旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・キャブスター(F20型) 

100525a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100525a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100525a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100525a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100525a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100525a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1976年に日産から発売された小型トラック、2代目キャブスター(F20型)です。このカタログは1978年に1トン積みスーパーローが追加されたときのもの。マツダのボンゴがこのクラスで小径ダブルタイヤの“まったいら”を設定してから、各社ぞくぞくと同様の“まったいら”を設定していきました。このキャブスターのカタログ、平仮名で“まったいら”と書いてあるあたり、完全にボンゴをパクっていますね。
 まあパクったかどうかは別として、“低くて、広くて、まったいら”な荷台は確かに便利です。荷台にタイヤハウスの出っ張りがあると、パレットごと荷物をフォークリフトで積み込む時などにとても不便を感じます。より便利な機能は各社こぞって採用するのも当たり前ですね。
 さてこの日産キャブスター、現在海外向けは『キャブスター』と呼ばれているようですが、国内では『アトラス』という車名で販売されています。いすゞ・エルフの小型クラスにもエルフ100という車名でOEM供給されているみたいですね。

 小型トラック分野における各社のOEM関係は複雑すぎてさっぱりわかりません。このような状況になったのはやっぱり販売台数が低下したからでしょうね。
 このクラスのトラックを含めた貨物車の販売台数は10年前と比較して3分の1にまで減少しています。ここ最近で急激に減ってしまいました。なぜでしょう?
 「はたらくクルマが減っている、つまりはたらく人が減っている」、ちょっと乱暴ですが、個人的にはそう考えています。不況による就職難が社会問題化していますが、就職難って本当に不況だけが原因なのでしょうかね。

 うちは田舎の農家ですが、百姓をしているご近所さんは高齢の方が多く、体力的な問題もあり、毎年耕作面積を減らしておられるようです。私自身も自分で面倒を見られる範囲は限られているので、何も作らずに草の管理をしているだけの畑がずいぶんあります。少なくとも“農”で働く方が減っているのは事実のようですね。
 さらに“工”について考えると、繊維関係だけでなく、自動車等の機械やパソコン等の情報機器に至るまで、効率化のために海外で造るケースが多くなっています。“工”で働く方も減っているようですね。
 “士農工商”じゃないですが、大学進学率が50%を超えているような現在、みんながみんな“士”と“商”にこだわり過ぎていることが問題のような気がしないでもありません。
 本屋さんへ行くと平積みにされているベストセラーは決まって「経営の効率化」、「できるビジネスパーソンになるためには」といった類の書籍です。考え方は人それぞれですが、“農”も“工”もなくなった国で何を「効率化」して何の「商い」をするんでしょうね。お侍さんと商人だけじゃ社会は成り立たないですから。

キャブスター・1トン積み標準・スーパーロー(F20型)
全長×全幅×全高 : 4340×1690×1895mm
ホイールベース : 2310mm
車両重量 : 1190kg
最大積載量 : 1000kg
エンジン : 直4OHV 1483cc 77PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/05/25 12:28 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(4)
このクルマ、またまた私の幼少時バキュームカーだったり、国鉄保線区の作業車だったような。未確認ですがトミカにあったような顔をしています。
なんと、貨物駅でワム君たちと一緒に写っているではありませんか。スバラスィ~!
やはり、働くクルマ。美しいですね。
そんな時代が一番よかったのかも。戻れるものなら…
[ 2010/05/25 21:05 ] [ 編集 ]
ろーた様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、働くクルマって美しいですね。子供の頃、よくトラックやダンプの絵を描いていました。今も変わった特装車等を見るとついつい携帯のカメラで写真を撮ってしまいます。社会が変わっても人間って変わらないものですね。
[ 2010/05/26 09:04 ] [ 編集 ]
丸っこいキャブで、小生が小学生だった1970年代末から80年代初頭に周囲を腐るほど走っていた日産キャブスターですね。
フロントサスがダブルウィッシュボーンの独立懸架なのが先進的で良い!当時そう感じたほどです。
直線基調のトヨエースとは好対照をなす垢抜けた柔和な機能美を感じさせてくれるのが良い。
さて、小生、小学三年生だった1978年に家族で千葉は館山に夏の休暇にアウディ80で向かう途中、これと同型のキャブスター(スーパーロー及び高床平ボディの混成)が合計6-7台、日野製のマンモストレーラ(何故かニッサンUDではなかった)に積まれて陸送されていく場面を目撃し、迫力のキャブスター艦隊を見る思いで視覚的にもダイナミックでした!
[ 2010/05/28 21:46 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
車両がたくさん積まれた大型のキャリアカーが走る姿は迫力満点ですね。街中で遭遇すると、普段見ることができない、クルマの下側を見られるからちょっと得した気分になります。
[ 2010/05/29 08:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。