旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・日産・シルビア(S15型) 

100628a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100628a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100628a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100628a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100628a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100628a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1999年に日産から発売された7代目シルビア(S15型)です。2002年に他のスポーツカー同様、排ガス規制のために生産終了となってから新型は出ていませんので、現時点では最後のシルビアとなっていますね。シルビア後継車が出るとの噂がたまに自動車雑誌に掲載されることがありますが、信憑性がかなり低い情報ばかりなのでちょっと期待薄ですね。
 S13型で絶大な人気を得たシルビア、その次のS14型はちょっとボテッとした姿になってS13型ほどの人気を得ることができませんでしたが、このS15型で再びシャープでカッコいいシルビアとなり、現在でも一部のクルマ好きや走り屋からはとても人気の高い車種となっています。
 個人的にもとても好きな車なので、見ていてうっとりしてしまいます。最近街で見かけるシルビアはちょっと下品な装飾が施されているものが多くなってしまったことはちょっと残念ではありますが、それでもこのボディラインはとても美しいですね。

 さて、シルビアといえばドリフト車の定番、そしてドリフトといえば、最近愛するマツダの工場内でドリフト走行し、12名もの社員の方々を死傷させるというとんでもない事件が起きてしまいました。マツダの工場内で、マツダのクルマを使って、マツダの元従業員が、マツダの社員を死傷させるという、マツダファンとしては本当に悲しい出来事でした。亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、怪我をされた方々の一日も早いご回復を祈るばかりです。

 後の報道によると、無謀な行為に走った元従業員はとてもクルマ好きな人間とのこと。どういう背景や心理状態でこのような行為に出たのかはわかりませんが、理由がなんであれ、許されることではありません。一生かけて償うべきです。

 それにしても最近この手のとんでもない事件が多いですね。そして事件が起きるたびに格差社会に問題があるとか労働環境に問題があるとか、はたまた社会が悪いだの教育環境が悪いだのと偉い先生方がおっしゃっていますが、いろいろと背景や理由があろうとも、事件を起こした人が悪いに決まっています。犯罪を肯定するような風潮は慎んでもらいたいものですね。

 それから勝ち組、負け組とひとつの価値基準(所得)で自分を区分けし、“自分は負け組だ”と思い込む風潮も大して意味がないことですからやめたほうがいいと思います。

 私事ですが、今年はうちの畑、ナスの出来がいいです。傷がついて出荷できないようなナスを取ってきて、包丁で半分に切って塩を一振り、手でちょっとモミモミしてそのままパックンチョ。自分が日本で一番の“勝ち組”だと思う瞬間です。
 一方、畑の西側の端にヒマワリを一列植えました。大きなヒマワリがズラッと一列開花すればさぞかし道路を通る方々の目を楽しませることだろうと開花した姿を想像していたのですが、近所の方から一言、「ヒマワリって東向いて咲くんだよ」「えっ!向日葵っていうぐらいだからお日様のほう向くんじゃないの~!」
 ・・・今年は道路を通る方々にヒマワリの後姿を楽しんでもらおうと思います。自分が日本で一番の“負け組”だと思った瞬間でした。

 世の中、思い通りにいかないことのほうが多いんですから、仕事がうまくいかない、希望する就職先がない、それは社会が悪いからだ、政治が悪いからだ、企業が悪いからだ、なんて考えるのではなく、もっと楽しいことを見つける努力をしてほしいものですね。

 スーパーの駐車場にS15型シルビアが駐車してありました。珍しく変なマフラーやアルミホイールが付いている車体ではなく、ノーマルの美しさを保っている車体です。カッコいいですね~。なんかいいもの見れて得した気分ですね~。いいもの見れたから明日はいいことがあるかもしれませんね~。
 こんなことばかり考えて過ごしていると毎日がとても幸せです。

シルビア spec-R エアロ(S15型)
全長×全幅×全高 : 4445×1695×1285mm
ホイールベース : 2525mm
車両重量 : 1240kg
エンジン : 直4DOHCターボ 1998cc 250ps



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2010/06/28 12:18 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(14)
この系統のデザインの一つの頂点のような気がします。

これ以降現在に至るまで、どんどん膨らんでいくようなデザインはむしろ退化とも感じます。
[ 2010/06/28 17:04 ] [ 編集 ]
小さな幸せといえば、車好きの私にとって珍しい車を目撃したときですね。先日も信号待ちしているとき、60年代のアルファロメオのセダンが交差点を通過したのですが、星占いで自分の星座が1位だったときのような、なんとも言えない小さな幸せを感じました。
[ 2010/06/28 17:46 ] [ 編集 ]
改めてカタログを見ると「走り屋にはこれや!」と言わんばかりのメッセージが伝わりますね。ソフトなイメージで売り出されたS13なんかとは対照的ですね。

今回の事件は犯人に同情の余地はありませんが、平然と理不尽なエゴカー奨励政策なんかを続けたりしている日本の政治の酷さにも注目する必要があるでしょう。仕切ってるカスどもが憎くて仕方ありません。
[ 2010/06/28 18:53 ] [ 編集 ]
僕はS13の最後のカタログを持ってますが、これはカタログなんですか??
ドリフトが人気になったのは漫画の影響もありますよね。
[ 2010/06/28 21:48 ] [ 編集 ]
個人的には大ヒットしたS13よりもS15のエクステリアデザインが好きです
MR16DDTを搭載したシルビアを復活してほしいです
S13またはS15に似たエクステリアデザインで。
[ 2010/06/28 22:00 ] [ 編集 ]
pulin様

コメント、ありがとうございます。
歩行者衝突安全性の観点から、どうしても膨らんだデザインになってしまうんでしょうね。
[ 2010/06/29 07:31 ] [ 編集 ]
AIC様

コメント、ありがとうございます。
珍しいクルマを目撃したときは私も幸せを感じます。あの暴走男、クルマ好きが高じて次々に新型車を買い替え、その借金が嵩んで自己破産してたそうなのですが、私は安上がりなクルマ好きで良かったです。
[ 2010/06/29 07:40 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
S13は当初デートカーとして出されてブレイクし、その後、中古車市場へ移ってからは峠マシンとして再ブレイクしました。S15が出た頃はRVブームでしたから、峠マシンのイメージのほうを強調したのでしょうね。
[ 2010/06/29 07:50 ] [ 編集 ]
CVT様

コメント、ありがとうございます。
このS15型のカタログは左右に開くページのカタログではなく、上下に開くページのカタログになっていますので、他のカタログとはちょっと形が異なっていますね。全部で16ページあります。
[ 2010/06/29 07:58 ] [ 編集 ]
通りすがり様

コメント、ありがとうございます。
MR16DDTは1.6リッターにも関わらず190PSも出るそうですから、これを搭載した新型シルビアが出れば飛びつく方が多いでしょうね。
[ 2010/06/29 08:07 ] [ 編集 ]
形は違うが若者向きと言うコンセプトでは最近発売になったジュークが現代のスペシャルティカーです。さながらシルビアが肉食系でジュークが草食系てところかな?私もジュークを見にいきましたがデザイン的にはS13シルビアと比べてもいい線をいっていると思います
[ 2010/06/29 20:47 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
スカイラインがセダン・クーペ・クロスオーバーと3タイプあるように、ジュークのクラスで横展開したら面白いかもしれませんね。スカイラインは上級すぎて若者の手に届かないですから。
[ 2010/06/30 11:15 ] [ 編集 ]
ジュークのMR16DDT車と四駆は秋口に発売になります。中国のティアナにはMR16DDT搭載車があるみたいです
[ 2010/06/30 13:55 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
MR16DDTエンジンは相当素晴らしいエンジンらしいですから、個人的には新型フーガや、この夏に出る新型エルグランドあたりのヘビー級車種に搭載モデルを設定してほしいと思っています。国産メーカーはハイブリットやEVに血眼になっていますが、VW等は新技術を追うと同時に、既存技術の熟成にも努めているようです。
テンロクのエルグランドやフーガ、想像するだけでワクワクしてきます。
[ 2010/06/30 21:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。