旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・クラウン(S130型) 

100608a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100608a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100608a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100608a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100608a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100608a06.jpg
(画像クリックで拡大)

100608a07.jpg
(画像クリックで拡大)

 1987年にトヨタから発売された8代目クラウン(S130型)です。ハードトップの一部グレードに3ナンバー専用ボディが採用されたモデルもありますが、基本的には5ナンバー枠で設計された最後のクラウンです。
 折からのバブル景気と、モデル途中の平成元年に税制変更があったこともあり、この代のクラウンは何でもありのクラウンでした。このカタログは前期型のものなのでまだ大人しいラインナップですが、後期型にはクラウンエイト以来の4リッターV8搭載車が生まれ、2リッターのワイドボディ車も生まれ、後の主流となる2.5リッター車が生まれたのもこの代です。
 新しい規格のクラウンがどんどん誕生する一方、従来からの流れであるバンやMT車が設定されていたのもこの代ならでは。以降のクラウンは、この代のハードトップモデルだけが独立してフルモデルチェンジしていく形になりましたね。

 さて、“いつかはクラウンに”というキャッチフレーズでいつの時代も国産オーナーカーの頂点に立っていたトヨタ・クラウンでしたが、この代の途中で日産からシーマが発売されたことにより、そのピラミッドが崩れることとなりました。日産シーマに対抗するため、トヨタはクラウンよりも上級のセルシオを発進させます。そしてこの代の4リッターモデルの後継としてマジェスタも発進させます。
 バブル経済が崩壊し、就職氷河期が来ようとも高級車バブルがはじけることはありませんでした。クラウンもより高級に、マジェスタもより高級に、そしてセルシオは現在レクサスLSとなり、とどまることを知らぬがごとく高級化・大型化を続けています。

 リーマンショック以降、世界中の自動車メーカーが危機に陥り、各社それぞれに知恵を絞って次世代の自動車を模索していますね。バブル期に“シーマ現象”とまで呼ばれ、高級車ブームの先鞭となった日産シーマは消滅することになりました。プレジデントも一緒に消滅するようですので、かつてのセド/グロであるフーガが日産の最高級車となりましたね。
 シーマに対抗するためにオーバー・クラウンクラスに参入したトヨタは一体どうするのでしょうか。レクサスを含めたトヨタの高級車戦略の今後、楽しみですね。


クラウン・4ドアハードトップ・ロイヤルサルーンG(MS137型)
全長×全幅×全高 : 4860×1745×1400mm
ホイールベース : 2730mm
車両重量 : 1670mm
エンジン : 直6DOHC 2954cc 190PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2010/06/08 11:17 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(10)
この車は、この時期のトヨタ特有の趣味の悪さを感じさせるデザインで
今見てもあまり好きになれません

でも、当時はメインターゲットの「オッサン」以外にも「若い人」もこのんで
こんな車に乗っていたようでした
[ 2010/06/08 12:26 ] [ 編集 ]
クラウンの中で最もクラウンらしいフォルムをしていると思います。
バブルの渦中の車なので、随所に豪華さが感じられます。お金のかけ方が今とは違いますね。
この次の140系は冒険しすぎたデザインになってしまい、販売台数がふるわなかったようですね。

最近はどのメーカーもセダンタイプの乗用車の売れ行きが伸びないようですね。一昔前は、セダンが主流でしたが最近は誰もがミニバンに乗ってますよね。
[ 2010/06/08 16:13 ] [ 編集 ]
pulin様

コメント、ありがとうございます。
当時は新入社員のボーナスも異常に多かったですから、“いつかはクラウンに”ではなく“いきなりクラウンに”という若い人もたくさんおられたでしょうね。
私が勤めていた会社でも、就職して初めて買った車が新車のグロリアという新入社員の子がいました。
[ 2010/06/09 07:29 ] [ 編集 ]
CVT様

コメント、ありがとうございます。
国産の上級セダンがどんどん高級化し、ベンツやBMWと価格がそれほど変わらなくなってしまいましたので、かつてクラウンやセド/グロなどの上級セダンに乗っていた層が輸入車に流れてしまっているのかもしれませんね。
ミニバン全盛とはいえ、ベンツやBMWのセダンはよく見かけますからね。
[ 2010/06/09 08:07 ] [ 編集 ]
当時のトヨタの全てを備えている車ですよね~乗りたいかって聞かれると疑問符ですが、あっても良いんじゃないかって思わせるだけの徹底ぶりは感心します。
この絢爛豪華な感じは今はアルファードに受け継がれているような気がします。
実際、当時クラウンやセド・グロに乗ってた元ヤンが今はアルファードやエルグランドに乗っているようです。
[ 2010/06/09 18:26 ] [ 編集 ]
結構見かけます。
とくに、3シリーズなどはゴルフに次いで、2番目に売れている車のようです。
レクサスの価格設定などは、輸入車と値段を同じくして利益をたくさん取ろうとしたようになっているので、値引きもほとんどしないようですし、輸入車購入を逆に促しているような気がします・・・
[ 2010/06/09 19:49 ] [ 編集 ]
フローラン・カバディ様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、現在の上級ミニバンもこれ見よがしな豪華絢爛さに溢れていますね。300万、400万も出してあの手の豪華さを味わいたいとは思いませんが。
[ 2010/06/10 06:53 ] [ 編集 ]
CVT様

コメント、ありがとうございます。
現在のようにユーロ安が急激に進んでいるような状態だと、国産セダンはさらにピンチになってしまいますね。レクサスとBMW、BMWのほうが大幅に安いとなれば、レクサスを選ぶ方がいなくなってしまうかもしれませんね。
[ 2010/06/10 07:11 ] [ 編集 ]
小生、以前は1992年式のメルセデスベンツ260E(W124)に乗っておりましたが、ワイパーモーターが故障しエアコンも室内循環モードが作動不能となり、合計して100万円近い修理費を取られるようになってしまい、2008年10月にレクサスIS350(GSE21型)を購入し、目下9500kmを走っております。
そもそも当方としてはW204型現行メルセデスベンツCクラスが2007年に登場した際にC350の導入に期待したものの実際にはC300(3000cc)が上限で、どこかパンチ不足で「もうメルセデスはたくさん」と思い3500cc搭載の貴重なDセグメント車としてレクサスISを購入したといういきさつがあります。この「VWパサート3.2の価格で買えるメルセデスS550L並みの加速性能」たるレクサスIS350の場合、足回りなど同車発売当初と比べて大幅に改良され、サスの減衰力などタイムラグがほとんどなくステアリングの重厚感など製品としては成熟期に入っていることを伺わせるもののメルセデスと比べるとまだまだ安普請な印象も否めず、価格なりに手抜きをしている感もなきにしもあらずです。
ユーロ安の折も折、一ユーロ=110円を生かして現地価格48000ユーロ相当のメルセデスC350CGI(直噴3500cc搭載)がわが国にも550-580万円程度で導入されれば小生もレクサスISを下取りに出して一台入手したいとの衝動を感じますが、現実には輸入車業界の場合「いったん値下げをすると為替の関係で値上げする場合に利益が落ちるリスクが莫大」という論理の下なかなか値下げに踏み切れないそうです。そんな、わが国特有の商習慣はもう数十年間続いておりますが、その背後にはトヨタの政治力も決して看過できないぐらい絡んでおり、ほぼ永遠に変わらないのではと思わされます。
よしんば民主党政権の下、輸入車業界の手続き簡略化に代表される規制緩和があったとして、その頃には小生自身も現有車レクサスISでハイパワー路線は堪能しつくしてしまい、軽の電気自動車(三菱i-MIEVか)に鞍替えしてしまっている可能性も大です。
クラウンを見ていると55年体制の消長とそれに続く自民党→民主党と続く波乱万丈の試行錯誤の足取りが見えるようで、車だけでなくわが国社会全般について考えさせられてしまう次第です。
[ 2010/06/11 14:31 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、ハイパワー路線ってある程度まで経験すると“もっと、もっと”って気がなくなってくるんですよね。現在のように、中古のセルシオやシーマからクルマ人生を始めた若者が存在するような時代では、300PS、400PSのクルマを出したところでそれほどインパクトはありません。
それに世界最高水準のエコカーであるプリウスが街に溢れている現状では、“エコカー”に憧れるという気持ちにもなれません。
数値で表すことができない“味”や“魅力”を研究しなくてはならなくなりましたので、メーカーにとっては厳しい時代になりましたね。
[ 2010/06/11 21:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。