旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・キャラバン(E24型) 

101005a01.jpg
(画像クリックで拡大)

101005a02.jpg
(画像クリックで拡大)

101005a03.jpg
(画像クリックで拡大)

101005a04.jpg
(画像クリックで拡大)

101005a05.jpg
(画像クリックで拡大)

101005a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1986年に日産から発売された3代目キャラバン(E24型)です。乗用ワゴンのキャラバンコーチについては以前にご紹介しましたが、本日は商用バンのカタログです。
 先日ご紹介したトヨタ・ハイエースがスーパーGLグレードを設定して確固たる地位を築こうとしていた頃、ライバルの日産・キャラバンはどんな戦略を練っていたのでしょうか?このカタログは1986年のものでE24型キャラバンが発売されたときに発行されました。つまりハイエースがスーパーGLグレードを設定した時期よりも1年前のものですので、きっとトヨタは日産キャラバンの新機軸に対抗するために慌ててスーパーGLグレードを設定したんでしょうね。
 さて、トヨタをも慌てさせた日産キャラバンの新機軸とは・・・、4枚目の画像で紹介されている“大きな窓”です。ただ大きいだけでなく、びっくりするぐらい大きい窓、その名も“ビックリウインドウ”、ロング平床バンに設定されていたそうです。
 カタログによると、「日本初の新機軸」だそうですが、確かにこのデザインは誰も考えつきませんよね。ちなみにこのビックリウインドウのキャラバン、私は実物を一度も見たことがありませんから売れたんでしょうかね。今となっては「日本において最初で最後の新機軸」のような気がします。「最初で最後の新機軸」、言い方を変えれば「失敗」ということですね。
 まあビックリウインドウだけではなく、正統派の豪華グレードももちろん設定されていました。5枚目で紹介されている、“豪華仕様のGL-L”です。なにが豪華仕様かというと、なんと商用バンにも関わらずサンルーフが標準装備とのことです。サンルーフといえば“天窓”のことですので、どうやらこの時期のキャラバンは“窓”に固執していたようですね。
 窓にこだわっていた日産・キャラバンとスーパーGLを煮詰めていったトヨタ・ハイエース、その後の流れを考えればどちらが正解だったのかは一目瞭然ですね。
 もし当時の社長がゴーン氏だったら、“ビックリウインドウ”を許可したのだろうかと想像すると、ちょっと楽しくなってきますね。

キャラバン・ロング平床バン・5ドアDXビックリウインドウ(E24型)
全長×全幅×全高 : 4690×1690×1970mm
ホイールベース : 2645mm
車両重量 : 1640kg
エンジン : 直4OHVディーゼル 2289cc 76PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/10/05 16:39 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(6)
キャラバンはこの型からハイエース化してエルグランドにリレーしましたね確かモデル後期にはコーチにVGエンジンと直噴ディーゼルターボエンジンも搭載されましたね。私はこの型のキャラバンのバンはとって継ぎ足したようなボディのスーパーロングとハイエースにはないリア観音ドアの付いたスーパーハイルーフ車だけが記憶に残っていますやはり100型ハイエースのスーパーGLの印象の方が強かったです
[ 2010/10/05 17:43 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
商用バンとしてのキャラバンは、このE24型の時期に、1989年にフルモデルチェンジしたH100系ハイエースとの差が大きく広がってしまったようですね。
[ 2010/10/06 07:56 ] [ 編集 ]
こんなの私も見た事無いですし、今回の記事拝見して初めて知りました。面白いバージョンですね。サンルーフはハイエースのバンにも設定されてましたね。
[ 2010/10/06 19:15 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
ビックリウインドウ、私もカタログでしか見たことがありません。実物を一度でも見てみたいものですね。
H100系のサンルーフ付きは何度か見たことがありますが、ビックリウインドウまではいかなくともかなり少数派ですね。個人的な考えですが、ハイエースにせよキャラバンにせよ(商用バンについてです)、サンルーフって、必要なんでしょうかね?おそらく社会が豊かになって成熟してきた頃、商用バンと乗用ワゴンを兼ねることに無理が出てきたので、キャラバンもハイエースも乗用ワゴンを別設計しはじめたんでしょうね。
そして現在、乗用タイプはエルグランドとアルファード。割り切ったおかげで商用バンのキャラバンもハイエースも、とても素晴らしいクルマになっていると思います。
[ 2010/10/06 21:16 ] [ 編集 ]
ビックリウインドウですが、今まで知らなかったです。
もちろん街で見たこともない人が知らないのも当然でしょうか・・・

グリーン、イエローのボディカラーも見たことがないですね。
白以外がいかに少ないかということですね。

サンルーフは煙草を吸う人にとっては必要かもしれないですね。
フルオプション状態の最後の写真もかっこいいですね。
[ 2010/10/06 22:49 ] [ 編集 ]
CVT様

コメント、ありがとうございます。
一発屋の芸人なら一発当ててますので、「あー、あの人いたなあ」ってなるんですが、ビックリウインドウの場合、その一発もなかったようですね。
[ 2010/10/07 07:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。