旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

軽自動車が4倍強の増税に!? 

 『環境自動車税、軽自動車は4倍強の増税に』とのニュースが出ていました。

 なんでも総務省が2012年度創設を目指している新しい自動車税制のようで、自動車税と自動車重量税を一本化しようとするものだとのこと。
 別にその税制自体は分かりやすくて良いと思うのですが、問題なのはそれが軽自動車に適用された場合、現行制度の4倍強の増税になるという点。個人的には最近の大型化・高級化され、燃費もそれほどいいわけではない軽自動車がリッターカーと同等の課税をされるということはまったく問題ないと考えていますが、軽ユーザーからしてみれば冗談ではない話ですね。
 
 しかしながらこの話題は、今になって急に出てきた話ではなく、これまで何度も話題になっていることです。軽自動車自体が車体サイズも排気量も大きく変わってきた以上、この先もずっと現在の優遇税制が続くと考えるほうが不自然ですから、近い将来には何らかの変更があるでしょうね。

 とはいえ、現在販売台数上位の常連となっているワゴンRやムーブ等の軽自動車、これらの人気が高いのは軽自動車税が安いという点が大きな理由のひとつですから、その理由がなくなってしまうと中古車市場に流れたところで誰にも見向きもされなくなってしまいますね。

 軽自動車に対しては「自動車税と軽自動車税を分ける理由は乏しいものとの考えを前提に」、「現実にどのような形で対応するかについては、今後更に検討を深めるべき」ということだそうですが、いったいどうなるんでしょうね。

 まあいずれにせよ、“自動車税と軽自動車税を分ける理由は乏しい”のですから、登録車と軽自動車に関して現在存在している別々の似たような社団法人やらなんとか協会やら等の存在理由も乏しいわけですね。
 軽ユーザーだけでなく、いろいろなところから反対意見が出てきそうです。個人的には“軽自動車”の部分が“二輪車”に名称変更されるだけでそれらの組織はそのまま存続すると思いますが・・・。
 2012年度、楽しみですね。

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2010/09/16 16:24 ] その他 | TB(0) | CM(4)
今の軽自動車税は車の内容から見たら安すぎる感があります。軽自動車税の増税に関しては反対の声もありますが今の軽自動車のサイズでは660ccの排気量はもはや動力性能上では限界に近くそろそろ排気量アップが囁かれるなか、増税論議が出ても不思議ではないです。軽自動車が増税になれば昔の軽自動車のようにシンプルな車造りになってデコレーションケーキのような軽自動車は少なくなると思われますが…
[ 2010/09/18 17:19 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
軽自動車の枠組みを一気になくしてしまうのは抵抗も大きいと思いますので、排気量250cc程度、定員2名、高速道路通行不可の地域コミューター的なものを新たな軽自動車とするのもいいかもしれませんね。
というか、個人的にそんな乗り物が欲しいです。
[ 2010/09/19 08:30 ] [ 編集 ]
もし軽自動車税の増税が実現したら
その代わりに軽自動車64馬力規制を撤廃してほしいです

別の話になりますが
来年12月?の現行アルトのマイナーチェンジで
ワークスを復活してほしいです
トランスミッションは
5速MTと7速パドルシフト付CVTにしてほしいです。
[ 2010/09/20 23:55 ] [ 編集 ]
通りすがり改めシークレット様

コメント、ありがとうございます。
軽自動車の枠組みを残したままにするのか、枠組みを変更するのか、もしくは枠組み自体をなくしてしまうのかによっても変わってくるでしょうね。1000cc以下の登録車と捉えるのなら、660ccも64PSも関係ありませんからね。
[ 2010/09/21 07:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。