旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・三菱ミラージュ 

090129a01.jpg

090129a02.jpg

090129a03.jpg

090129a04.jpg

090129a05.jpg

 1978年に発売された三菱初のFF車、ミラージュです。直線基調のデザインもカッコよくて素敵ですが、この車の魅力はなんと言ってもトランスミッションです。「スーパーシフト」と呼ばれる副変速機付きの4速MTが搭載されていました。四駆のRVや軽トラではおなじみの副変速機ですが、通常4Hと4Lは停車して切り替えなくてはなりません。しかしこのFF車、ミラージュの副変速機は通常走行時でも4MTの操作と同様、クラッチを踏んでチェンジレバーを操作するだけで切り替えられます。
 つまりこのミラージュは前進8速、後進2速のマニュアル車なのです。マウンテンバイクやロードレーサーなど、スポーツ用自転車の変速と同じような感覚ですね。さすがハイテク車が得意な三菱です。
 さてミラージュは1.6リッターのスポーツモデルも後々までラインナップに加えられ、コンパクト・ホットハッチの一台として走り好きな人間から支持されていました。ジムカーナ大会では必ずといっていいほど出場していた車ですね。そんなミラージュも2002年にはミラージュシリーズの突然変異であるディンゴが生産終了となり、三菱のラインナップから消えてしまいました。
 カタログ写真でミラージュと超音速旅客機コンコルドのツーショットがありますが、このコンコルドもミラージュ生産終了の後を追って2003年に営業運行を終了しました。時代の流れを感じますね。(注:コンコルドの営業運行終了とミラージュの生産終了はもちろん何の関係もありません。)

ミラージュ2ドアハッチバック:1400GL
全長×全幅×全高 : 3790×1585×1350mm
ホイールベース : 2300mm
車両重量 : 775kg
エンジン 直4OHC 1410cc 82PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

人気ブログランキングへ

[ 2009/01/29 15:23 ] 1970年代三菱 | TB(0) | CM(8)
パルサー購入時、アスティも考えました。
その頃、マツダはファミリアNEOでした。
中古のアスティナも候補だったのですが。
当時購入対象ではありませんでしたが、FTOにちょっぴり憧れました。自分には無理ムリ、いつかそのようなクルマに乗れることがあるのかと、考えた記憶が。15年ほど前の話。
そんな奴が現在はエイト乗り。隔世の感ですね。
[ 2009/02/07 19:16 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
実は私、以前アスティに乗っていました。SMAPの中居くんがCMされていた型です。FTOもカッコよかったですね。私も憧れていました。
[ 2009/02/07 21:52 ] [ 編集 ]
kurumamaniacsさんにゃんじと言います
ブログ大変懐かしい思いで拝見させてもらってます
実はこのミラージュ乗ってました!新車で購入しまさに1600GTのスーパーシフトでした
良く走りましたよぉ~この車は、この前には親からのお下がりのランサーでした

いやぁ~ほんと懐かしいぃ~~~
ミラージュってフランス語でフランス繋がりでコンコルドとカタログに載ってるって当時の営業さんから聞いた覚えまで蘇りました

これからの更新楽しみです
[ 2009/03/11 19:38 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
初代ミラージュに乗られていましたか。私は一時期最終型のミラージュアスティに乗っていました。初代同様よく走りましたよ。スーパーシフトでなく普通の5MTしかなかったのはちょっと残念・・。
[ 2009/03/12 09:04 ] [ 編集 ]
初代ミラージュ、名前もフランス語ならスタイルや内外装もフランス車ルノー5の影響を受けていると思います。実際の走行性においてはステアリングの正確度やサスペンションの挙動などいくつか問題を残していたものの、その垢抜けたスタイルは当時の国産車中白眉だと感じました。
それでいて当時の三菱はアメリカのクライスラー社と資本提携関係にあり、ラムダやセレステなど2ドアのパーソナルカー分野ではもろアメ車(シボレー?ダッジ?ポンテアック?てな風情)のムードでしたし、せっかくヨーロッパ車(こちらはアウディ80/100、オペルアスコナの影響大)風の垢抜けたスタイルで登場したギャランシグマも1979年のマイナーチェンジで内装にどぎついルーズクッションを採用、ランプも角形になり一気にビュイック・キャデラックの世界に転向してしまい子供心(当時小生=小3)にも「三菱って一貫したポリシーがないんだな」と感じた物です。
[ 2009/08/04 13:02 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
三菱車もいろいろな方向へ向かいましたが、リコール隠し問題後はとてもいいクルマを出すようになりましたね。個人的にはギャラン・フォルティス・スポーツバックがとても気に入っています。
他社が長年親しまれた車名をどんどん消滅させていく中、三菱だけは過去の車名をちょくちょく復活させています。新生三菱から「新世代ミラージュ」が発売されることももしかしたらあるかもしれませんね。
[ 2009/08/04 18:15 ] [ 編集 ]
懐かしいですね。私は1400のGLSに乗っていました。ライトカバー、リアガーニッシュを付けていました、ダイアトーンのオーディオが懐かしい!
[ 2016/08/24 11:08 ] [ 編集 ]
先祖は坊主様

コメント、ありがとうございます。
初代のミラージュに乗っておられたんですね。私は一時期最終型のミラージュアスティに乗っていました。当然ながら私が乗っていたミラージュにも三菱電機のカーオーディオが付いていました。最近何かと元気のない三菱自動車ですが、何とか頑張ってほしいものですね。
[ 2016/08/25 19:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。