旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車で“ヒール&トゥ” 

100713a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100713a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100713a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100713a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100713a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 トヨタが1970年代に販売していたクルマに添付されていた『トヨタ スポーティーカー ドライビング テクニック 取扱書』です。これは昔5代目コロナ(RT102型)を購入したときに付いていたもので、全ての車種に付いていたのかどうかはちょっと分かりません。当時、知り合いでセリカを購入された方がおり、そのセリカにも付いていましたので、おそらく大半の乗用車に付いていたと思われます。

 全部で50ページほどの小冊子なのですが、これが読んでいるととても面白いんです。

・・・さわらぬ神にたたりなし
・・・次のような車は運転がへたか、常識はずれの運転をする危険な車と見て、できるだけ近寄らないようにすべきです。
・・・車内に必要以上の飾り(花や人形)のある車。そのほとんどが車をよく知らない、へたなドライバーです。
・・・ハンドルにしがみついて運転している車。老人や女性に多いのですが、モタモタしているわりに信号無視等を平気でやります。
   (以上、3枚目画像ページから抜粋)

 こんな感じで安全運転の心得を説明したうえで、スポーティードライビングの解説が始まります。

 ドリフトの方法を図解入りで説明したかと思えば、『この方法は1歩違えればスピンの状態ですから一般公道では絶対に使ってはいけません。』と注意書きしているところなど、思わず“そんなら書かなきゃいいでしょっ!”って突っ込みたくなってきますね。

 さて、本題、最後の画像のページで、“ヒールアンドトウ”の方法がとても詳しく解説されています。エンジン回転数とシフト位置と両足の動かし方が段階ごとに図示されていてとても分かりやすい解説ですね。『直進状態、160km/hのスピードでコロナマーク2・2000GSSがカーブに近づくとする』といういかにも交通法規を完全に無視した前提条件がしびれます。
 私は“ヒールアンドトウ”ができませんので、この解説を読んでもあまりピンときませんが、ステップ6で説明されているように、“安全に走行するためにも大いに有効”だそうですから、興味のある方は“ふだんから練習して身に付けて”おいたほうが良いのかもしれませんね。

 こんな取扱書がクルマの取説と一緒に添付されていた時代があったなんて、今の感覚からすると想像もできませんね。きっとこの取扱書を読んで、時速160キロでカーブに近づき“ヒールアンドトウ”を試みた方や、一般公道でドリフトを試み、一歩違えてスピンした方も多かったことと思います。まあ古き良き時代ってところですかね。

 ところでこの取扱書、2枚目画像ページの“はじめに”の文面の中に、“味”という言葉が出てきます。豊田章男氏が社長になられてからよく聞くようになった言葉ですが、章男社長のクルマの師匠である成瀬弘氏が強調されていた言葉ですね。
 残念なことに成瀬氏は先日ニュルでレクサスLFAのテスト走行中に事故で帰らぬ人となってしまいました。謹んでご冥福をお祈りするとともに、ぜひ成瀬氏が強調されておられた“味”のあるスポーティーカーをどんどん開発してほしいと願っています。
 “スポーツカー冬の時代”の現代ですが、きっと成瀬氏は若者が憧れるような“味”のあるスポーツカーをトヨタから出すことを最も願っておられた方だと思いますから・・・。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/07/13 11:19 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(4)
はじめまして。
バスをはじめとしてトラック等の商用車、緊急車輌が大好きで、懐かしくてとても有意義なブログで、新しい発見もあったりして、いつも楽しく拝見いたしております。

『トヨタ スポーティーカー ドライビング テクニック 取扱書』ですが、私の父が6代目のコロナ2000GT4ドアセダン(RT131)を所有していたのですが、このような小冊子が取扱説明書と一緒に添付されていたのを今でも覚えています。

あの頃は、4ドアセダン仕様の車両でFRスポーティタイプはカローラ、コロナ、カリーナ、カムリ、マークⅡ、チェイサー等と今以上にバラエティ豊かだったという感じがしています。

現在では、環境対策やコスト削減、売れ筋の絞込みの結果もあり、これはこれでしょうがない事ではありますが、このような面白い車両が壊滅状態になってしまったのが、非常につまらなくなったと思うことがあります。
[ 2010/07/17 12:41 ] [ 編集 ]
FUSO MAR470様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、“環境対策やコスト削減、売れ筋の絞込みの結果”、本当につまらなくなってしまいました。エコカー減税終了後、リーマンショックとは別の原因から自動車業界が再度ピンチになってしまうかもしれませんね。
[ 2010/07/17 19:20 ] [ 編集 ]
70年初頭の旧車はキャブレター時代癖があったのでしょうね?ヒールアンドトゥ初めて聞きました 。75年までの旧車は 操作が難しい分安全運転を意識して行う事に全集中を注がないと危なかったと思います。 当時私が生まれた頃の330セドリックやセリカLBコロナ TT100 マークⅡMX10系は2年もするとすごく古く 感じました。クラウンMS80が一世代昔の車に見えました。(52年~53年頃はMS100がタクシーでよく見かけた) 昔の車は寿命が短い分すぐに 潰され捜すのに苦労しますが 当時の旧車が好きで捜しています。今の車は楽すぎてかえって事故が増えてきたのだと思います。
[ 2016/07/03 17:20 ] [ 編集 ]
定食屋 ラーメンマニア様

コメント、ありがとうございます。返答が遅くなり、誠に申し訳ありません。
おっしゃる通り、確かに昔のクルマは2年もすれば古く感じたものでしたが、なぜかそれらのクルマでも現在の道路事情においても特に走行に困ることはありません。意外と数十年という時間が過ぎても、走行性能はあまり変わっていないのかもしれませんね。
先日、テスラの自動運転車で死亡事故が起きたとのニュースを見ました。おそらく今後、このような事故も増えてくると思います。最先端の技術で安全が高められるのであれば大歓迎ですが、この先どうなっていくんでしょうね。個人的には、1トン、2トンといった鉄の塊を操る以上、運転者がそれなりの責任を負わなくてはならないような気がしていますが、今後の法整備はどうなるんですかね。私自身、自動運転車などという乗り物には全く乗りたくないどころか、嫌悪感すら感じています。とはいえ、個人的な思いとは関係なく、現在の技術の方向性はそちらへ向かっているようなので、一個人としては動向を観察するしかありませんね。
[ 2016/07/06 20:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。