旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・“1300から2800まで。” 

100720a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100720a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100720a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100720a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100720a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100720a06.jpg
(画像クリックで拡大)

100720a07.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年にトヨタから発行されたトヨペット店の総合カタログです。“1300から2800まで。ヤング・バージョンからハイ・オーナーカーまで。いま、話題の新型車をフルラインアップ。お気に入りの一台が、きっと見つかります。”という表紙キャッチコピーの通り、ソアラ・マーク2・コロナ・コルサと4車種しか紹介されていないにもかかわらず、ラインナップは実に豊富です。同車異名のラインナップが揃っている現在とは大違いですね。
 コロナひとつ取っても、FF4ドアセダン、FF5ドアハッチ、FR4ドアセダン、FR2ドアハードトップ、商用バンと、とても多くのバリエーションがありますね。このカタログには載っていないカローラ、クラウン、セリカ等も同様に多くのボディタイプが揃っていましたから、トヨタのフルラインナップは本当に多かったんですね。

 さて、最近国内自動車メーカーの車種整理のニュースが以前にも増してよく聞かれるようになってきました。なんでもホンダはレジェンド、エリシオン、エアウェイブ、パートナーの生産を終了し、シビックもHV車だけにするとのこと。そして日産のプレジデント・シーマがなくなり、三菱の軽自動車も大幅に整理されるとのこと。スポーツカーがなくなるだけではなく、高級セダンやミニバン、軽自動車といった分野にまで車種整理が及ぶようになってきました。
 合理化して利益を出せる体制に変えていくためとのことですが、そのうちにトヨタはプリウスとSAIの派生車だけ、ホンダはインサイトともうじき出るであろうフィットHVの派生車だけになってしまいそうですね。マツダのアクセラも中身はプリウスになりそうですから、アクセラベースのプレマシーとビアンテも中身がプリウスになりそうです。
 
 車種整理という合理化だけではなく、先日発売された日産の新型マーチはとうとう“輸入車”になってしまいました。売れ筋のコンパクトカーの生産を完全に海外に移管するのはおそらく初めてのことだと思いますが、マーチの結果次第ではヴィッツやフィットも“輸入車”になる可能性がありますね。

 リーマンショックに端を発する大不況はひとまず一段落したかと思っていましたが、なんだかエコカー減税終了後に第二弾が来そうな気がしています。ダッコちゃん人形もフラフープも、ブームの終わりは見事でしたから・・・。

 おっと、このブログの趣旨は自動車業界を応援することですので、こんな悲観的なことを書いてはいけませんね。反省、反省。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/07/20 16:44 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(14)
こんばんは。
昔のようなラインナップは車好きには楽しかったのですが、売れない車とよく売れる車の差が大きくなってしまったので、車種を絞らなくてはいけないんでしょうね。

子どもの頃からワゴンが身近な僕にとっては、ステーションワゴンの激減が残念です。都内に住んでいると、ミニバンが買えない事情があり、ステーションワゴンがサイズ的にもぴったりでした。
ブームはあっという間でしたね。

この頃のトヨタは、イメージキャラクターにテニスのジョンマッケンローさんと長嶋さんを使ってましたね。長嶋さんはコロナのキャラクターにもなってましたね。今は有名人が自動車関連のCMにあまり出てませんね。

僕らは、20年前のラインナップのがよかったと思ってしまうので、そのうち何年後には2010年のがよかったと思ってしまうかもしれませんね。
[ 2010/07/20 20:35 ] [ 編集 ]
CVT様

コメント、ありがとうございます。
私もステーションワゴンが好きなので、現在の状況をとても寂しく思っています。
今のラインナップはかつてないほど少なくなっていますが、おそらく今後はもっと減っていくでしょうね。寂しいですね。
[ 2010/07/21 08:38 ] [ 編集 ]
明らかに車種が増えすぎたため整理されるのはやむを得ないです。80年代から90年代中頃までは純粋に日本の日本人に向けた車作りがなされていました。それが今では海外での販売に力が入り、日本人が欲しがる車が少なくなってきたように思います。その分、世界で通用する高水準の日本車もたくさんありますが、ボディサイズが大きくなり、デザインに関しても悪くはないですが微妙な感じのものが多いような気がします。市場縮小の中難しいでしょうが、今一度日本人のためを考えた車作りを熱望します。
[ 2010/07/21 16:53 ] [ 編集 ]
日本車のラインナップが縮小するのは残念です。トヨタもプリウスαが出たらウィッシュ、アイシスは無くなりそうです。生産のスリム化と販売店の統合を進める事もあってこれから先販売車種が減らされてくるのは目に見えていますね。日本の製造業の将来を見据えたらホンマこれではダメですね。無駄と言われても魅力のある車は消さないで欲しいです
[ 2010/07/21 18:47 ] [ 編集 ]
80年代は、エンジン性能やパワーを競うライバル車が多かった気がします。特にスポーツカーや高級車には顕著に表われていたように思います。
初代ソアラなどは、動画サイトなどで現在見ると懐かしい気分にさせられます。

日本は欧米諸国に比べるとクルマのタイプに流行があるのでしょう。

これからは、現在以上にエコカー(電気自動車など含)なるものが増え続けていくと思われますが、クルマ本来の走りや運転する事の楽しみが見出せる車種が増えていく事を願うばかりです。

それと、マーチもとうとう外車になりましたね。新型は、タイやインド製造だとか。
発売直後は新車効果でさぞ売れることでしょうが、マーチがタイ製だと知る人は如何ほどいるのでしょうね。
タイで造るなら、価格はヴィッツよりも安価で良い気もしますがね…。
[ 2010/07/22 01:58 ] [ 編集 ]
AIC様

コメント、ありがとうございます。
現在は北米市場向け、欧州市場向け、中国などの新興国市場向けに造られたクルマを“ついでに”日本で販売しているような状態ですね。
まあミニバンと軽自動車は純粋に日本向けに造られていると言えない事もないですが・・・。
[ 2010/07/22 10:00 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
成熟した先進国ならではの多品種少量生産が効率的にできる方法があるといいですね。販売台数が減るから販売車種も減らすというのは、“成熟した”社会ではなく、“衰弱した”社会ですから。
[ 2010/07/22 10:08 ] [ 編集 ]
愛車カリーナサーフ様

コメント、ありがとうございます。

>日本は欧米諸国に比べるとクルマのタイプに流行があるのでしょう。

日本のクルマ文化は日本独自のものではなく、欧米諸国を真似ることから始まりましたので、どうしても流行が変わりやすくなってしまうんだと思います。
今後最も大きな市場になる中国やインド等は、欧米諸国だけでなく日本をも真似るところから始まっていますので、日本以上にブームの移り変わりが激しいクルマ文化になりそうですね。
[ 2010/07/22 10:25 ] [ 編集 ]
アホな政策に甘えるだけ甘えて商品力の向上を怠るような今の日本の自動車業界は応援する価値は無いと感じます。6~7年のモデルライフの間に一度きりのフェイスリフトがフロント廻りの小変更程度であとはそのまんま、とか・・・・。

カタログに載ってるクルマは今とは全然別物ですが、ホームのほうは30年近く昔のものには見えないですね。
[ 2010/07/23 23:19 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
商品力の向上を怠っていたわけではないと思いますが、エコカー減税に甘えていたことは確かだと私も思います。
そういえば、プリウスは高速燃費を向上させるためにエンジンの排気量が1.5Lから1.8Lになりました。ホンダのCR-Zも、インサイトよりスポーティに走らせるために排気量が1.3Lから1.5Lになりました。
ところがVWゴルフの排気量はどんどん小さくなっているんですよね。現時点での最小排気量は1.2L。スポーツモデルのGTIも3.2Lから2.0Lになっています。
なんだか日本と逆ですね。今後の流れが楽しみです。
[ 2010/07/24 09:08 ] [ 編集 ]
エンジンの小排気量化は世界的な動きになりつつあるようですね。ところでゴルフのGTIは以前から2.0Lですよ。3.2LだったのはR32というやつですね。
[ 2010/07/25 12:28 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
ゴルフGTIの件、失礼致しました。頭の中では先代ゴルフR32が現行ゴルフRとなり、3.2Lから2.0Lとなったことをイメージしていたのですが、GTIと書いてしまいました。間違いですね。申し訳ありません。
連日の猛暑で頭の中が少々暴走しているようです。誤りをご指摘いただけるととても助かりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2010/07/25 15:01 ] [ 編集 ]
このカタログ見た覚えありますよ、懐かしいです。買えもしないのにソアラとか夢中になって見てました!?
ソアラは買えないけど、FRのコロナクーペならなんとかなるか?いやいやFRじゃコロナの本流から外れる・・・しかしFFじゃオヤジ臭いし、やっぱマークⅡか?などと一冊で色々話が広がったのを思い出しました、ありがとうございます。
[ 2010/08/08 07:33 ] [ 編集 ]
フローラン・カバディ様

コメント、ありがとうございます。
このカタログのコロナFRシリーズに相当するキャラクターのクルマが現在のラインナップに欲しいところですね。かつてのBC戦争、今はいずこへ・・・。
[ 2010/08/08 17:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。