の遺産相続の会合に向かう時も、小型車とは思えぬ信頼感あふれるフィールと重厚なブレーキの制動特性に身を委ねることによって重苦しい気持ちに一筋の潤いが生まれる.....これを「一心同体」といわずして何と言おうか。
ヒューマンサイズのクルマはかくして乗り手の人生の瞬間瞬間にドラマを与え続けるわけで、kurumaniacs様もロードスターを通じて様々な人生のノウハウを得て人間的に厚みを増して来られたことかと思います。
[ 2010/11/29 19:31 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、私も愛車の条件として、「手軽さ」と「身近さ」はとても重要だと思っています。ドアパンチが心配でスーパーの駐車場に気軽に置いておくことができないような高級車や、街乗りでは欲求不満がたまるばかりの超高性能スポーツカー、車重2トンにも及ぶ大型ミニバンや大型セダン等には憧れることすらありません。
その点、ロードスターは実にちょうど良い位置に存在していますね。次期型ではさらに身近な存在になりそうなので、とても楽しみです。お手頃といえば、ダイハツ・コペンもありますが、あれは内容を考えるとちょっと高すぎますね。
[ 2010/11/30 15:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。