旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・三菱・エクリプススパイダー(E-DA38A型) 

100617a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100617a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100617a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100617a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100617a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1996年に国内販売が開始された三菱の2代目エクリプス・スパイダー(E-D38A型)です。三菱車といっても北米向けに開発され、北米で生産されたものを左ハンドルのまま輸入して国内販売していましたので、国産車離れしたスタイルをしていますね。といっても、同時期のGTOも国産車離れしていましたから、GTOの隣に並べればこちらのほうが大人しいぐらいですね。
 このエクリプス・スパイダー、個人的にはとてもカッコいいと思います。2代目に限らず、この次の3代目、そして現在北米で販売され、日本には導入されていない4代目もとてもカッコいいと思います。米国ではマスタングと並ぶ人気車種らしいですね。
 国内ではどの代もパッとしなかったからか、現行の4代目の日本導入は未だ実現していません。とはいえ、左ハンドルのまま国内販売してパッとしないのは当たり前のような気がしないでもありません。まあ“左ハンドルのクルマだから欲しい”という方もおられることは事実でしょうが、どうして右ハンドル仕様を用意しないんでしょうね。

 さて、現在のようにインターネットが発達した時代になると、誰でも簡単に国内メーカーの海外向けホームページを見ることができます。国内では存在しない車種やグレードを見ていると、思わず個人輸入したくなるほど魅力的な“輸出車”がたくさんありますね。私の場合、スポーツカーやMT車が好きなので、特に口惜しい思いをすることが多いです。
 三菱のエクリプス・スパイダーやトヨタのセリカ後継車であるサイオンtC等、アメリカではとてもお手頃価格で販売されている日本のスポーティーカーがちゃんと現在でもあるんですね。特にサイオンtCは私の住んでいる愛知県の工場で生産され、船で米国まで運び、米国では低価格スポーツカーとしてマニュアルグレードが17,770ドルで販売されています。地産池消が今の流行ですから、名古屋港で船に積まず、輸送費を引いて県内で販売してくれれば愛知県のクルマ好きはずいぶん助かるんですけどね。

 三菱のエクリプスにしても同様で、スパイダーはオープン仕様なのでちょっと高くて30,000ドル近くしますが、クーペのエクリプスは20,000ドル以下から購入可能です。
 今や日本の自動車メーカーは国際的に活躍しているグローバル企業ばかり、せっかく様々な国向けの様々なバリエーションを生産しているのだから、もう少し流通経路を工夫して、ユーザーの選択肢を増やすことができるといいですね。

 “○○自動車○○工場内直売所、○○国向け仕様ですが、100台限定で国内販売致します!”って感じでいろんなクルマが販売されたら面白いですね。メーカーやディーラーの思惑、アフターサービスや法規制の問題等で絶対無理だとは思いますが。


エクリプス・スパイダー(E-D38A型)
全長×全幅×全高 : 4400×1745×1335mm
ホイールベース : 2510mm
車両重量 : 1430mm
エンジン : 直4DOHCターボ 1997cc 220PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2010/06/17 08:10 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(10)
こんばんは。
エクリプスは3代目はほんとに見かけないですね。
まだ、そんなに経ってないですが、記憶に無い人も多いでしょうね。
ヨーロッパの輸入車も右ハンドルで乗れるようになった今日、わざわざ左ハンドルに乗るのが、めんどくさいと思う人も多いでしょうね。
高速道路のETC化で左ハンドルも少し楽になりましたが、駐車場ではまだまだですね。

アメリカで発売されている超大型SUVを国内に個人輸入している人が多いようですが、アフターメンテナンスを考慮すると、個人輸入した車に乗るのはとても勇気がいることですね。
[ 2010/06/17 23:10 ] [ 編集 ]
CVT様

コメント、ありがとうございます。
バイクは全国展開の大手販売店が逆輸入を手がけているので比較的安心して逆輸入車に乗ることができます。クルマの逆輸入をしている会社も小規模ながら存在していますので、それらの会社がサービス網を整えれば安心して逆輸入車に乗ることができるようになるかもしれませんね。
でもハンドル位置だけはメーカーが動かなければどうにもなりません。バイクのように逆輸入が一般的にならないのはその問題があるからなのかもしれませんね。
[ 2010/06/18 07:14 ] [ 編集 ]
 我がブログを暫くサボって居り、久しぶりに見せて頂いたらとんでもない事になってますね!
カタログは偶々同じ物を持っていた・・・とも思えませんが、文章はそっくりコピーですね。

 こんなものを放って置いてはいけません。
気が重く面倒な事ですが、運営会社に通報すべきだと思いますが・・・
[ 2010/06/18 22:27 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/06/18 23:03 ] [ 編集 ]
藤重行様

コメント、ありがとうございます。
自主的にやめていただけることを願っているのですが、どうなることやら。
それはさておき、センチュリー以降とまっていたみたいなので、お体をどうかされたかと心配しておりましたが、コメントをいただけて安心しました。
[ 2010/06/19 08:47 ] [ 編集 ]
以前・・・様

温かいコメントをいただき、ありがとうございます。
めげずにこれからも細々と続けていこうと思っておりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

[ 2010/06/19 08:58 ] [ 編集 ]
こんにちは。実は私も自分が持っているカタログを紹介するブログを立ち上げました。ここのブログを含めて他のブログは参考にしていますがパクリはしていません。これからボチボチと書いていきますが何せ気まぐれ更新なのでそのブログもいつまで続くやら…(笑)
[ 2010/06/19 10:42 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
私が始めた時期よりもずっと前からブログを書いておられたんですね。恐れ入りました。
いろいろなカタログが紹介されることを楽しみにしております。リンクに貴ブログを追加させていただきましたので、ご迷惑でしたらご連絡願います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
[ 2010/06/19 16:32 ] [ 編集 ]
私も古いカタログをたくさん持っていましたが結婚した時に嫁さんに処分されて今は希少なものしかありません(泣)一番の宝はやはり現行センチュリーの初期のケース付きカタログで現在販売されている車のカタログにはケースがなく希少なもので多分入手困難なものの1つです。実は旧車カタログが手に入るお店を見つけたので手に入ったらまたアップしますね~
[ 2010/06/19 17:22 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
カタログよりも家族のほうが大切ですからこればかりは仕方がありませんね。
[ 2010/06/20 09:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。