旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・スズキ・エブリィ(DA71V/DB71V型) 

100527a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100527a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100527a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100527a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100527a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1985年にスズキから発売された2代目エブリィ(DA71V/DB71V型)です。現在の軽自動車と比べると、全長で20センチ、全幅で8センチ小さな規格のクルマですから、なんとなく雰囲気が異なりますね。この時期の軽はタイヤも現在ではほとんど見られない10インチが主流でした。10インチタイヤといえば、50ccスクーターのホンダ・ディオやトゥディと同じサイズですね。
 1990年に排気量が660ccに変更され、全長が10センチ拡大されました。そして1998年にはさらに全長が10センチ拡大され、全幅も8センチ拡大されました。つまりこのサイズの軽は今から20年前に生産が終了されているんですね。
 にもかかわらず、最近よくこの規格の軽を目にします。皆様のご近所にも出現していると思うのですが、あの不用品を無料で回収するという廃品回収業者のクルマです。あの方々が乗られている軽トラックって、なぜかとても古いものばかりなんです。いろいろなトラブルをよく耳にしますが、なにか関係があるんでしょうかね。
 さて、話がちょっとずれてしまいましたが、このクルマも軽規格が改正されるたびにフルモデルチェンジされ、現行型はずいぶん立派なワンボックスカーとなりました。スズキのサイトで現行エブリィワゴンの価格を見てびっくり、169万円もするグレードがあるんですね。私のアクセラよりも高価です。時代も変わったものですね。
 先代プリウスがプリウスEXとなって現在は189万円、ホンダ渾身のハイブリットカー・インサイトが189万円、マツダのi-stop搭載アクセラが189万円、そしてエブリィワゴンが169万円。なんだか物の価値がわからなくなってきますね。素人感覚ではこれらの三台とエブリィワゴン、どう考えても20万円以上の違いがあるように感じます。
 まあ軽自動車のメリットは今となっては自動車税を始めとする維持費が安いという点のみ。軽自動車優遇税制見直しの声もチラホラ聞かれるようになりましたから、この先はどうなるんでしょうね。
 もっとも素人が考えているよりもメーカーはずっと深く考えていますから、スズキ等は軽自動車中心から普通小型車への移行を真剣に進めているようですね。

 話は変わりますが、今日、スズキのサイトを見たら、ジムニー40周年ということで、歴代ジムニーのカタログをPDF形式でダウンロードできるスペシャルサイトが用意されていました。
 全部で14冊、持っていないのもたくさんありましたからちょっと嬉しかったです。他のメーカーもこういうことしてくれるといいですね。

エブリィ・ハイルーフPL(DA71V型)
全長×全幅×全高 : 3195×1395×1860mm
ホイールベース : 1840mm
車両重量 : 720kg
エンジン : 直3OHC 543cc 30PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/05/27 18:39 ] 1980年代スズキ | TB(0) | CM(8)
こんばんは。
今の軽自動車は、リッチな仕様が結構売れているようで、100万円以上の価格設定でも平気なようです。
昔は車庫証明も必要なくて維持費が安かった軽ですが、今も1000ccのパッソを買うなら軽で十分という人が多いんではないでしょうか。

この頃の軽って10インチタイヤなんですね。
タイヤの幅ってどれくらいなんでしょう?

スズキ以外にもトヨタが10年前後のカタログを閲覧できるサイトがありますし、日産も今は無いですが少し前に日産ミュージアムというサイトがありました。
ホンダやマツダは資料のようなサイトがあります。
私は自動車のイラストを描くのが趣味なので古いカタログが見れると重宝します。
[ 2010/05/27 20:33 ] [ 編集 ]
CVT様

コメント、ありがとうございます。
100万どころか150万円以上もざらにあるのにはびっくりしました。本当に高いですね。

10インチタイヤの幅は5.00インチなので、12.7cmです。

クルマのイラストとは素敵なご趣味ですね。私には絵心がないので羨ましいです。
[ 2010/05/28 08:25 ] [ 編集 ]
こんばんは。

軽自動車より装備面では劣る、マーチ、ヴィッツ、フィット、コルト、デミオなどのが安い場合が多いですからね。
やっぱり軽だと衝突時に怖いなぁと感じますね。

調べてみたところ、10インチの軽自動車のタイヤってブリヂストンにも商用車用でしかなく、他メーカーでは売ってないようなので、手に入れるのも大変そうですね。
ちなみに都内では廃品回収の車は、550cc期のものは走ってなくて型落ちの660ccばかりです。550ccの軽が見られるなんてうらやましいですね。
廃品回収の業者が回収したゴミを敷地に捨てられた嫌な思い出があります。
[ 2010/05/28 22:24 ] [ 編集 ]
CVT様

コメント、ありがとうございます。
1.3リッタークラスのコンパクトカーって、各社もっとも力を入れて開発している分野ですから、素晴らしい車ばかりです。軽自動車もとても立派になってきましたが、なにぶん排気量がこれらの半分しかありませんから、立派になればなるほどエンジンに無理がかかり、燃費も悪くなってしまいます。走る距離にもよりますが、自動車税の差額分以上にガソリン代を多く払っている方も多いと思いますよ。
実際友人が乗っている現行型のターボ付きエブリィワゴンはリッター10キロちょっとしか走らないようですから。
[ 2010/05/29 08:34 ] [ 編集 ]
車庫等の関係で軽でないと具合が悪いという人もいますからね。とはいえ、4人以下の定員で事足りるなら、実用面だけなら登録車を選ぶ必要性はほぼ感じないですね。
[ 2010/05/29 19:58 ] [ 編集 ]
T.I様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、「登録車を選ぶ必要性はほぼ感じない」ところまで現在の軽自動車は進歩してきましたので、軽自動車優遇税制見直しの声が聞かれるようになってきたんでしょうね。
マツダが自社生産から撤退し、スバルも撤退表明しました。ホンダ・三菱がいつまで生産するのかわかりませんが、現在はスズキとダイハツの2強状態になっていますね。
そしてそのスズキも軽ナンバーワンにこだわらず、登録車を強化すると表明しています。意外と軽自動車の優遇税制をなくして欲しいと思っているのは軽を生産しているメーカー自身だったりして・・・。
[ 2010/05/30 09:32 ] [ 編集 ]
確かマツダへOEM供給が始まりましたね マツダオリジナルのポーターキャブは最終型では三菱のエンジンを積んでいましたね 何を隠そうマツダの地元で一番売れているマツダ車はスクラムらしいです
[ 2010/05/31 11:22 ] [ 編集 ]
ESTIMA X様

コメント、ありがとうございます。
まさにその三菱エンジンのポーターキャブ、私が昔乗っていた軽トラです。確かスピードメーターは80キロまでしかなかったと記憶しています。あまりスピードがでないからなのか、ブレーキもあまり利きませんでしたので、嫌でも安全運転が身に付く素晴らしい軽トラでした。
[ 2010/05/31 16:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。