旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・いすゞ・117スポルト他 

101028a01.jpg
(画像クリックで拡大)

101028a02.jpg
(画像クリックで拡大)

101028a03.jpg
(画像クリックで拡大)

101028a04.jpg
(画像クリックで拡大)

101028a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1966年のジュネーヴ・モーターショーで発表され、世界的に高い評価を受けたいすゞ・117クーペのプロトタイプ、いすゞ・117スポルトです。ジュネーヴ・モーターショーに出品された車体なので、左ハンドル仕様になっていますね。
 このクルマもとても有名なクルマなのでもはやあらためて説明する内容などありませんが、ジウジアーロ氏がデザインした代表的な日本車で、できるだけこのコンセプトカーのスタイルを崩したくなかったために2年後から市販された117クーペの初期型はハンドメイドで作られていたという話は有名ですね。
 117スポルトに限らず、当時いすゞから市販されていたべレット1600GTやべレット1500スポーツもとてもカッコいいですね。現在の軽自動車とほとんど同じような寸法にも関わらずこれだけ存在感のあるクルマが造れるのですからデザインの重要性って大きなものですね。

 さて、このいすゞの総合カタログ、表紙の117スポルトで夢見心地になったところでページをめくるといきなり厳しい現実を突きつけてくれます。“あなたの小さな決意ひとつで今すぐべレット購入計画が実ります”と強調したうえで“いすゞローン”のご説明。ご丁寧にべレット1300とべレット1500の支払い参考例まで表記されています。当時初任給が2万円程度でしたから、そのなかから2万円ずつ24ヶ月も返済にあてるのはかなり厳しい・・・、というか、無理ですね。でもご安心を、ボーナス払いのコースにすれば月々1万円以下の返済で済むとのこと。
 現在の感覚で考えるとかなり無謀な返済計画ですが、当時は毎年給料が上がっていきました。そんな時代は少々の無理でも時代が解決してしまいますからなんとかなってしまうんでしょうね。ゆえに“あなたの小さな決意ひとつ”でべレットが購入できてしまうのです。

 大卒初任給が20万円程度の現在、ボーナスも出るかどうかわからないご時勢ですから、ボーナス返済のコースはちょっと無理があります。若者諸君、“あなたの小さな決意ひとつで”、月々20万円24ヶ月払のローンを組んでマイカー購入計画を立ててみては?きっとご両親にぶん殴られると思いますが・・・。

 話をコンセプトカー・いすゞ117スポルトに戻します。1968年にはほぼこのスタイルでいすゞ・117クーペが市販されるようになりましたね。
 マツダ党の私は現在チラチラと報道されるようになってきたマツダのコンセプトカー、シナリをとても楽しみにしています。高級スポーティーカーという位置付けのようなのでおそらく私が手に入れることはできないでしょうが、もし市販されれば試乗の機会はありそうです。ああいうカッコいいクルマがもっと出てほしいものですね。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/10/28 16:20 ] 1960年代いすゞ | TB(0) | CM(8)
いすゞ自動車が乗用車生産、販売から撤退して久しいですが私は街の遊撃手のコマーシャルで一世風靡した?FFジェミニが好きでした。あのアクロバットドライブのコマーシャルもよかったがイルムシャーやハンドリング・バイ・ロータスやディーゼル車などグレートラインナップも豊富でしたねあの頃のいすゞ車の商品企画はちょっと面白いものがあって今の効率第一主義の国産車からみたら面白かったです
[ 2010/10/28 18:10 ] [ 編集 ]
さすがイタリア人って感じでしょうか?
素人の私には当時、周りの国産車も似たような感じに見えましたが、こうやって月日が経ってみるとその色褪せない美しさにほれぼれします。今でもピアッツァを時々見るとうっとりしてしまいます。
[ 2010/10/28 19:23 ] [ 編集 ]
ベレットかっこ良いですね。
かっこ良くそして上品。最近の車にはありませんね。
P.S. ベレGのカタログがあれば掲載していただきたいのですが・・・
[ 2010/10/28 21:52 ] [ 編集 ]
♪もしも月給が上がったら 私はミンクを買いたいわ ボクはベレGかクラウンさ 上がるといいわね上がるとも いつ頃上がるのいつ頃よ そいつがわかれば苦労はない♪~
林伊佐緒のナツメロ「もしも月給が上がったら」の節で口ずさめばぴったり決まる気がします、高度成長たけなわの昭和42-43年頃(1967-1968年)の世相。
24ヶ月ローンで初任給分を支払いとは、そんな「右肩上がり真っ只中」の高度成長が伺え、実に黄金の1960年代でしたね。「戦争の余波」たるバラックが目に見えて姿を消していったのもこのころです。
さて、いすゞベレット1500Dxは1967/68年当時で642000円、現在で言えば642万円程度となり、クラウンマジェスタ(4600cc)やBMW335i(3000ccターボ)とほぼ等しい買い物となり、おいそれとは手を出せない金額です。そういえば小生が一昨年まで乗っていたメルセデス・ベンツ260Eは購入した1992年4月当時で658万円(消費税別)だったっけ。
一方、同じベレットでも1300Stdは51万円、現代で言えば510万円前後の買い物となり小生が現在所有中(※家族名義)のレクサスIS350とちょうど同レベルという感じでしょうか。
いずれにせよカローラやサニーが40万円台で、今で言う300万円台末~400万円台中盤に相当する金額で、決して両手を挙げて大衆車とは呼べずむしろ「中間管理職などホワイトカラーが頑張れば買える、上限のぜいたく品」であった時代、それより一回り大きく高級ないすゞベレットを買うのには相当の蛮勇が必要であったことは想像に難くありません。
それでも頑張れば右肩上がりに給料が上がり、時には奇跡的なボーナスが出て大衆生活に「大番狂わせ」が期待できた1960年代末。日本人は素晴らしい未来を夢見てがむしゃらに働いた、そして経済大国の地盤が強まる一方で看過できない公害も起きた、良く考えてみれば当時の日本人は今とは比較にならぬほど貧しかったがそれでもハングリーな期待と生きる知恵にあふれていた。自分の国を向上させたい闘志に溢れていたからこそ学生運動も続々起きたのは否めないだろう。
そして今、円高と中国の台頭の狭間できりきり舞いする我が国は表面上の経済データは磐石の水準に達している一方で、人々の間に閉塞感が生まれ、第一無気力になっている。それゆえねじれ国会のこの国には無党派層が続々発生し、「そのうちに誰かが政治経済を改良してくれるだろう」とばかりに事なかれ主義に逃避し、どこといって次世代につながるビジョンは見えてこないのも事実なのだ。この辺り、苦しい時の新党だのみという所だろうか、巨艦化して身動きもままならぬ民主党・自民党両党に代わって。
[ 2010/10/28 22:33 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
ジェミニのCMは印象的でしたね。私はビークロスのデザインにたまげました。
[ 2010/10/29 09:35 ] [ 編集 ]
フローラン・カバディ様

コメント、ありがとうございます。
何十年経っても色褪せない美しさのクルマって、あまりありませんね。大きさの制約はあったにせよ、もしかしたら昔のほうがデザインの自由度が高かったのかもしれませんね。
[ 2010/10/29 09:42 ] [ 編集 ]
RE大好き様

コメント、ありがとうございます。
ベレGのカタログについては、行方不明になっているのではなく友人にあげた記憶がありますので、残念ながら当方の倉庫にはありません。このブログからもリンクさせていただいている『’70年代 旧車の世界』様でベレGのカタログが紹介されていますよ。
[ 2010/10/29 09:52 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
産業革命で「近代」という時代を作ったイギリスでは、名門自動車メーカーはすべて外国企業の所有物になってしまいました。
大量生産で自動車産業のトップを走っていたアメリカのビッグ3はリーマンショックによって“ビッグスリー”ではなくなってしまいました。
現在は中国・インド等がものすごい勢いで成長していますが、いま「先進国」と呼ばれている国が経てきた過程をより短期間で通過しつつあるだけだと思います。
やがて中国・インドから舞台は次の「中国・インド」に移っていくと思います。そしてその頃には、「大量生産」による効率化も限界を迎えると思います。
意外とその頃には「効率的な少量生産」という新たなビジネスモデルが先進国の主流となり、アメリカ的な自動車産業は時代遅れになっているのかもしれませんね。(個人的には既にアメリカ的・トヨタ的は時代遅れになっているような気がしています)
[ 2010/10/29 10:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。