旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・トヨエース(Y20/30型) 

100922a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100922a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100922a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100922a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100922a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100922a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1979年にトヨタから発売された4代目トヨエース(Y20/30型)です。先代まではセミキャブオーバータイプでしたが、この代からキャブオーバータイプに変更されましたので、現在のトラックに慣れた目で見ても特に違和感は感じませんね。とはいえ、標準設定色にオレンジ色が設定されている点には違和感を感じます。この代のトヨエース、青と白はよく見かけたのですが、オレンジ色は一度も見たことがありません。販売比率はどれぐらいだったんでしょうね。
 
 さて、このトヨエース、仕事でよく乗っていました。カタログでも大きく紹介されている『新採用、高回転・高出力のL型ディーゼル』モデルです。トヨエースとして運転している分にはそれなりに可もなく不可もなくのエンジンだと感じていたのですが、このL型ディーゼルエンジンは同時期のマーク2やクラウンにも搭載されていました。
 このエンジンが搭載されたクラウンにもよく乗っていたのですが、クラウンのエンジンとしては“可はなく不可だけの”エンジンだと思っていました。当時はディーゼルがブームだったので仕方のないことですが、やっぱり用途によって向き不向きはありますね。パワーユニットも適材適所、間違えるとちょっと歪なクルマが完成してしまいますね。

 現在トラックには触媒やフィルターによって排出ガス規制をクリアできる状態のディーゼルエンジンが搭載されていますが、今後のトラックのパワーユニットはどうなっていくんでしょうね。現行トヨエースにはディーゼルハイブリットのグレードもあるようですが、積荷を少しでも多く運びたいトラックに重いモーターやバッテリーを積んだシステムというのはいかがなものでしょうかね?
 日本ではあまり良いイメージのないディーゼルエンジンですが、欧州では現在乗用車の新車販売において約半分を占めている主流派エンジンです。日本メーカーも欧州市場向けに次世代ディーゼルエンジンを続々と開発・投入している状態ですので、近い将来、次世代ディーゼルエンジンがトラック・乗用車問わず日本でもブームを引き起こすかもしれませんね。
 なんといっても日本はブームが来たらそれ一辺倒になるお国柄ですから。

トヨエース・ロングデッキ・ジャストロー・1.5t積み(LY30型)
全長×全幅×全高 : 4690×1690×1975mm
ホイールベース : 2515mm
車両重量 : 1455kg
エンジン : 直4OHCディーゼル 2188cc 72PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/09/22 18:01 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(4)
小生、東北道下り館林付近でバカ飛ばしするL型ディーゼル付きトヨエースに遭遇したことを憶えております、今世紀初頭のある日のことです。
何でもあの日は福島県須賀川からの帰りで、雨の東北道を小生が乗る1992年式メルセデス・ベンツ260Eを追い抜いていき、目視で130は出ておりました!
2.2Lのショートストローク72psディーゼル搭載のトヨエースも、こうした商用車用には伸びもあり、ビジネスの良き友として親しまれたことと思います。
[ 2010/09/23 04:16 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
ディーゼルエンジン特有の低回転からじわりじわりと来る加速感は、積荷を崩したくないトラックのパワーユニットとしてはとても合っていると思いました。
でもドライブを楽しむセダンも同様にじわりじわりと加速していくのはいただけませんね。やっぱり乗用車では軽快で小気味よい加速感を楽しみたいものです。
最近の次世代ディーゼルの運転感覚はどうなんでしょうね。なにぶん国産ではエクストレイルとパジェロしかないから試乗の機会がなかなかありません。
[ 2010/09/23 09:43 ] [ 編集 ]
ニトン系は日野自動車のデュトロのOEM、一トン系はダイナに吸収されてトヨペット店に販売するためのトラック名前としてトヨエースと言う名前が残っていてネッツトヨタ店で販売されているレジアスエースバンやライトエースバン&トラックみたいですね。来年あたりに?デュトロ軍団のニトン系はキャブのフルモデルチェンジ、ダイナ軍団の一トン系はビックマイナーチェンジをするみたいです
[ 2010/09/23 13:25 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、“トヨエース”としての個性を持っているのはこの代までですね。次の代からはダイナの姉妹車となってしまいました。
このトヨエース、本文にも書きましたように、私にはとても思い出深いクルマです。なんといってもうちにありましたから。
トヨタのエースであるトヨエース、名前だけでもいいから後世まで残して欲しいものです。
[ 2010/09/23 20:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。