旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホンダ・フィットハイブリットに試乗してきました。 

101014a01.jpg

101014a02.jpg

 先日ホンダから発売されたフィット・ハイブリットに試乗してきました。ここ最近ハイブリットだのエコカーだのと騒がれすぎていたせいか、試乗しても特に感動することもなく、「ホンダのハイブリットシステムが搭載されたフィット」という印象しかありません。
 メーカー希望小売価格が159万円、これを高いと感じるのか安いと感じるのかは人それぞれですが、価格についてもインサイト、プリウスの時点で既に私を含めて多くの方々が麻痺してしまっているので、あのときの“189万円”という価格ほどにはインパクトがありませんね。まあそれだけハイブリット車が特別な存在ではなくなったということなのでしょう。

 もともとフィットは1.3リッターとは思えないぐらいによく走るクルマでしたので、モーターアシストによって走行性能がノーマルのガソリン車に比べてどの程度変わっているのかはよくわかりません。それにガソリン車のエンジンとハイブリット車のエンジンは同一のものではありませんので、こと“走り”についてはモーターのトルクをどう感じるかによって人それぞれ意見が変わってくるかもしれませんね。個人的にはCVTである時点であまり魅力を感じていません。
 ハイブリット車の魅力は燃費が良いことと、“ハイブリット車に乗っている”と思うことができること、そしてアイドリングストップやメーターの色が変わってエコ運転度がわかるという“コーチング機能”など、いかにも“エコカーに乗っている”という気分になれることなのかもしれませんね。

 このフィット・ハイブリットの登場により、今後ますますハイブリット車の占める割合は増えていくことでしょう。リッター30km、リッター40kmとどんどん低燃費なエコカーが開発され、きっと地球環境にも優しいクルマ社会になっていくんでしょうね。

 ハイブリット技術、EV技術などの次世代技術が次々と実用化されていくのはとても素晴らしいことですが、ここらで一発趣向を変えてどこぞの変わり者のメーカーが“孫の代まで使うことができます”という触れ込みのエコカーを出して欲しいものですね。

 とはいえかつて“平均20年持ちます”というような意味合いの広告を出していたボルボは今や中国企業の所有物、やっぱり営利企業たる自動車メーカー、商品があまり長持ちしすぎるのも問題なのかもしれませんね。

 さて、話をフィット・ハイブリットに戻します。おそらくこのクルマの走行性能、燃費性能、使い勝手、価格などに文句を付ける人はいないでしょう。内装がチープだとかいう方がおられるかもしれませんが、そもそもチープなクルマなのですから、豪華な内装を求めるほうが間違っています。とくにこだわりがなければメインのクルマとしてこれ一台でほとんど用が足りてしまいます。私はいりませんが・・・。

フィット・ハイブリット(DAA-GP1型)
全長×全幅×全高 : 3900×1695×1525mm
ホイールベース : 2500mm
車両重量 : 1130kg
エンジン : 直4SOHC 1339cc 88PS
モーター : 薄型DCブラシレス 14PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/10/14 18:24 ] 2000年代ホンダ | TB(0) | CM(6)
フィットハイブリッド試乗されましたか私はホンダのハイブリッド車にはまだ乗ったことがないですが私が以前ハイブリッド車を試乗した印象だと自動車で一番パワーが欲しいシチュエーションでハイブリッド車は燃費の為に?我慢を強いられる走行モードになっているので走りを重視する面においではややフラストレーションがたまる?感じでした。私は年間走行距離は5000キロほどなので車両価格が高く、車重が重く、走りがつまらないハイブリッドやディーゼル車は買わないですエスティマならハイブリッドよりパワーのある3500を買います。ハイブリッド車はガソリン車と比べて本体価格の差が+10万円以内なら購入してもいいかな?と思いますが安くなったとは言えやはりまだまだ高いです。ちなみに私は嫁さん用にヴィッツを買いましたが1300のエンジンですがキビキビ走り、燃費もよく日常のアシとしてはとてもいい車ですよ!
[ 2010/10/17 07:34 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
ヴィッツもよく走りそうですね。うちにはヴィッツと同じ1.3リッターの先代デミオがあります。デミオも高速から街中まで走行性能に不満はまったくなく、使い勝手はアクセラよりもずっと上です。ヴィッツ、フィット、デミオなど、この手のコンパクトカーって各社の売れ筋だけあって素晴らしいクルマばかりですね。
もしうちでどちらか一台を処分しなくてはならない状態となれば、間違いなくアクセラが対象となってしまいます。MTのアクセラは私専用の趣味車で、ATのデミオがわが家のメイン車ですから。
[ 2010/10/17 12:42 ] [ 編集 ]
私は文句付けますよ。室内長1825mmという狭さ。ずっと小さかった先代より10mm下回ってるんですよ。こんな不真面目な設計ありえますか?

バンパーを前後共に変えるなど、マイナーチェンジの内容がまともだったのは評価できますが・・・・。
[ 2010/10/19 16:13 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
考え方は人それぞれだと思います。室内長が1cmも狭くなったと考える方もおられれば、燃料タンクを運転席の下に移動し、ハイブリット用バッテリーを後席の後ろに積んでも1cmしか室内長が狭くなっていないと考える方もおられます。
真面目な設計なのか不真面目な設計なのかは私にはわかりませんが、少なくともCR-ZでハイブリットMTを実現しておきながらフィットではハイブリットとRSを明確に区分けしている営業姿勢に疑問を感じています。
まあフィットハイブリットの6MTが160万円前後、もしくはCR-Zの車体で中身はフィットRSの1.5Lと6MT、というクルマが170万円前後、というラインナップを出してしまったら、CR-ZとフィットRS双方の位置付けがなくなってしまいますからね。
[ 2010/10/19 20:14 ] [ 編集 ]
室内の広さはハイブリッドでないタイプも同様です。ハイブリッドの設定は現行型の開発時から計画されていたかもしれませんが、狭くしてるのはそのためではなく、ラゲッジスペースを重視した結果かもしれません。乗用車である以上、まず室内空間第一であるべきだと思うんですが・・・・。
[ 2010/10/20 19:45 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
私は専門家ではなく、ただの素人ですから、あまり気になさらないでください。
フィットの場合、後席の座面を跳ね上げて高さのあるスペースを作ったり、後席をたたんで自転車やソファーが載るスペースを作ったりと、利便性の高さも売りのクルマなので、あらゆる要望を盛り込んだ最大公約数的な設計の結果が今のフィットになったんだと思います。
[ 2010/10/21 07:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。