旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・バネットラルゴ(GC22型) 

100622a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100622a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100622a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100622a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100622a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100622a06.jpg
(画像クリックで拡大)

100622a07.jpg
(画像クリックで拡大)

 1986年に日産から発売された2代目バネットラルゴ(GC22型)です。通産省のグッドデザイン商品に選定されただけあって、当時の典型的なワンボックスデザインにも関わらず精悍なワンボックスワゴンに見えてカッコいいですね。全長4360mmしかないのにこれだけの存在感があるのはデザインが優れていたからでしょうね。
 デザインだけではなく、インテリアもワンクラス上のキャラバンコーチに勝るとも劣らない雰囲気を醸し出しています。バブル期のクルマなのでキャラバン同様、高級スナックの店内のようなフカフカシートを様々にアレンジして、あんなことやこんなことを車内で楽しんだ方もきっと多かったことでしょう。

 さて、このバネットラルゴ、オーテックジャパンのオプションパーツがいくつか装備された“ウミボウズ”なる変な名称のグレードが販売されていました。このカタログにはウミボウズしか載っていませんが、後に“ヤマアラシ”という、これまた変な名称のグレードが追加されました。ウミボウズにプラスしてヤマアラシですから、この場合のヤマアラシは動物のヤマアラシではなく、妖怪の“山あらし”のほうだと思います。ワンクラス下のバネットには同じくオーテックの“KAPPA”がありましたから、この時期のオーテックバージョンは妖怪が多かったですね。

 それにしてもオーテックバージョンの“ウミボウズ・パーツ”の中に、「ウミボウズ・ステッカー」なるものが紹介されていますが、ウミボウズってこういう格好していたんですね。なんだかバーバーパパやオバQのように見えて、あまり自分のクルマには貼りたくないステッカーです。
 まあ妖怪ですから実際には存在しないと思われますが、川口浩探検隊&水曜スペシャル取材班なら実在するウミボウズを発見したかも知れませんね。このカタログは1987年に発行されたもの、川口隊長が癌で亡くなられたのも1987年。もしかしたら亡くなられる前にオーテックジャパンの担当者は川口隊長からウミボウズの真の姿を聞いていたのかもしれません。このステッカーのウミボウズって、いかにも川口浩探検隊が発見しそうな“本当に実在したウミボウズ!”みたいですものね。

バネットラルゴ・スーパーサルーン4WD(GNC22型)
全長×全幅×全高 : 4360×1690×1980mm
ホイールベース : 2350mm
車両重量 : 1600kg
エンジン : 直4OHC 1973cc 88PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/06/22 11:04 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(12)
こんにちは。
それにしてもkurumamaniacs様はミニバンブームの前のワンボックスカーのカタログを沢山お持ちですね。
うらやましいです。

ラルゴはグッドデザイン賞をとってるんですか。
たしかトラッドサニーもとってますよね。
オーテックが日産のオプションパーツを作るようになったのはこのあたりからですよね。最近はあらゆる車種にオーテックバージョンがありますね。

ウミボウズは見たことないですが、カラーリングにしても街中で目立ちそうですね。バブルの中でのお金のかかった車ですよね。
[ 2010/06/22 16:27 ] [ 編集 ]
このプレーンで嫌みのないスタイルのラルゴは好きでした。プレサージュがラルゴの実質的な後継車でしたがプレサージュが絶版になるのなら最初からラルゴを残して欲しかったです。現行セレナはあまりにも旧型ノアに似すぎて車としてはつまらないです
[ 2010/06/22 19:03 ] [ 編集 ]
CVT様

コメント、ありがとうございます。
オーテックジャパンの設立がこのラルゴ登場と同じ1986年ですから、妖怪シリーズはオーテック最初期のものですね。
現在はライダーやアクシスシリーズが様々な車種で展開されているので、社名の由来通り、“大手、食う”になってきましたね。
[ 2010/06/23 05:42 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
この代のラルゴは現行の三菱デリカD:5のような雰囲気を持っていますね。というよりも、このラルゴのキャラクターのまま現在まで残ったのがデリカのみといったほうがいいのかもしれませんね。
[ 2010/06/23 06:12 ] [ 編集 ]
同時期の2代目デリカスターワゴンが好きでした。デザインもスタイリッシュですが、あまりゴテゴテとしたパーツを装着しないほうがシンプルで個人的には好みです。他の1BOXとは一味違う、少々の荒れ地でも踏み入れれる逞しさがカッコイイです。
[ 2010/06/23 12:21 ] [ 編集 ]
777様

コメント、ありがとうございます。
他社のワンボックスがオシャレで豪華な街乗り向けとなっていったにも関わらず、デリカだけはずっと走破性重視で進化してきましたね。エアロバンパー付けたローデストというグレードにはちょっと?ですが・・・。
きっと営業戦略上、ああいうオシャレなモデルも必要なんでしょうね。
[ 2010/06/23 17:16 ] [ 編集 ]
好きですこのラルゴ。カッコイイですよね。今となっては後期型ならわずかな生存が確認できますが、この前期型は現役個体は皆無です。淋しい限りですね。
[ 2010/06/24 23:50 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
前期型だと生産終了から20年以上経ってしまっているので、現存はなかなか難しいですね。廃れてしまったスポーツカーならともかく、この手のクルマは魅力的な新型車が続々と誕生している時代ですからね。
[ 2010/06/25 12:41 ] [ 編集 ]
偶然このサイトを拝見致しました。
ラルゴ・・・良い車でしたねぇ~、パワー以外は・・・。
平成4年式65,000kmディーゼル4WDの中古車を買って8年乗りました。
家族を乗せてたくさんの思い出を作らせていただきました。
いつか再び新車で現れることを願っています。
[ 2012/08/27 12:59 ] [ 編集 ]
唐変朴様

コメント、ありがとうございます。
ラルゴが再び新車で現れること・・・、これはゴーンさんが社長をされている限り、エルグランドかセレナのグレードとして、もしくは他社からのOEM以外ではちょっと期待薄かもしれませんね。
個人的には、当時のラルゴと現在の三菱デリカD:5のイメージがかなり似ているように感じますので、デリカがラルゴとして販売されたらデリカとしての販売台数よりも多くなるかもしれませんね。
でもこのパターンでは、かつてのユーザーにとっては不満が募りますね。
[ 2012/08/27 16:30 ] [ 編集 ]
キャラバンかホーミーには「風来坊」バージョンがあったように記憶していますが、違いましたか。ムーミンに出てくるスナフキンのようなステッカーが貼ってあったと思います。
[ 2012/08/29 13:18 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
キャラバン/ホーミーにごついグリルガードを取り付けたものだったと思います。
オーテックはその社名からして「大手、食う」から付けられたように、ネーミングがちょっと変わっていますね。
ちなみに愛知県民限定のネタかもしれませんが、「風来坊」と聞くと「手羽先」が浮かんでしまいます。
[ 2012/08/29 17:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。