旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・日産・サニー(B15型) 

101103a01.jpg
(画像クリックで拡大)

101103a02.jpg
(画像クリックで拡大)

101103a03.jpg
(画像クリックで拡大)

101103a04.jpg
(画像クリックで拡大)

101103a05.jpg
(画像クリックで拡大)

101103a06.jpg
(画像クリックで拡大)

101103a07.jpg
(画像クリックで拡大)

 1998年に日産から発売された9代目サニー(B15型)です。この代でサニーは消滅しましたので、これが最終型のサニーとなってしまいましたね。個人的にはとても好きなサニーで、青ヘッドのエンジンが搭載されたVZ-Rの購入を真剣に考えてたほどです。
 当時、会社の休み時間にこのカタログを見ていたところ、事務の女の子(30過ぎ)に『クルマ、買い換えるんですか?』と尋ねられたことがありました。『これ、考えているんだけど、カッコいいでしょ?』とVZ-Rのページ(6枚目の画像)を指差してと言うと、『ダサッ!オッサン臭いって言われますよ!』って言われてしまいました。
 『あんた、そんな物言いするから30過ぎても嫁の貰い手がないんじゃないの?』なんて言ったら訴えられてしまいますから、ぐっと我慢して『そうかな~』と返事したことを昨日の事のように鮮明に覚えています。
 サニーVZ-Rの購入を検討された方がみんな会社でこんなことを女子社員から言われたとは思いませんが、このVZ-R、かなり販売状況がよろしくなかったようで、300台ほどで販売終了となってしまったそうです。“独身女子社員、恐るべし”ですね。

 さて、この代のサニーは、『新世代プラットフォーム』が大きなセールスポイントでした。プリメーラやブルーバードシルフィ、ウイングロードから先代セレナまで、全部このMSプラットフォームというものが使われていましたね。
 2枚目画像の写真を見るとまるでタミヤのプラモデルのようです。これにいろいろなボディをかぶせて様々な車種になっていたんですね。現在はどのメーカーもプラットフォームの共有化を進め、メーカー内だけでなく、メーカーを超えての共有も珍しくなくなってきました。まあ効率化とコストダウンのためには致し方ないのでしょう。

 今後、さらに共有による効率化が進むと思われますが、どうせ共有化するのであれば、もっとディーラー側での自由度が高くなる方式だといいですね。メーカーの工場はどんどん効率化され、工場自体が世界規模で統合されつつあります。そこで同じものを大量に生産して世界中にばら撒くのはもちろん効率的ですが、同じクルマばかりが街に溢れているというのはあまり面白くありません。
 それならば、安価にベース車両を生産し、ディーラーの整備工場でエンジンやトランスミッションの載せ替えから外装の総入れ替えまでできるようになると面白いですね。

 例えば、最初に1300ccのサニーFEを購入。2年後に1500ccエンジンにアップグレード、5年後に1600ccエンジンと5MTを載せてVZ-R仕様に。そして9年後には外装をブルーバードシルフィに交換。こうすれば一台のクルマでずっと楽しめますね。
 もちろん新型に買い換えたほうが安上がりでしょうけど、メーカー保証付きのアップグレード作業というものがあれば、一台を大切に乗り続けたい方にも嬉しいことですね。
 面倒な作業が増えるのでディーラーの整備工場は人を増やさなければならなくなります。メーカーはかなり古い部品までしっかりと保管、場合によっては再生産する必要が出てきますので、現在の工場とはまったく異なる工場が必要になるかもしれません。

 資源や環境のために新しい技術を開発することはもちろん重要なことなのでどんどん追求しなくてはならないと思います。でももう一方で、古い物でも大切に使う気持ちも持ち続けていかないと、結局無駄な廃棄物をたくさん出すだけの世の中になってしまいますからね。

サニー1600VZ-R(JB15型)
全長×全幅×全高 : 4345×1695×1414mm
ホイールベース : 2535mm
車両重量 : 1180kg
エンジン : 直4DOHC 1596cc 175PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/11/03 17:13 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(10)
このタイプのサニーってリアから見たトランク周りや真横から見たところがシトロエンのエグザンティアに似てるって思ってたのは私だけでしょうか?
私も一時期購入して少しいじってなんちゃってエグザンティアを作ろうかと検討しました。
[ 2010/11/03 19:23 ] [ 編集 ]
フローラン・カバディ様

コメント、ありがとうございます。
言われてみれば、後ろから見たところなど似ていますね。車格が違うしシトロエンは外車なので恥ずかしながらこの二台を結びつけてイメージしたことはありませんでした。
私はこのサニーの“とても地味な普通さ”が好きでした。
[ 2010/11/04 14:22 ] [ 編集 ]
この型のサニーのスタイルは私個人的にはお世辞にも?かっこいいとはいえません特に同じ時期に販売されていたカローラなとに比べると古さを感じるのは否めないです。このサニーが発売された頃はルノーと提携前の混乱期?に発売されたのでどの日産車も迷いが感じられる商品企画がもろに車に反映されています。私はどちらかと言うと今のティーダはあっさり割り切った所が好きですサニーでは一番好きなタイプはカリフォルニアでサニーシリーズでは迷いを感じない的をついた車でとても好きでした
[ 2010/11/04 22:08 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
サニーカリフォルニアは私も好きでした。日産はヒット作が出る時期のラインナップはほとんど全てがヒット作となり、不振の代はほとんど全てが不振になるという面白い流れがありましたね。
ゴーン体制になってからの日産、魅力的なクルマも多く世界規模でよく売れているようですが、どのクルマも日本を向いていないような感じがして、ちょっと寂しく思っています。
[ 2010/11/05 13:51 ] [ 編集 ]
このB15サニー、性能は一定以上のものを持っているにも拘らずなんとも印象が薄く、「通行人A」的存在に見えてなりませんでした。
なるほど新設計のシャーシーや安定志向のハンドリング等、煮詰められてエンジニアリングされているのは確かですが、どこといって新味や特徴に乏しい「リタイア老人の乗り物」という印象が最後まで免れません、率直に言って。
それにしてもこの代でサニーも肥大化してしまったかと呆れてしまいました。上級のブルーバードSSSや同シルフィに比べて全長で15-20cm差まで迫っており、幅に至っては全く同寸、いわばかつて1970-1980年代初頭にかけての「ブルーバード」に対する「バイオレット/スタンザ」的位置づけまで接近してしまった格好です。
お陰でサニーもこの時代となると、本来は「ブルーバードの一ランク下の大衆車」だったはずが「準ブルーバード」と化してしまい(←「本物の」ブルーバードクラスではないにせよ「まあ」ブルーバードクラス、と口語で呼びならわせるほどだ!kyuusyamaniaさんはニュアンスわかっていただけましたね)、その接近ぶりはトヨタのクラウンとマークII(マークX)ほどまで縮まっていることが伺えてならないのですがいかがでしょうか。
そんな大型化したサニーだからこそ、1500よりも1800ccユニットがふさわしく、ベストチョイスに感じられる小生なのでした。
[ 2010/11/06 22:42 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
サニーは車名自体がなくなってしまいましたが、ブルーバードもかつての面影がまったくなくなってしまいましたね。コロナ・プレミオがプレミオとなったように、ブルーバードシルフィも直にシルフィになってしまうと思います。
ラリーで活躍していたブルーバードに憧れていた世代の感覚からすると、とても寂しいものですね。
[ 2010/11/07 10:24 ] [ 編集 ]
VZ-Rは本格的なスポーツグレードながら外観はホイールが専用となるくらいで、まさに羊の皮を被った狼ですね。ダサいなんて言われたそうですが、このような昔ながらのキチッとしたスタイリングのセダンはやっぱり良いもんですよ。ただB15の場合、室内の狭さが欠点ですね。
[ 2010/11/21 00:14 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
最近、“昔ながらの”クルマ好きにはちょっと違和感が感じられる方向へクルマが進んでいるみたいで戸惑いを感じています。
自動車業界も大きく変わりつつあるんだ、ということを実感すると同時に、“クルマ好き”の方々も新時代の方々への入れ替わりを迎えているのかもしれませんね。
[ 2010/11/21 19:59 ] [ 編集 ]
我が家は サニーしか知りません
父の代から ず~っとサニーです
もしかすると 初代サニーからかも?
今私が乗っているのが カリフォルニア
昭和54年 購入
こだわりがあるわけではないけど、故障しなかったから今も乗っています
なかなか 快調! 燃費もGOOT
さすが 「技術の日産」ですね

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/54/94/092f143910a5c4f50f9c0cc279c69781.jpg

ただ 若干 目立ちすぎるのが 難点ですかね
[ 2010/12/05 22:54 ] [ 編集 ]
やまだ屋恭介様

コメント、ありがとうございます。
写真、拝見しました。懐かしいカリフォルニアですね。昭和54年ということは、もう30年選手になりますね。シンプルな構造だから現在のクルマよりも耐久性が高いのかもしれませんね。羨ましいです。
これからも大切に乗り続け、どんどん目立ってください。
[ 2010/12/06 11:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。